2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2009年3月現在、すでに終末の7年に突入しているのか?~バルナバさんのコメに対する一考察 | トップページ | イラン VS イスラエル-3 »

2009年3月17日 (火)

イラン VS イスラエル-2

多くのことを語る必要もないでしょう。引用記事とひと言コメントのみで行きます。あとは各自判断分析願います。いよいよ、今度こそ?チェック=メイトになるかも?しれません。

1. <イスラエル>リクード、極右政党と連合合意 新政権組閣

3月16日22時6分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090316-00000126-mai-int

 【エルサレム前田英司】イスラエル新政権を組閣中のネタニヤフ元首相率いる右派政党リクード(27議席)は15日深夜、先の総選挙で第3党に躍進した極右政党わが家イスラエル(15議席)との連立政権樹立に合意した。リクードは国会定数(120議席)の過半数を獲得するため、他の右派・宗教勢力との連立交渉をさらに進める一方、第1党の中道カディマ(28議席)との「大連立」も引き続き模索している。

 リクードが他党と正式に連立合意したのは初めて。イスラエル放送などによると、わが家イスラエルのリーバーマン党首が外相に就くなど、同党が5閣僚ポストを占めるという。ただ、この合意事項は、カディマが連立に参加することになった場合には再考されるという。

 ネタニヤフ氏にとって右派・宗教勢力との連立政権樹立はカディマとの「大連立」実現に比べて容易な一方、中東和平を巡る消極姿勢などから対米関係の悪化が懸念されるなど、政権基盤が脆弱(ぜいじゃく)になる恐れがある。

 リクードとカディマの折衝はいったん決裂したが、イスラエルのメディアによると、水面下での協議が続いているという。ただ、リクード側は「(右派政権が誕生したとしても)『大連立』の選択肢は消滅しない」と含みを残すのに対し、カディマ側は「(わが家イスラエルとの連立合意で)我々の政権参加の可能性はさらに薄まった」としている。

* いよいよ来ました、イスラエルの右派連合。いよいよヤバくなりました。対米関係の悪化が懸念されるなど、余計なお世話という話でしょう。アメリカはイスラエルには逆らえない。少しでも逆らったなら、オバマは暗殺されるかもしれないし、マガール=セキュリティー社の工作員が、全米で小型核を炸裂させる。そしてそれは、イスラム原理主義者の仕業にされる・・・

オバマ政権の顔ぶれをみれば、オバマの反イスラエルなど単なるポーズだろう。事が始まったならば、イスラエルの番犬国家アメリカは、必ず引きずり出される事になる。それはアメリカに巣くう軍産複合体の利害、恐慌を吹き飛ばすべくウォー=エコノミーとも利害が一致する。

↓ちなみにオバマは、チェイニー元副大統領と親戚関係なんだとか?

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-28377220071017

2.米軍がイラク領空でイランの無人偵察機を撃墜していた

http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090317/mds0903170104003-n1.htm

2月25日の出来事を、何でわざわざ半月以上もたって今!リークするのか? 

3. ビン=ラディン、アラブ諸国の指導者を非難

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2582285/3917269

【3月15日 AFP】カタールの衛星テレビ局アルジャジーラ(Al-Jazeera)は14日、国際テロ組織アルイカイダ(Al-Qaeda)の指導者ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者の音声とされるテープを放送した。

 この中でビンラディン容疑者は、アラブ諸国の指導者の中にイスラエルや欧米諸国と「共謀して」イスラム教徒に敵対した者がいるとして非難し、パレスチナ解放のための聖戦を呼び掛けた。

 聖戦ではヨルダンからヨルダン川西岸地区に攻め込み、さらに周辺地域を攻撃すべきだと述べ、「敵を利する活動を行っている」人物のリストを作成していることも示唆した。

 前年12月から今年1月18日まで22日間続き、パレスチナ人1300以上が死亡したイスラエルによるガザ(Gaza)攻撃にも言及し、この攻撃を「ホロコースト」と呼んで非難した。

 ビンラディン容疑者のものとされるテープが公開されたのは、ガザ攻撃はジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)前米大統領退任直前のタイミングを狙った虐殺だとしてイスラエルに報復するよう世界のイスラム教徒に呼び掛けた1月14日以来2か月ぶり。

