2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 「YKKK」だって~ついでに新自由主義のおさらい | トップページ | 今日本の自動車産業に起っていること »

2008年12月19日 (金)

来年アメリカへは行かないほうが良いかもしれない

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-247.html

玉蔵さんのブログ

以下、その中にあった在日アメリカ大使館情報

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

電子渡航認証システム(ESTA)

米国国土安全保障省(DHS)は8月1日より、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)を開始した。この新しいオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部である。現在、ESTAのウェブサイトでは任意ので申請を受付けているが、2009年1月12日からは申請が義務化され、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航予定のVWP参加国のすべてのビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になる。

以上抜粋~

なんか嫌な予感がする。なんか企んでいると考えていいかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・

2008年9月に切迫したアメリカ経済の崩壊についての討論。
2009年2月のアメリカ政府の財政破綻。

↑何度か引用している、2008年3月13日にあった「アメリカ下院秘密会議」から抜粋。

9月の情報が本当だったことから、2月の情報の信憑性もかなり高いかもしれない。

なお、強制収容所が、今年1月の小石牧師の取材からして、おそらくは、今やすでに稼動準備OKかと思われる。ブラック=ヘリコプターの目撃情報も増えているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

そしてビッグ3(GM、フォード、クライスラー)が、事前準備型の連邦破産法11条、日本で言う民事再生法適用の可能性が高くなりつつある。リーマン=ショック以上のインパクトになるかもしれません。

そしてFRBが、FFレートを0-0.25%と、いよいよもってジョーカーを切ってきた。ゼロ金利政策です。これで日米金利差が逆転したから(日銀も先ほど短期金利を0.1%へと利下げしたようです)、ドル離れが加速するでしょう。一時的な現象かどうかわからないが、事実ここに来てユーロも値を上げているようです。

原油価格も40ドルを割って、ロシアが怒り狂っているのかどうかわかりませんが、軍艦がソ連崩壊後初めて、23日までキューバへと寄航するようです。これも気になる。

ちまたさまざまな予測や予言がネット上に溢れていますが、私は聖書預言と直近的にアメリカにこだわりたい。

時期の特定は難しいかもしれませんが、方向性はあっていると思うし、それほど時間に猶予があるとも思えません。

今起きている現象は、戦後63年を経て、一つの時代の終焉へと向かっているのではないかと思われます・・・そして一つの歴史が終わり、新しい歴史が始まる時、《そして今の時代は、第二次世界大戦前とそっくりではないですか(と言っても実体験はありませんが)》、バブルの崩壊と戦争があったことを忘れてはなりません。そのようにして、サタンは寄生体を変えながら、人類に取り付き、覇権国家が移り変わってきました。人類は我々が考えているほど、その本質においては進歩してません。ドバイのバブル崩壊など、バベルの塔の現代版ではないですか。人間は懲りない生き物なのです。

そして現代の覇権国家=アメリカの終焉が目前に迫っている気がしてなりません・・・

第一のラッパが鳴るとき、現代のバビロニア帝国=アメリカが終わる時となるのではないでしょうか・・・個人的には、内戦から崩壊するとは思えません。それほどマヌケな国じゃないでしょう。そのあと、サタンの最後のあがきとして、ヨーロッパと中国へと「かえるの様な霊」が取り付くのではないかと考えます。そのためには、アメリカが戦争で、ある程度破壊されなければありえないから。

そういうわけで、個人的には、しばらくアメリカ(それとカナダ、メキシコ、イギリスも?)へは行かない方がいいと思う。

それからでしょう、神の国の預言が成就するのは・・・どうも最近、ワタクシ、揺るがされ、悪態ついて、「もう限界!信仰などやってられっかい!」とサタンがやってきて、耳元でささやく事もしばしば・・・

でも、仕事は青色吐息、この世の娯楽は貧乏になってしまって、You tube で音楽聴くくらい・・・少しばかりの捨てきれないプライドと自尊心はズタズタに切り裂かれ、今の自分に残っているのって、教会とブログくらいのもので・・・

結局は「信仰」を捨て去ると、今の私には何も残らず、廃人となってしまうわけで・・・からし種程度の信仰でも残っているうちは、書き続けようと思います。何でこうなるのでしょう?何でこんなことやっているのでしょう?つぶやいてばかり・・・わからないことだらけです・・・(涙;)

« 「YKKK」だって~ついでに新自由主義のおさらい | トップページ | 今日本の自動車産業に起っていること »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、こんばんは。
昨日、テレビを見ていたら、この3ヶ月間に自動車関連会社やその下請け会社が劇的に悪化し、解雇される人の話を見ました。
高校生の受験生をかかえどうして生きていけばいいのか・・・と放心状態の顔をしていました。
これから、ますますこういう状態の方は増えると・・・。
ザカイアさんの仕事も青色吐息とのこと。仕事が圧迫され、大変でしょうが必ず主が来られるまで守られます。
サタンの囁きに耳をかさず、主だけを見上げていて下さいね。

