2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イラン VS イスラエル-2 | トップページ | 世界の行く末を占う4月第一週の注目すべきイベント »

2009年3月20日 (金)

イラン VS イスラエル-3

私にしては珍しく?今月は更新頻度が短いです。どうも中東が騒がしいです。これには当然ですが、アメリカが絡んでいます。

米大統領、イランに関係改善呼びかけ異例のビデオメッセージ

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090320AT2M2000S20032009.html

【ワシントン=弟子丸幸子】オバマ米大統領は20日、イランに向けたビデオメッセージをネット上で公開し、同国の指導者と国民に対して関係改善を訴えた。大統領は「私の政権は今、外交に全力を傾けようとしている」と強調。「米国、イラン、そして国際社会の間の建設的な関係を追求していく」と語り、対話を呼び掛けた。

 20日はイラン歴の新年にあたる日で、メッセージは祝意を伝える目的で公開した。ペルシャ語の字幕をつけた映像も用意しているという。米大統領が特定の国に対して映像メッセージを出すのは異例で、オバマ大統領がイランに対話を直接呼び掛けたのも初めて。

 大統領は「ほぼ30年にわたり我々は緊張関係にあった。しかし我々は同じ人間である」と述べ、1979年のテヘランの米大使館人質事件を機に断交した米イラン関係を修復すべき時にあるとの考えを示した。同時に「誠実で、互いの尊敬に基づいたかかわり合いを追求する」と語った。 (18:34)

20090320at2m2000s200320091f

---------------------------------

* 私がひねくれているのかもしれないが、これってイスラエルを追い詰めることになりはしまいか?火に油を注いでどうすんのよ?というのが、私の直感でした。

最悪、アメリカ国内でも、モサドの工作員たちが活発に動き出すかもしれない。去年から危惧されていた、全米の主要都市で小型核テロが起きるかもしれない。

今度のイスラエルの連立与党には極右政党=「我が家のイスラエル」の党首=リーバーマンという狂犬シオニストが外相になるかもしれないのだ。

おまけにイスラエルでは、アメリカの金融危機以来、イスラエルロビーから資金が入ってこないらしく、詐欺事件でつかまったナスダックの創設者=マドフからもファンドマネーが入らないらしいのだ・・・

こうして考えてみると、オバマの「イスラエル=ロビーストの弾圧」や「イスラエルとの断交」発言もその狙いが見えてくるかもしれない。これまた私の独断と偏見における推測に過ぎないが。

あのオバマという男、涙流して演説したりして、なかなかのアカデミー主演男優賞クラスの役者かもしれない。なかなかの食わせ者だ。油断していると騙される。

AIGのボーナス問題だって、おそらく知っていたんだろう。怒っているって?あれも演技だったのか?ガイトナー財務長官は知っていたことをゲロしたようです・・・週明け財務長官のポストにいなかったりして(^_^;)

オバマの役割はアメリカのゴルバチョフを演じ、アメリカという国家を解体し、イスラエルとイランを戦争に導く下手人なのかもしれない。

これでイランとイスラエルの現実的な戦争の可能性ばかりでなく、アメリカも危なくなってきたことは間違いない・・・

« イラン VS イスラエル-2 | トップページ | 世界の行く末を占う4月第一週の注目すべきイベント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

のびたです。

enjeruさんの受けた情報は正しいと思います。

すでにカトリック系の幻視者が、昨年の11月に 「Time of mercy is over] として情報を受けています。

もうすぐ大きな動きが始まりそうです。私は情報待ちです。

勝利する終末の教会  マイク・ビクル  2009年2月27日
http://ministries.exblog.jp/8007142/
>先週末に私は 、非常に長くて鮮明な預言的な夢を見ました。それは、来ようとしている終末の艱難の中で起こること、勝利する教会に関してであり、聖書に明瞭に書かれている内容でした。私は非常にリアルな深い危機感をもって夢から覚め、これを皆さんにぜひお分ちせねばならないと感じました。

わたび~さんやはり賛美歌は良いですね、教会の礼拝はには欠かせません。


nnobitaさん、お元気ですか?
しばらくブログが更新してなかったのでどうしているかと思ってましたが、お変わりないようで何よりです。
そろそろ何か起こるというのが共通の認識のようですね。
「Time of mercy is over] ですか・・・どうもせっかちな私は、ジッとしていることが出来ず・・・困ったものです。