 テープが本物かどうかは確認されていない。米国のあるテロ対策当局者は、アルカイダが繰り返し言ってきたことばかりで新しい情報は含まれていないとして放送されたテープを重視しない姿勢を示した。(c)AFP/Ola Galal

8506

* テープが本物かどうかとか、ビン=ラディンが生きていようが、すでに死んでいようが、はたまたアルカイダ本体かCIA、モサドがリークしたかなどはこの際どうでもよい。

世界の一般大衆に、アルカイダがやるぞ!と、信じ込ませればそれでいいわけだから。

4. ヨルダン川西岸地区で、イスラエル警官二人射殺される

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090316-OYT1T00599.htm

* これも、イスラエルとアラブ、イスラム世界を煽るマッチ=ポンプとしては、十分なニュースでしょう。

極東では北朝鮮が衛星を打ち上げるなどと言って、騒いでます。4月4日から8日の間とか。こちらに注目を集めといて、ドサクサ紛れでやるかもしれませんから4月上旬あたりは要注意かもしれません。北京オリンピックの時がそうでした。

なお参考までに藤原直哉のインターネットラジオから

http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2009/03/200917-379c.html

20分ほどのプログラムですので聴いてみるのもいいかと。お勧めです。

11~12分あたりだったか、「昨日、ロシア科学アカデミーの友人から電話があって、いきなり『戦争が始まるぞ』と!あの国は戦争に関して敏感ですから」と・・・

enjeru姉妹の「恵みの時が終わろうとしている」との内なる声のコメントをいただいた後だけに・・・何となくリンクしてしまいました。

これからの時代、いくら財産があっても生きながらえることが出来るとは限りません。迫り来る戦乱、動乱の前には無力です・・・ましてや神の激しい怒りから逃れることなどできるはずもない。

私なら

あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。

マタイ 28:20

にそのヒントを求めますが・・・

そう、「子羊の尊き贖いの血」を受け入れ、世の終わりまで共にいてくれる主イエスにより頼みます。

« 2009年3月現在、すでに終末の7年に突入しているのか?~バルナバさんのコメに対する一考察 | トップページ | イラン VS イスラエル-3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 私は昨日から  忍びて~春を待て~雪は溶けて~花は咲かん~が気になっていたので検索してみると賛美歌の291・『主にまかせよ』でした
 
 主にまかせよ汝(な)が身を 主はよろこびたすけまさん
しのびて春を待て 雪はとけて花は咲かん
あらしにもやみにも ただまかせよ 汝(な)が身を 

 主にまかせよ(な)が身を 主はよろこびたすけまさん
なやみはつよくとも みめぐみには勝を得じ
まことなる主の手に ただまかせよ汝(な)が身を  アーメン
 
 なんか歌っているとこみ上げてきますね、年のせいか涙腺が弱くなっています。
 
 ザアカイさんはすでにご存知だと思いますが、個人的にはイスラエルは孤立していくと見ています。以下の記事の今後の動向が気になります。
 http://lala-rep.com/?m=20090311
>米国政権内に隠然たる勢力を持っていたネオコンといわれるイスラエル・ロビイストの活動を全面的に禁止する通達を出した。内容は、政府の要所に配置されていたすべてのイスラエル・ロビイスト達に、少なくとも今後8年間ロビー活動に関わらないという誓約書に署名するか、そうでなければ4月末までに政府職員を辞職する事を要求している。
>オバマ大統領はまた、イスラエルとの国交断絶をも辞さない、と語ったと伝えられている。
 
 http://www.asyura2.com/09/wara7/msg/269.html
>CIAが「イスラエルは20年以内に崩壊する」との報告書 [Press TV]

バルナバさん、こんにちは

素晴らしい賛美歌ご紹介いただきありがとうございます。
おっしゃるように、心に響いてきますね・・・私も歳のせいか、人並みの苦労も重ねて人の痛みが少しもわかってきたせいか、涙もろくなってしまいました(^_^;)
真理が要約されて詰まっているかのようです。

イスラエルとアメリカの関係については、ご紹介いただいた情報を持ってしても、専門家の間でも意見が分かれるところですね・・・
私はあえて、一蓮托生説を採りましたが、もう少し時間が経たないと本当のところはわからないかもしれませんね。