 私が若かったときも、また年老いた今も、正しい者が見捨てられたり、その子孫が食べ物を請うのを見たことがない。(詩篇37・25)

私が経済的試練にあっている時(現在も・・・)、給料日前日、本当にお金が枯渇してしまい、夕食の魚が私一人分足りませんでした。
(一日ぐらいちょうどダイエットになっていいわ)と思い、料理をしようとしたとき・・・。
一本の電話。兄からでした。
「今朝から船で釣りをしていたんだけど、大漁で食べきれないから、持って来る」
それから15分ほどして兄がやって来ました。
大きなクーラーボックスが二つ。氷づけにされた大きな(15~20cm)の「いさき」という魚がそれ一杯入っていました。
私は、ボウルに一番大きな魚を4ひき貰いました。
私、家に帰ってから泣いていました。主が朝から兄に釣りをさせて、私に必要な食料を備えて下さったことに感動して・・・。
聖書で網を下ろした弟子たちが、網が破れるほど大漁だった記事を思い出しました。(ルカ5・4-9)
タイムマシーンがあったら、ザアカイさんにも見せたあげたかったです。(笑)
神様はがこんな小さな者に必要な物を備えて下さることを知るとき、生きて働かれる神様を賛美せずにはおれません。
それから、お刺身、魚の煮付け、塩焼きと豪華食卓となりました。(笑) (詩篇81・16)
1980年代、主はジョージ・ミュラーの祈りだけで2000人の孤児を養いました。
この暗い谷間にある現代、昨日も今日も変わらない主は同じように主により頼むものを決して見捨てないと信じます。
ですから、試練の中にある兄弟姉妹の方々、まもなく来られる主に最後まで信頼してください。
主の助けは必ずあります。(マタイ6・33-34)(イザヤ50・7-9)
この主の助けを思い出すたびにうれしくなります。

  http://www.dr-luke.org/Encourage/encourage13.html

こんにちは
今年もいよいよカウントダウンですね。艱難の時へのカウントダウンでもありますが。\(;゚∇゚)/   

スランプに陥るとどうしても過去を振り返ってしまいますね。
恵まれた過去と比較し失望し前に進めなくしたり、罪深かった過去を思い出し不安を思い出させ、罪や苦しみから逃れられないと錯覚させる。。(それは私です。。)
キリストと歩めないようにするサタンの働きと私たちの神への信仰の戦いですね。。

人は、時に無力さを感じないと、自分の能力を過信してしまいますから。。
苦しみも神を頼れる時である!と認識して、苦しみを喜びとするという聖書の教えをいまは、そしてこれからは増々感じるのでしょうね。
以前も話題になりましたが、過去を振り返らず、周りの環境に惑わされず、キリストと共に前に進んでいくことが大切ですね。(*^-^)

>「信仰」を捨て去ると、今の私には何も残らず、廃人となってしまうわけで・・・からし種程度の信仰でも残っているうちは、書き続けようと思います。

ザアカイさん、昨日コリントの第1の手紙を読みました。
12章ではキリストの教会(クリスチャン)について述べられています。
13節には *わたしたちはみな。。。一つの御霊によって一つの体となるようにバプテスマを受け、そして皆一つの御霊を飲んだからです。(私はまだバプテスマを受けていませんが。。( ̄Д ̄;;)
25節 *体の中に分裂がなく、それぞれの肢体が互いにいたわり合うためなのです。  
私たちはそれぞれ、目、耳、手、足、それぞれの役割を果たしているのであって、どんなにすばらしい賜物を持った人でも、一人では完成されずにたくさんの小さな肢体が補い合って完成するものです。 もちろん使い過ぎによって、肢体に支障が生じることもありますので、適度な休息も必要ですね。
ザアカイさんも、皆さんも、時々趣味などで気分転換をされて、睡眠もきちんととれますように。
主の再臨の前に皆さんとお会いすることはなくとも、祈りによってつながっていると
私は感じていますよ。 (*^-^)

enjeruさん、こんばんは。
いつも素晴らしい証しの数々、本当に感謝です!あなたは本当に主に愛されているのですね。まあ、私も暖かい布団で寝れるだけ幸せです・・・

それにしても、連日テレビやラジオでは派遣切りや自動車不況のニュースばかりで・・・私が少しもこの世的に成功していて、そこそこ忙しいならば、若くてまじめそうな青年の一人や二人助けて上げられるのに・・・などと考えると、やはり・・・やり切れませんね。自分の無能ぶりが恨めしくもなります・・・それがきっかけで追い込まれ、私みたいに教会へ行くようになる人間もいるのですが、秋葉原の加藤青年みたいに、そのまま失われる人もいるわけだし・・・私ではその真髄は、残念ながらわかりません。

紹介されたHP見てきましたよ。ありゃ良いかも!後でじっくり読もうと思います。

サマちゃん、こんば・・・いや、ドイツはお昼頃かな?