バルナバさん、情報ありがとうございます。
一通り読んできました。
私も今の状態では、ちょっと心もとないと言うか、頼りないというか・・・
イザとなったら、力と勇気が与えられるんでしょうか?・・・そうじゃないと、とてもじゃありませんが、この先やっていけそうにありませんね。

のびたです。

enjeruさん ・・・「めぐみの時は終わろうとしている」
カトリック系(米国だと思われる)幻視者 ・・・「Time of mercy is over」
反キリスト(ロードマイトレーヤ)側の今年の公演題目・・・「ついに、その時は来た」
ローマの人ペテロ側 ・・・「時の時が到来した」

まあ、これだけそろえばいよいよでしょう。


ザアカイさん、このコメント欄を私事でちょっとお借りします。
私の個人情報がもれてしまいましたので、あと一度最後のご挨拶を私のブログに書いてブログを閉じることにしました。この「子羊通信」を通じて私のブログにアクセスしてくださった方々には感謝です。しばらくは、この「子羊通信」のコメント欄にて情報発信したいと思いますのでよろしくお願いします。

時を見てどこかで復活する予定ですので、その時には、また見てください。

nnobitaさんとのお付き合いも長くなりましたね・・・

そのような事情があったのですか。そのようなことからも、敵陣営の攻撃は激しくなりつつあり、時は迫っているような気がいたします。

>時を見てどこかで復活する予定ですので、その時には、また見てください。

→どうぞ、その時までご自由にお使いください。カトリックサイドの情報源として、本当に感謝しております。

話は変わって

私がブログを立ち上げた時、勇気を与えてもらって、随分励まされ、このブログでも時折紹介いたしました、楽天さんの実家が全焼してしまったという情報を今朝ほど知りました・・・彼のお友達も、一人、また一人と、試練の中で追い込みが厳しくなりつつあるようです・・・何か悪い力を感じます・・・

躁鬱病という病気持ちなだけに心配です・・・普通の人だってそんな状況になったらきついのに。まるで現代のヨブみたいです。健気で一途で、純真な青年なのに・・・この子羊通信が今あるのは、彼のブログ抜きには語れません。
「何故なんだ~!何故そこまでのくびきを彼に負わせるのか!主よ!納得できる説明をしていただきたい!!私にはわからない!何故なんだ・・・主よ、絶対に!!その時まで彼を護ってください!」
・・・と思わず、ヨナやダビデみたいに悪態ついて、祈りにならぬ絶叫を上げてしまいました・・・

このブログに集ってくださっている方々、どうか楽天さんのために、主のご加護が豊かに注がれますよう祈りの輪に加わっていただきたい・・・何もしてあげられないのがくやしいですが、よろしくお願いします!

それにしても、「火と風」・・・オーストラリアの野火以来おかしいです・・・要警戒です、なにか悪い邪気がこの地に充満しているかのようです・・・nnobitaさんの件も含め、十分神の武具でガードせねばならないようです。

キリスト者のブログが狙われているかのようです・・・私も他人事ではないかもしれません・・・もうすぐ黙示録のラッパが鳴るかのようです・・・私も可能な限り、時が許される限り、ペン(キーボードか?)をもって戦うつもりですが・・・その時は、わたぴ~さん、モトイさん、あとはよろしくお願いいたします。

霊的な戦いは、これから益々激しさを増すものとなるでしょう。

ザアカイさん、皆さんこんにちは。
モトイです。happy01

バルナバさんわたぴ~さん、私も聖歌・賛美歌大好きです。歌詞が良いですよね。じ~んと来るのが多いいです。

ザアカイさん、私のブログで昨日の昼間、10分ほどアクセス異常がありました。こういうことって良くあるんですかね。私はキリスト者ブログに対する嫌がらせかと、一瞬考えましたが、考えすぎとしておきました。

楽天さんのこと、私もお祈りいたします。キリスト者がそういう試練に遭うのは本当に「くやしい」ですよね。ただ主に叫ぶのみですが、それこそ必要なことです。

主の訪れが近いのでしょう。

私は本気で考えているのですが、ブログに更新予約機能があるので、それを使って携挙後のメッセージをMP3でアップしようかと・・・。一ヵ月後にいつもセットしておいて、携挙か私の個人的携挙(死亡)が無ければ、延期延期で先延ばしをし、それができない事態が来れば一ヵ月後にそのメッセージがアップされるような仕掛けです。

でも、クリスチャンへの攻撃がもう始まっているなら、それも上手く行くか疑問ですね。ブログが強制閉鎖されるでしょうし。

わたぴ~さん、いつも私のブログを覗いてくれて感謝です。わたぴ~さんのブログのアドレスも教えてください。

それにしても、オバマが涙目で訴える演技力を見ることが無くてすんだのは、テレビを持たない私に対する主の深い哀れみによるとおもいますwww。ハレルヤ!