ただ、聖書預言的には、最後には仲間内からも裏切られるのかな?などと考えます。

『おくりびと』、死する者に対しての尊厳です。

http://yakuyakou.blog69.fc2.com/blog-entry-959.html
 

ザアカイさん、バルナバさん、皆さんこんにちは。
モトイです。

いよいよなんですかね。いずれにせよ、ユダヤ人は世界中から嫌われて、イスラエル以外では生活が困難なまでになるのではないでしょうか。

バルナバさんの発見したテレビ番組のリンク、ネットカフェでダウンロードして家で見ました。(この番組の最後ても言ってましたが、戦争があってそれが証拠になるとのことでした。なるほど・・・。)

番組は一言で言ってものすごく興奮しました。
最後の10分は、興奮しすぎて吐きそうになりました(ってきたないですね。すみません。)。

以下、簡潔にまとめます。

先ず、基本になっている聖書箇所がマタイの24:29で、

だが、これらの日の苦難に続いてすぐに、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は天から落ち、天の万象は揺り動かされます。

と書いてあります。それから、おそらくヨエル書2:31も念頭にあるようで、それには
主の大いなる恐るべき日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。

と書いてあります。

この月が血のようになる事を、超自然的なことよりも、自然の現象で考え、日食で消える月が赤っぽくなることなのではないかということがコンセプトに有ります。

しかも、天文学的に、日食や月食はすでに何千年前から何千年後まで計算できるので、日付まで分かるそうです。そこで出てきたのが:

2014年&2015年
聖書暦ニサンの月の第一日(過ぎ越しの祭りの15日前&聖書的新年)
ティシュリの月の第一日(仮庵の祭りの15日前&ユダヤの伝統的新年)

この日付の両日ともに皆既日食が起こります。21世紀中にはこのスケジュールで皆既日食が訪れることはもう無いそうです。では過去はどうか。

過去においては、1948年のイスラエル再建時と1968年のエルサレム回復の年にあったそうです。それ以外にこのスケジュールで皆既日食は無いそうです。

さらに番組では、2008年から始まる3年間に、アブの月1日(今年は7月21日)に(皆既?)日食が起こることを注目しています。

このアブの月というのはユダヤ人にとって忌まわしい月で、特にアブの月の9日には以下のことが歴史的に有ったそうです

十人の斥候が約束の地から帰ってきて報告し、それで不信仰に陥り、約束の地に攻撃を仕掛けなかった。
金の子牛の礼拝(おそらくアロンとモーセの記述?)
ネブカネザル王がエルサレムの城壁を壊し、侵入。
ローマ軍、神殿を破壊する。
1290年すべてのユダヤ人がイギリスから追い出される。
1492年すべてのユダヤ人がスペインから追い出される。
第一次世界大戦始まる。
ヒットラーがユダヤ人に対する最終処分宣言。
イスラエル軍のガザ地区撤退。

これらのことが歴史的に起こっているので、アブの月の9日は忌まわしい日なのだそうです。ところがゼカリヤ書8:19には以下のようにあります:

万軍の主はこう仰せられる。「第四の月の断食、第五の月の断食、第七の月の断食、第十の月の断食は、ユダの家にとっては、楽しみとなり、喜びとなり、うれしい例祭となる。だから、真実と平和を愛せよ。」

この記述により、聖書的には皆既日食は異邦人の裁きを象徴し、皆既月食はイスラエルの裁きを象徴するそうです。

そして繰り返しますが、去年から始まる3年間に、3度も同じ日、アブの月の1日に皆既日食があるとのことです。(バルナバさんのほかのリンクではこれは確認できませんでしたが…。)

番組ではこれゆえ、2008年を基準に7年を、ひょっとしたらダニエルの70週なのでは、と言っていました。(いずれにせよ戦争があるので、それで分かるだろう、との結論でした。)

最後のアブの月のくだりまで来たら、私の頭ではもう、情報の洪水でパニックでした。

バルナバさんこの情報を本当に有難うございました。私の友人に、メシアニックジュー関連に詳しい友人がいますので、教えてあげようと思います。

この番組のアーカイブを探そうとしたのですが、見つかりませんでした。バルナバさん知ってたら教えてください。

 モトイさん詳しい解説をありがとうございます。
>http://eclipse.gsfc.nasa.gov/eclipse.html
これで日食と月食の日付けが確認できると思います。
 久保氏の記事は10ページの特集です、私はこれを図書館で借りていますので
そちらにも有るかもしれません。この情報は久保氏のオリジナルではなく全米のTVで
取り上げられて話題になっているとのことです。
http://66.155.114.80/video/Dsl/5904-D.wmv
このサイトはムーに書いてあったものです、私も色々試してみたのですがなかなかヒットしません。

補足です。
こちらがおそらくオリジナルサイトです。
http://www.blinkx.com/video/phenomenal-prophecy-in-the-news-2008-2014-15/PI5ga5dA5EsPT95zUxxJSQ
 
http://66.155.114.80/
 
 モトイさんの上に主のご加護がありますようにお祈りしています。

モトイさん、バルナバさん、いつもありがとうございます。

私では、聞き取れなかった詳細まで補足説明していただき感謝です。

個人的にはどうしてもこだわりたいというか、バイタル=キーが2008年の9月30日のラッパの日でしょうかね・・・
1日のズレがありますが、NY市場の777ドルの暴落。デビッド=メイヤー師によると、以前わがブログでも取り上げましたが777=「裁き」の数字であると言ってました。

私的にこのイベントは、9.11テロみたいに犠牲者こそ出ていませんが、9.11並みの衝撃を感じました。
連中のヤラセかも知れませんが、それが起るのも「神の許し」があってのことですし。
少なくとも2009年3月20日現在、すでに終末の7年に突入している可能性は「ゼロ」とは思えません・・・

トンガで海底火山爆発しているし(-_-;)・・・ハワイ沖爆発説も、まんざらウルトラ=ガセと笑っていられなくなってきたような・・・

それと今しばし様子を見ないとわかりませんが、アメリカ経済もいよいよ終わりでしょうか?AIGは欧米の金融機関へと国庫金を貢ぐ役割を終えたようで、いよいよ・・・巨額ボーナス没収でごまかして、AIGつぶして、迂回融資については知らん顔?

46年生きていて、こんな目まぐるしい時代など経験ないです・・・

私たちは、今、聖書の「患難時代」に「移ろう」としているように思います。主イエスは、これまでの歴史に記されていない「大患難」を地上にくだすと言っておられるように思います。
一、イエスによる預言
人に惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名のって現れ、多くの人を惑わすからです。また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい。…また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるでしょう。

ニ、預言を字義通りに受けとると 最初の一撃で二十億以上の人命が失われます。ノアの時、洪水による裁きを信じる者はノアの家族以外ひとりもいませんでした。みんな、食い、飲み、笑い、楽しみにふけって、ノアが語る幻をあざ笑っていました。そして「すべての人」は滅んだのです。

三、世界戦争

天が燃え、すべてのものが溶けるとは何を意味しているのでしょうか。(第ニペテロ3:10)
やはりそれは核兵器ではないでしょうか。

イエスは言われました。「地上に起こることで人の心は恐れで衰える」と

『主が王国を地上に打ち建てるためにまもなく帰還されます!
目を覚ませ!今、世界に起こっていることは超自然の働きです。決して元へ戻ることはない』と

少しデイビッド・ウィルカーソン氏の「幻」より、引用させていただきました。

氏が1973年に見た主からのメッセージは次のように締めくくっています。

──み言葉はこのように与えられています。
『これらの事が起こりはじめたなら、身を起こし頭をあげなさい。あなたがたの救出が近づいているのだから

この悲惨な幻に対して、神は希望のメッセージを、私(デイビッド・ウィルカーソン)に示してくださいました。私は、必死になって神に問い迫りました。この切迫した時クリスチャンは、どのようなことをすることができるのでしょうか、と
みなさん!聖霊はこの祈りに答えてくださいました。簡単明白、しかし輝く信仰へと心を奮い立たせる力強いメッセージです。