何を弱気な事を言っとる。
渇!!
元より、この道は、死も覚悟の道ではないですか。

モトイさん、いつもありがとうございます。
私も以前、アクセス異常が何度かありましたが、正直原因はわかりません。日本では、政治系のブログが妨害に会うとは聞いてますが、我々の場合はまだ?考えすぎでしょうかね?

さっそく祈りの輪に加わっていただき感謝です、心強いですm(__)m

>ブログに更新予約機能があるので~

→いいと思いますよ!是非やってください。個人的に、携挙に関してはニュートラルな立場なのですが(前と取れる聖書箇所もあるし、後と取れる箇所もあるので)、その時は「これ以上ない、証しとなる」と思いますので。妨害工作はこの際考える必要ないでしょう(笑)。

http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968

↑ わたぴ~さんのブログです。左サイドバーの「愚者の侃々諤々」からもジャンプできます。そうそう、モトイさんのブログもリンク貼らせてもらっていいですか?はい、そうします。せっかちな性格なもので^_^;

渇!!

空海さん、叱咤激励感謝。
書き方トチりましたね。万が一とは死んじまった時や、刑務所行きになる時です。考えないようにしてますが(笑)


サマリア人さん、このサイトが役立つようでしたら御検討下さい。

カトリック系の預言ドイツ語サイトです。www.prophezeiungen - zur - zukunft - europas.de

ザアカイさん。
楽天さんに、主の支えが一層ましますように。。
楽天さんは、教会には通っていらっしゃるのでしょうか。
兄弟姉妹からの祈りによって、さらに励ましが加えられますように。(*^-^)

>それにしても、オバマが涙目で訴える演技力を見ることが無くてすんだのは、テレビを持たない私に対する主の深い哀れみによるとおもいますwww。ハレルヤ!
オバマさん、、公約は果たさなくても、誠意を表現しているのですね。。ご苦労様です。
しかし。。まるで結婚詐欺者ですな。( ̄Д ̄;;(いい男という評判ですし。。)
アメリカ国民も結婚詐欺師に引っかかった、気の毒なカモと言ってもよいですね。。

わがやもテレビを持っているのですが、子供の番組かDVDくらいしかみてません。。(^-^;
なにせ、日本語の漫画をyoutubeでみてます、、ベル薔薇とか、のだめカンタービレ巴里編など。。おもしろいです。。。以前、浦沢さんのモンスターもみてました。
この人の漫画も、20世紀少年も含め(これはドイツ語でもってます。モンスターもドイツ語に翻訳されてるんですよ!!)陰謀のにおいがぷんぷんですよね。。(^-^; デモ栗。。。

一応。。まじめな本も読みますよ。。文藝春秋とか読み応えあって好きです。友人が読み終わったらもらって読んでるんですよ。まともな事、批判も書いてます、新自由主義の危険性とか、地球温暖化のうそなど。。
最近気に入っているのは、去年の10月からはじまった、藤原正彦さん(国家の品格がヒットしましたね)の名著講義です。 新渡戸稲造の武士道、内村鑑三の余は如何にして基督信徒となりし乎(か)などをとりあげていました。。 クリスチャンにとっても、興味深い内容です。
武士道、余は如何にして。。。図書館でもかりられるかもしれませんね。
文藝春秋の回し者で者ありませんよ( ̄▽ ̄)

空海さんお久しぶりです。
そうですね、人生掛けているんですものね。
かならずあたるとクリスチャンは信じている、人生最大のバクチですね!!