『神は、すべてを支配しておられる!!』

そうです。すべては神のみ手の中にあるのです。

私たちのすべてのものは、神のご支配の下にあります。それが真理です。不況 失業が何でしょうか。人類が滅びをたどっていこうとそれが何でしょうか。そのようなことは私たち神の子らと何の関係もないのです。神が最後まで必要一切を満たしてくださるからです。
神は髪の毛まで数えておられます。祈りを聴いておられます。恐れることはな

>そうです。すべては神のみ手の中にあるのです。
>神が最後まで必要一切を満たしてくださるからです。

→アンちゃん、ありがとうございました。
そうなんですよね、その通りなんです。
目の前の現実という、サタンの幻に惑わされてはいけませんね!・・・と、口で言うのは簡単なんですが(涙;)

こんにちは
あの。。ということは、今は黙示録第8章の、半時間ばかりの静けさという
可能性もあるという事ですか?
早ければ、今年か来年にイスラエルで?2人の証人があらわれるのか。。
という事ですかね。。。
反キリストの働きは、世界中継されそうですが、2人の証人も同時期なのですかね。。
彼らが活躍する3年半が、未信者の最後の悔い改めのチャンスになるんでしょうか。

火山活動も気になります、そして日本がハワイやサイパンと同様に、太平洋プレート上に
ありますよね。。。三浦半島、関東で大地震が起こる可能性。。あるのでしょうか。

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

「内なる声」は、まだ消えないので、昨日、大学の友人と祈り会をした時、この声について話し、主からのものか共に祈りました。
夜、テレビを見ているとき、突然、一言一言、言葉が深く響いてきました。

 『 め・ぐ・み・の・と・き・は・お・わ・ろ・う・と・し・て・い・る 』

私は、皆さんがどう思われようと、神からのものであることを受け入れることにしました。
この言葉が持つ大きな意味を私自身、理解しているつもりです。

 女たちよ。主の言葉を聞き、あなたがたの耳は、主の言われることばを受け止めよ。(エレミヤ9・20)

 主のことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて燃えさかる火のようになり、
 私はうちにしまっておくのに、疲れて耐えられません。(エレミヤ20・9)

携挙は、近いと思います。預言が成就する時代だと・・・。

ザアカイさん、皆さんこんばんは。
モトイです。

バルナバさん、リンク先有難うございます。これでまた楽しみが増えます。いつかまたネットカフェでゆっくりと探索してみます。(ど田舎的事情のモバイル接続はなかなかふべんでして・・・汗)

enjeruさん、内なる心の声のこと分かち合ってくださって感謝です。

実は私もかねがね、いまから10月までの時期と、来年の同じくらいの期間が携挙の一番可能性がある時期なのではと考えてまして・・・。

この事をあるところで分かち合ったら、鼻で笑われました。

特にある姉妹は、あちこちの“預言者”とやらにリバイバルでの大活躍を預言されているらしくって、主にまみえる事よりもリバイバルで大活躍することのほうが重要なようなので、大変な反発と冷笑を受けてしまいました。(こんなところで愚痴ってしまいましたが、やっぱりそれはおかしいですよね?)

それはそうと、私たちは(ザアカイさんも言っていたように)、もうすでにすごい時代に生きていると思います。恵みが終わり、いつ裁きが来ても可笑しくないでしょう。

それと、時代が白黒はっきりすると、その時代に生きる人々も神か反キリストかを選ばなければならないでしょう。いまはキリストに反発しなくても神の側に立たない人もいます。これらの人が死んだらどうなるのかは、ながいはなしになるので置いといて、白黒はっきりした時代になったほうが、人々の救いは進むと思います。

サマちゃん、どもです。

>今は黙示録第8章の、半時間ばかりの静けさという可能性もあるという事ですか?

→私は預言者じゃないので、「そうだ!」とは言えませんが、可能性ゼロとも思えません。
世の中押し詰まってくれば、益々羊か山羊かの選択を迫られる気がします・・・幸か不幸かわかりませんが、我々はそのような時代に生きているというのが偽らざる現実なんじゃないでしょうか?・・・たぶん(^_^;)

地震の予測ばかりはわかりませんね・・・こればかりはどうすることも出来ませんからね・・・

enjeruさん、私もおそらく今年中に、早ければ夏くらいまでに黙示録の本番に突入するような気がしております。
心構えだけはしておきたいものですね。

モトイさん、いつもありがとうございます

>白黒はっきりした時代になったほうが、人々の救いは進むと思います。

→私もそう思います。家では私は未だに!キチガイ扱いです(涙;)


モトイさん、こんにちは。

近いうちに、ほんとに近いうちに皆さんと会えることは、喜びであり、感謝なことですね。
このような時代に生まれたこと事態が、私ににとっては奇跡です。
今は、主を待ち望みつつ、イエスさまとの交わりがとても大切な時だと思います。
わたしも今回の「内なる声」については、きっとバカにされ、笑われるかも・・・と思いましたが、
一人でも耳を傾けて下さる方がいれば、それでいいと・・・。うそをお伝えしてはいませんので・・・。

父に以前、福音を伝え、来るべき患難と携挙のことを話したら、キチガイ扱いはされませんでしたが、
一言。「 お前がいなくなったら、信じる。そんなことは、ありえないがね・・・」

そんな父のために30年も祈っているのですが・・・。家族の救いは、忍耐です。

ザアカイさん

たとえキチガイ扱いされても家族に福音を伝えている様子。いつか必ず家族が救われる日がきます。
あきらめないで、忍耐して祈ってくださいね。私も皆さんの家族の救いのために祈っています。

私は去年の十月前に、小羊通信の皆さんに尋ねました。
──もし、あと二週間ほどで突然世界が終わって私たちが地上から取り去られた事がわかったなら、皆さんは残された時間をどのように過ごしますか?と

覚えていますか?

つまり、ある意味地上の生涯が余命二週間と知った時の時間の過ごし方を私は皆さんにお聞きしたのです。詳しくは過去ログ参照されてください。

1973年から35年 去年の秋、何か不吉な予感でした。そしてあのような一連な出来事が起こりましたね。

今日は3月21日春分の日の次の日

どうしたのでしょう。世界野球は日本が一位で韓国をくだし、準決勝進出です。高校野球も始まり大相撲も中盤です。スペースシャトルも日本人飛行士が長期滞在。
世界の危機は去ったのでしょうか?いいえ、ちっとも物事は進展していません。それでも人々は危機感が薄れたように三連休を過ごしています。私は親戚の突然の入院で大変でした。

もし、あと数日で地上の生涯が終わるとわかったなら、こんな生活をしているでしょうか。

私にはわかりません。やはり、同じように木に水をやるのでしょうか。切迫感がない事を憂います。「しばらくしたなら戻ってくる主」がまもなく…

enejruさん、励ましありがとさんですm(__)m
そして、時が近づけば、神は誰かを通して、警告なり何なり、啓示することがあっても不思議じゃないと思います。いいじゃないですか、どんどん感じていることを書き込んでください。
私が言うのも変ですが、少なくとも、ここでは好きなことを書いていいです。たまに変なのがやってきて頭を痛めるときがありますが(笑)
私は聖職者でもなんでもないから、睨まれる人もいませんし。

>覚えていますか?

→ええ、アンちゃん覚えてますよ
私の周りを見渡しても、切迫感の「セ」の字もありませんわね・・・
もっともそれを言ったら私自身もまだ、大局観をもって世界と言うか霊界を含め全宇宙における神のシナリオを及ばずながらも、身の程も知らず「ウォッチしなくてはならない」と捉えつつ、わかっていても

「月末の支払いどうしよう?物質世界が続いている限り、家族くらいは食わせないとーー;・・・この期に及んでも、この世の義務も果たさないと・・・周りに迷惑はかけたくない」などと、目先の現実も見ている自分がいます・・・すんげえジレンマ感じます・・・

この世に未練があるわけではないのですけどね・・・「立つ鳥後を濁さず」というポリシーが捨てきれず。

こんにちは 兄弟姉妹のみなさま。(*^-^)
モトイさんがおっしゃった、白黒はっきりした時代になった方が。。。に同感です。
少しでも多くの羊飼いのいない、行き場の無い子羊たちが救われますように。

わたぴーさんもよく取り上げられる、さばきと救い。。厳しい艱難の中で救われる人がたくさんいるだろうということに期待し前もって、神に感謝したいです。 
リバイバルが実際どの程度広がるかはわかりませんが。。。
そのために2人の証人の大きな奇跡があるのかもしれません。。
イエス様の約束されている、明るい未来に期待します。ヽ(´▽`)/