のびたさん、ハンドルネームものびたにされたのですね。
ちょっとかわいくて微笑んでしまいました。。しつれいo(*^▽^*)o
ドイツ語のサイト、挑戦してのぞいてみます。
仲間にはドイツの方もいらっしゃるのですか?
のびたさん(大きな兄)の事もお祈りしてますよ(*^-^)

>楽天さんに、主の支えが一層ましますように。。

→サマちゃん、ありがとうございます。一人でも多い方がいいですから。
彼の所属する教会でも、篤い祈りが捧げられていることと思います・・・

ザアカイさん、こんばんは。

今日、最近、主に救われた一人の姉妹の家に行き、友人と交わってきました。
初めて彼女の問題、悩みを打ち明けて下さり、主がどのように彼女に働かれたのか知ることが出来て感謝!
人は、外見的には幸せそうに見えますが、心の内を明かしたら、多くの方が問題を抱え、苦悩しているのだと思いました。

彼女曰く、「聖書の慰めの言葉を読んだら、苦しい時に心がすーっとなり平安があります。」
彼女の苦悩を通して、主に救われたことを感謝しました。

「無力の力」というタイトルの本を読んだことがあります。
人生が与える多くの試練と苦しみ。もうどうすることも出来ない、全く無力だと感じる時、それはとても恐ろしいことであり、
それを抵抗し、拒否しようともがきますが、遂にその状態と真正面から向き合って耐えていける人は少ないと。
もし神が存在しなければ、人はあらん限りの力を振り絞って努力し、自分を助けるあらゆる策を講じてみるしか方法はないのではないでしょうか?
そして遂に力がつきた時、人は自ら命を絶つという選択を・・・。
しかし、神は存在するのだから、それは間違っています。
その著者は述べています。
「危機は私たちに自分の無力さを直視させ、そして無力さは、私たちを神の無尽蔵の能力へと導いていく。これが無力さの持つ力であり、人生の経緯の中に書かれた原理である。私たちの無力さが神の力と結びついて為し遂げる成果には、何か純正なものがあって、それは、自信に燃えたどんな努力も勝ち得ることの出来ないものを持っている。また、こうして得た成果には、時に成功に伴いがちな自我を育てる種子が入っていない。神が私たちの真剣な願いを達成されるときには、必ずその前に試練を経させて、私たちが無力であり、助力が必要であることを切実に知らさないではおかれない。」

楽天さんが、このような危機の時、神さまの助けが必ずあることを信じ、必ず「益」としてくださる主に信頼することができますように。(ローマ10・11)
私も祈ります。
のびたさん、仕事が大変な様子。最後まで守られますように。
わたぴーさん、御言葉をありがとうございます。でも、悪魔の働きではないように思います。平安がありますので。今もあの言葉は消えませんが、私の心の中で共存していて受け入れています。主が近いと心を新たにする日々です。(Ⅱペテロ3・13)(黙示録22・20)

enjeruさん

>危機は私たちに自分の無力さを直視させ

→まさしく私がそうでしたよ。それまでは「老後、余裕が出来たら教会へ行ってみよう」などと何となく?おぼろげだったのが、それから1年半後ですよ、教会へ通いだしたのは・・・

>私も祈ります。

→感謝!ありがとうございますm(__)m

ザアカイさん、皆さんこんにちは。
モトイです。

ザアカイさん、わたぴ~さんのブログのアドレス感謝です。それと、リンクも張ってくれて有難うございます。私のブログにはリンクの枠が無いのですが、いずれリンクコーナーを作って子羊通信や愚者の侃々諤々を張ろうと思います。

しかしわたぴ~さんのブログはすごい情報の量を、頻繁に更新してますね。ロシア正教とロシアマフィアについての所まで読みましたが、あとでじっくり過去分も読もうと思います。

それにしても「侃々諤々」はなんと読むんですかね。
にんべんにたこのような字で、「火星人」と読むんですかね。
するとブログタイトルは、「火星人ばかりでがくがく」と読むんですかね。
(ほんとに分からないので、この際教えてくれたら感謝です。←自分で調べることをすでに放棄してしまって、すみません。)

サマリア人さん私は実は、のだめカンタービレ好きです。去年のお正月にテレビドラマを全て放送してたので、実家で見てはまりました。しかし同時に、キリスト者が世の中にこんな面白いものを提供していないことを悔しく思いました。