ども、わたぴ~です。(^-^*)

なんだか超お久しぶりな感じですが、なんとか生きてます。(;^_^A

アンさんへ

>私は去年の十月前に、小羊通信の皆さんに尋ねました。

ハイ。しっかり覚えてますよ~。♪(* ̄∇ ̄)/
世の中は神様の言葉から目を逸らそうと躍起になっているような昨今ですが、救いの希望があるということは、本当に感謝できますね。それより突然入院された親戚の方は大丈夫ですか?早く良くなるとよいですね。(^^)

enejruさんへ

やはり終わりの時代はサタンの惑わしも強くなりますから、不安も大きくなりますよね。(ルカ 8:12) しかし、神様は迷いやすい私たちを気遣ってくださり、ヨハネ第一 4:1の聖句を与えてくださっています。エフェソス 5:9~10、エレミヤ 10:23もご覧あれ。(^^)

サマリア人さんへ

>今は黙示録第8章の、半時間ばかりの静けさという可能性もあるという事ですか?

この辺は、改めて黙示録全体を考察した方が良いでしょうね。性急に手を置くことはお勧めしませんので。まぁ、ワタクシが言うまでもなく解かっておられるでしょうが。(^^;)

>白黒はっきりした時代になった方が

この辺も、神様による救いがどのように行われてきたのかを、聖書全体を通して振り返ってみると良いでしょうね。

神様は救いのために裁きを行われます。裁いた結果、救いがもたらされるわけではないと思います。ただ、救われる人がたくさんいるかどうかはわかりません。実はこの辺は書き出すとまた長くなるので、いつものごとく割愛ということで~。。(;^_^A(ああ、頼りないデモクリわたぴ~(--;))

バルナバさんへ

賛美歌の291・『主にまかせよ』、とても素敵ですね。ワタクシもすでにオヤジなので、ザアカイさん同様、涙腺ウルウルでございます。(´_`。) え?それだけ罪と埃まみれだって?当たっているだけに、更に涙腺ウルウル~。((TwT。)ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ) イスラエルと米国に関しては、常に外的な要因から流動的になりやすいので、引き続きウォッチですね。

モトイさんへ

中々モトイさんのブログのほうへコメ出来てませんが、ちゃんと見させてもらってますよ~。(^▽^)/ それにしても毎日更新とはスゴイですね~。それだけたくさん言いたいことがあるというお気持ち、よく分かります。

>鼻で笑われました。

あらら~、笑われちゃいましたか。鼻で。( ̄∇ ̄;)
ワタクシも今まで(といっても遥か昔)福音活動で、白い目で笑われ、後ろ指差されまくった事、数知れずぅ~。(*_ _) しかし、十分神様や聖書のことを理解していない一般の人たちならともかく、同じクリスチャンからとはキツイですねぇ。( ̄ω ̄;) ・・・といいつつ、ワタクシも同じ経験が(ワタクシの場合は携挙に関しての事ではないですが)。

クリスチャン同士で綱渡り的感覚の兄弟(姉妹)愛というのは、洒落になりません。あ~、やだやだ。ちょっと昔のトラウマ思い出してしまいました。w(゚ー゚;)w モトイさんもいろいろと、ワタクシたちの知らないご苦労も多いでしょうが、主にあるもの同士、何かお役に立てることがありましたら、いつでも気軽に言ってください。まぁ、あんまり大した事はできませんが。(;^_^A

ザアカイさんへ

お久しぶりでございまするぅ~。m(_ _)m

どうやらイラン国内では、アフマディネジャド体制への批判が噴出しまくっているようです。フランスではサルコジ暗殺に関する脅迫(閣僚にも)があったようですし、大規模ストも行われていますし、ベネズエラでは外資系銀行が国有化されると チャベス大統領が発表しましたしたね。

アゼルバイジャンでは大統領の連続3選を禁じる憲法規定の3選禁止が「廃止」されます。現大統領の父は前大統領(つまり親子2代の世襲政治)で、前大統領はKGBの要員としてロシアとの繋がりが強く、当然、国の位置からして、石油・天然ガスを輸送するパイプラインの重要な役割を持っています。

今回の米軍がイラク領空でイランの無人偵察機を撃墜していたことと、オバマの対イランに対する表明のギャップ。本物かどうか確認もされておらず、メディア側自身が重要視しないと言っているビン=ラディンのテープを、わざわざこのタイミングで発表すること。「アルカイダがやるぞ!=米国を中心に動くぞ!」ということなんでしょう。オバマ政権も、いろいろと自分たちの正当性を「印象づける」のに、躍起のようですね。これから先の事を考えると、番茶でもススって映画でも見るような気分にはなれませんが、生きるも死ぬも神様の御意志のままです。それが最も正しく、最も良い結果をもたらしてくださるのですから。(^^)v

わたぴ~さん、どもです。
いやいや、ご自分のブログを中一日のペースで、あれだけのボリューム書くわけですから、情報収集、吟味、分析と忙しいことでしょう。このコメ欄もわたぴ~さんがいたほうが、より一層盛り上がるでしょうが、ご自分のほうを優先してくださいまし。

いつもながらコメ読んで感じますが、見る目が慎重で冷静ですね。見切り発車が好きな私と対照的です(笑)
世の中益々魑魅魍魎としてきたことだけは確かで、私も記事書いていてつくづく思うのですが、相手の頭の中、心の中までは見抜くことは出来ませんわね。

実際、ウェブスター=タープレイによると、ブレジンスキー戦略は「イランを飛び越え、直接ロシアを叩く。イスラエルをスケープ=ゴートにしてもかまわない」と分析しているし。当然その分析が正しいのかどうかわからないし、ましてやブレジンスキーの頭の中などわかりません。
イスラエルがまんまと引っかかって、おとなしくやられるほど間抜けな国家なのか?という命題もあるし。なにせ2000年近く離散してたのにもかかわらず、滅びずにそのアイデンティティーを保ってきた民族ですからね(-_-;)・・・もしアメリカが裏切るようだったら、全米主要都市を火の海にするような気がします。聖書預言的に言っても、イスラエルは残りますし・・・そうじゃないと主イエスの再臨の場所がなくなってしまう?

ま、結果なってみないとわからないということなんでしょうか?しょせん予測、推測、仮説の域を出ませんけど・・・といって、逃げる(笑)

ども、わたぴ~です。(^-^*)

>ブレジンスキー戦略は「イランを飛び越え、直接ロシアを叩く。
イスラエルをスケープ=ゴートにしてもかまわない」と分析しているし

え、えらいムチャクチャですな・・・。(-_-;)
シリアは勿論、トルコにエジプト、サウジを中心とするアラブ諸国(一枚岩ではないですが)が黙ってないでしょう。ブレちゃんも焼きが回ったのか?あたしゃ、毎日目が回っとりますが~( ̄ω ̄;)

本来なら、ザアカイさんのように十分世の中の動きや流れを見た上で、これだっ!と思ったものを必要なだけまとめて書いた方が良いと思うんですが、何せワタクシの場合、ちょっとでもいろんな情報を多角的に~と思ってしまうので、いろいろ詰め込んでは長文になってしまいす。
ま、一言で言えばワタクシ、纏め下手なんでしょうねぇ。((((TT)

>ま、結果なってみないとわからないということなんでしょうか

ですね。聖書も基本、結果が出てから気付いたり理解できたりすることって多いですから。よこしまな奴隷が、「わたしの主人は遅れている」と言うような状態になってはいけませんが、熱意も行き過ぎれば「勇み足」になりますから、しっかりと地に足をつけていたいもんですね。(^^)

わたぴ~さん、どもです。

私もタープレイの本を読んだわけではないのですが、「おいおい?いくらなんでもちょっと過激すぎるというか、不可能なシナリオでしょう!!」というのが感想でしたよ(ーー;)・・・

>熱意も行き過ぎれば「勇み足」になりますから、しっかりと地に足をつけていたいもんですね。

→確かに・・・特に私の場合、フライングの常習犯なので(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/44380722

この記事へのトラックバック一覧です: イラン VS イスラエル-2:

« 2009年3月現在、すでに終末の7年に突入しているのか?~バルナバさんのコメに対する一考察 | トップページ | イラン VS イスラエル-3 »