文芸春秋なんて難しい本も読まれるんですか。案外日本にいる日本人よりも、外国にいるサマリア人さんなんかのほうが、日本の状況に関して敏感なのかもしれませんね。

私なんか漢字も読めませんし。shock

モトイさん、こんにちは

実は私も読めませんでした(笑)
「かんかん、がくがく」と読むのだそうです
わたぴ~さんに代わってm(__)m

それから、いつもの事ながら事後承諾になってしまいましたが、許可ありがとうございます。

ども、わたぴ~です。(^-^*)

モトイさんへ

さてさて、うちのブログ、「愚者の侃々諤々」についてですが、

「侃々諤々」は「かんかんがくがく」と読みます。これは「何の遠慮もせず、盛んに議論すること」という意味があります。
「侃々(かんかん)」とは「強く、正しいさま」のことで、「諤々(がくがく)」とは「ありのままに、正しく言う」という意味です。

まぁ、「お互い、忌憚(きたん)無く、胸襟(きょうきん)を開いて、建設的な話をしましょう」というつもりで、この言葉を選んだということです。あ、勿論「愚者」というのは、誰あろうワタクシ「わたぴ~」ではございますが・・・!( ̄∇ ̄; )

で、ここだけの話ですが、実は最近「このブログタイトル、変えたいな~」などど思うこともしばしば。なんだか堅苦っしくて、わたぴ~には似合いません。おかげで意識する余り(?)ブログの内容も堅苦しいものばかり・・・。(=_=;) 聖書と中心としたブログで始めたつもりが、いつのまにやら「なんちゃって政治ブログ」に。それなりにブログを見てくださっている方もいるようなので、そうそう簡単にタイトルを変更することも出来ず・・・。やっぱり、わたぴ~は何やっても中途半端なヘッポコデモクリのようです。(;^_^A

あ、そうそう、うちのブログの方にも、モトイさんのブログへのリンク貼ってもよいですかね?

それにしても「にんべんにたこのような字で、「火星人」と読む」とは・・・。
イカじゃないところがミソですな~(何のミソなんだか・・・ヽ(´ω`)ノ)。

「火星人ばかりでがくがく」も、何だか得体の知れない超怪しいダンスのようです。ヾ( ´Ω`)ノ ヾ( ´Ω`)ノ ヾ( ´Ω`)ノ
うちのブログのタイトル、「火星人ばかりでがくがく」にしちゃいましょうかね~。

のびたさんへ

皆さん、ちゃんと待っているので、無理をせず、神様の導きの元、最善の方法でなさって下さい。解決&復帰の折は是非、近況を含めいろいろと教えてくださいね~。(^^)

サマリア人さんへ

結婚詐欺師ですか。言いえて妙ですね。まぁ、今の世の中、ある意味で(結婚に限らず)詐欺師みたいな人ばかりですが。o( ̄ー ̄;) それにしても「モンスター」とは、ツウですなぁ~。ワタクシの場合はいろんな意味で「痛(ツウ)」ですが。(-_-;)

enjeruさんへ

「無力の力」に書かれてある言葉、とても良いですね。教えてくださって感謝します。この本は今でも手に入れることは可能なんですかね?興味あります。神様はどんな時も、あらゆる事柄をワタクシたちの益のために好転させ、祝福してくださいますから、その神様の知恵の深さに感動と感謝を覚えますね。本当に信頼できるお方です。

たろさんへ(ご覧になっているであろうことを前提で)

モトイさんのブログでのコメント、拝見させていただきました。いろいろと厳しい状況のようで、ワタクシなりにですがお察しします。(vv) たろさんは「救い」と「クリスチャンとしての歩み」を混同されていませんか?クリスチャンであっても皆、弱さを持っていますし、誰かと比べて「自分は取り残されている」というように感じる必要もありません。しんどい時は無理をせず、あまり自分一人で責任をしょいこまない事です。自分で自分を救う事なんてできませんからね~。今回のたろさんの(モトイさんのブログ上でのコメント)疑問も、いつかワタクシや、ザアカイさんやモトイさんが記事を通して取り扱ってくださるかもしれません。(・・・と、何気に振ってみる('∇';))

それから、「エフタとその娘」に関するたろさんのご質問、近いうちにうちの方でUP出来そうです。まぁ、ご期待に沿えるかどうかわかりませんが、とりあえず。(~ー~;)

ザアカイさんへ

すみません。本来ならワタクシ自身が、うちのブログのリンク先、モトイさんにお伝えせねばならないところ、お手数かけました。(vv;)

それから楽天さんの事。言葉がありません。
どうか苦境にあっても、楽天さんが神様に依り頼むことが出来ますように。

「祈るべきときに何を祈り求めればよいのかをわたしたちは知りませんが、霊そのものがことばとならないうめきと共にわたしたちのために願い出てくれるからです。それでも、心を探る方は、霊の意味するところが何かを知っておられます」(ローマ:8章26、27節)。

みなさんお久しぶりです!
アンちゃんですょ。お陰さまで父上(親戚なんて半ウソすみません)も無事退院しました。心不全と肺に水がたまってしまい呼吸が困難になったのです。肺の水を取り、自分にあった薬を調合したりして約一週間で退院となりました。ニトロも頂いたので禁煙となりました。もともとお酒は弱い人なのですが、煙草は若い頃からなのでやめると言うのは、堅い決意が必要になりました。本人も『本当に』身体に悪いことを自覚したので煙草はもう吸わないとのこと…本当かしらww

とにかく人間弱いです。イザとなったら母親も慌てて救急車に何したら良いのかパニックになっているし、わたしも『お母さん、しっかりして、落ち着いてね』と電話で言うしかありませんでした。

病院には看護士さんが慢性的に不足しています。今の日本の医療体制の不備を肌で実感した一週間でした。

みなさんも体調管理万全に 出来ればアルコールはほどほどに、喫煙はキッパリやめる事をお勧め致します。

みなさんの祈りに感謝申し上げます。

>すみません。本来ならワタクシ自身が

→いえいえ、ついでですから。
わたぴ~さんなら、断らずとも事後承諾でOKかなと(笑)
それから、祈りに加わっていただきありがとうございます。

なんと!アンちゃん!実父だったのですか・・・
それは大変でしたね
でも短期で退院できて良かったですね、感謝

>とにかく人間弱いです

→そうですね・・・自分がそうだからよくわかります。
ハガネの心臓が欲しいです。

ども、わたぴ~です。(^-^*)

アンさんへ

無事退院されたようで、良かったですね。(^^)v
普段と違う状況や状態になれば、いろいろと大変だったでしょう。

うちの両親もヘビースモーカーだったのですが、父親はかなり昔に癌になって以来、母親は2年前に脳梗塞で倒れて以来、退院後の数ヶ月は多少タバコを吸っていたようなのですが、今はまったく、というか、最初からタバコなど吸っていなかったかのように落ち着いています。アンさんのお父様もきっと大丈夫でしょう。案外、これがお父様にとって踏ん切りをつける良い機会になるかも知れませんね。(^▽^)/

ザアカイさん、ハガネの心臓ですか。
ワタクシはハリガネの心臓なので、ポキポキ折れまくりです。(-_-;)
心臓に毛でも植毛しようかな。羊の毛が暖かそうで良いかも~。( ̄ー ̄;) 

わたぴ~さん、ザアカイさん、みなさんありがとうございます。

鰻の蒲焼きと、鮪のトロを買ってきて、母が今食べさせています。早く元気になってほしいです。何よりも両親がキリストを信じてくれることを望んでいます。でもね、母と一緒に主イエス様に祈ったんですよ、入院の時 そして退院の時の感謝と共に

ハレルヤです!

あ、いつの間にかアン・シャーリーに戻っていた…

テへ。

アンさん、こんばんは。

お父様、心臓病だったのですか。主の守りがあって感謝!
私の父も2年前、心臓の手術をして、今は元気です。やはりいつもニトロを持ち歩いています。
パイパス手術をしたのですが、その血管は10年しかもたないとのことで、父は自分の寿命をあと8年と思っているようです。
早く主を信じてくれればいいのですが・・・。両親も高齢になるといつ何が起きるか分かりませんね。

わたぴーさん、こんばんは。

わたぴーさんのご両親も今はお元気なようで、感謝ですね。
「無力の力」は、『愛はいずこに』という本の中にあります。以前、ここで紹介したピーター・マーシャルの「砂に書いた文字」の姦淫の現場で捕らえられた女のメッセージも載っています。著者は、キャサリン・マーシャル。日本教文社出版。でも廃盤になっています。この本は、多くの真理を教えてくれた何回も何回も読んだ本です。モトイさんのように英語が出来る方なら、アメリカには、売っているかも・・・。キャサリン・マーシャル(Catherine  Marshall)さんは、アメリカの女流著述家で、夫は高名な説教師であった故ピーター・マーシャル師。

enjeruさん、ありがとうございます。
父は心臓が弱く、私は私で下半身の腫瘍から生還しましたし、母は十年前に脳腫瘍で都立病院で手術して完治しました。あの時は最初の教会でよく祈って貰いましたし、たまたま知り合いの大島の相沢牧師にも厚かましくも手紙を書いて、祈って頂きました。(三浦綾子さんのエッセイにもたびたび実名で出てくる、釣りと囲碁が名人級の先生で、黒潮と呼ばれる雑誌も出していました。)
達筆なお手紙を頂き母が元気になるように、しばらく祈りの課題に入れておきます、と嬉しい手紙でした。あんまり嬉しくて、多額の献金を捧げさせて頂きました。母の快気祝いに某料亭で身内と知り合いを招待したりもしました。祈りってやはりすごいってつくづく思いました。
命って一番大切ですよね、お金よりも何よりも
どうかみなさんも健やかでありますように。
奇しくも、今日の夕方からユダヤ暦の第一の月ニサンの1日になりました。ニサンの14日は来月の8日になります。正確には前日7日の日没からです。

アンちゃん、お父様の退院おめでとう!!(*^-^)
よかったですね。うちの父親もタバコがやめられません。
むかしより減って入るようですが。。持病も辛いですが、家族のものが病気になるのは
とても辛いですものね。。 順調に回復されますように!!

モトイさんも、のだめみましたか!!わたしはマンガ放送だけみたのですが、のだめちゃんいいですよね。ドラマ版も今度みようかな。。面白いですよね!!それにしても
>キリスト者が世の中にこんな面白いものを提供していないことを悔しく思いました。
の発言にはふきだしました。 対抗してどうするんですか。(≧∇≦)
>文芸春秋なんて難しい本も読まれるんですか。案外日本にいる日本人よりも、外国にいるサマリア人さんなんかのほうが、日本の状況に関して敏感なのかもしれませんね。

文芸春秋、面白いですよ。読むのに時間がかかるのですが、買った分もとがとれる数少ない雑誌じゃないかな。。(ほかの雑誌はうすいか、広告だらけですからね。。お金返してくれー(`◇´*))
でも、図書館でも借りられますよね。
敏感。。わたぴーさんもご存知?通好みのモンスターも視聴するところ、サマリア人のアンテナは微妙に(かなり?)偏っていますが( ̄Д ̄;; 私の好きなマンガ家、手塚治さんの地上最大のロボットを浦沢さんがリニューアルしているプルートも面白いんですよ。。5巻までは帰国の時手に入れましたが。。。わたぴーさんならしってるかしら。(マニアな事をふっている。。)

サマリア人さん、ありがとうございます。

持病の頚椎狭窄症いわゆる頚椎症は一進一退ある意味自分の痛みより、身内の苦しみは辛いです。自分の場合は我慢したり祈ることができますから

サマリア人さんも健康に気をつけてください。
ドイツは保険も充実しているのでしょうね。確か、子供というか未成年と老人は医療費無料と聞いたのですが?

ザアカイさん、今晩は。

すでにweb上には、私のブログはありませんので、「人生の羅針盤」より私のそれを削除していただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

常連のコメント者、皆さんの住まいの県、市をあらわにしない方がいいと思います。なにげないことでも、たどれば本人を特定できる場合があるからです。

例えば、ザアカイさんは私の住む県をpcアドレスからご存知だと思いますが、この県の主なカトリック教会は三ヶ所しかなく、たどれば私の目星がつけられる、というわけです。

今後、自分を隠す、実体をぼかすということがますます必要になってきますので、皆さん充分注意をお願いします。

nnobitaさん、了解しました。
やはり何となく寂しいですね・・・でもこうしてともに歩めるのは感謝という他ありません。
これも何がしかの理由があるのでしょう。

>常連のコメント者、皆さんの住まいの県、市をあらわにしない方がいいと思います。

→そうですね、最近私も警戒心が緩んでいたようです。
今はすでに時代が変ってしまいましたからね・・・
最近特に感じますが、リーマン潰したのが、合図だったような気がしてなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/44411049

この記事へのトラックバック一覧です: イラン VS イスラエル-3:

« イラン VS イスラエル-2 | トップページ | 世界の行く末を占う4月第一週の注目すべきイベント »