私もまだ、クリスチャンとしてのキャリアは、経験少ない20歳くらいのレベルですが、楽じゃないと感じます・・・おっしゃるように時にはスランプに陥り、不信感に苛まれ、道を誤ってはいないか?などと、まるで出エジプトのイスラエルの民ですわねえ(-_-;)。

>私たちはそれぞれ、目、耳、手、足、それぞれの役割を果たしているのであって
>主の再臨の前に皆さんとお会いすることはなくとも、祈りによってつながっていると私は感じていますよ。(*^-^)

→本当ですね。私もブログ始めて、2年と4ヶ月になりましたが、こうして続いているのも、皆さんの励まし、祈りの力が大きいと思ってますよ。情報提供と警告で始めたのが、こうして多くの信仰の友と出会えたのも、祝福なのかもしれません。人間的にもだいぶ矯正されて、寛容で丸くなりましたよ(笑)。

ども、わたぴ~です。(^-^*)

チョッと風邪引き&年末の仕事大忙しで、フラフラ~ズンドコしてました。(__|||)

薬も免許証も飛行機搭乗もカードも、いろんな所で「ICチップ」が導入されるようで、将来的には登録関係全部がそれで埋め尽くされそうですなぁ。アメロ紙幣も、あの写真が本当なら十分有り得るでしょう。原稿紙幣の偽札が出回るのが当たり前となり、99.9%本物に近い(いや、本物と呼んでもいい)ものがすでに大量に出回っているそうで、機械でも判別不可能だそうです。

それはそうと、あのアメロ紙幣。写真一番手前の100$紙幣のデザインになっている建物が気になりますが・・・。( ̄ω ̄;)

>若くてまじめそうな青年の一人や二人助けて上げられるのに
>自分の無能ぶりが恨めしくもなります

誰かを救うことが出来ても、それが一時的なものであることは、クリスチャンであれば判り切っていることだけに、余計に自分の力の限界を感じてしまうのでしょうね。( ̄~ ̄;)  かといって、根本的な解決が人間の力で出来るわけでも無し・・・。派遣切りや自動車不況のニュースも大変深刻ですが、決して対岸の火事ではありませんからね。とりあえず仕事があるだけでもラッキーかも知れません。ワタクシの場合は、自分にとって遣り甲斐のある仕事でないと、すぐにドロップアウトしたがる根性無しなのですが、不思議と今のところは大丈夫そうです。(ヾ(-_-;) オイオイ... )

>私もまだ、クリスチャンとしてのキャリアは、経験少ない20歳くらいのレベルですが、楽じゃないと感じます・

神に喜ばれたいという思いが強くなればなるほど、現実問題として、この世の価値観とは離れていく部分が多くなってきますから、楽じゃないことは仕方ないのかもしれませんね。(; ´△`) しかし、それがあるからこそ、自分自身の弱さを知り、神により頼む大切さを繰り返し学べる機会が得られるのかも。(。・・。)

>少しばかりの捨てきれないプライドと自尊心はズタズタに切り裂かれ

これも神の恩寵(神の選び)によるものかもしれませんね。神の選びだけはどうして人が理解できるものではないようですから、感謝して受け取るしかありません。砕かれる必要があるということは、神様がきっと「次の一歩に進みなさい」と期待してくださっているのかもしれませんね。(*'∇')/

>結局は「信仰」を捨て去ると、今の私には何も残らず、廃人となってしまうわけで

ワタクシも放蕩息子の代表格(?)ですから(゚∇゚;) 気持ちは良く分かります。・・・で、僭越ながら、そんなワタクシの経験から。

表現的に語弊があるかもしれませんが、ワタクシも鬱の時は、ほとんど廃人同様の生活でしたが、信仰から離れていようといまいと、どうせ廃人になるなら、「神の子」として廃人になった方が良いです。信仰が無ければそれで終わりですが、信仰のうちにあるのなら神様が支えてくださいます。サマリア人さんが、「スランプに陥るとどうしても過去を振り返ってしまう」と言われていましたね。そして自分の罪深さによって、「信仰者としてふさわしくない」とか「神に愛されていない」と自分で判断してしまうと。その通りだと思います。その一方で、神に愛され支えられてきた人生も振り返ることも同じように出来るかと。

「信仰」を捨て去るというのは、ハッキリ言って「無理です」。ヽ(^-^ )  
捨てたつもりになっただけで、実際には事あるごとに「これは神様を悲しませるだろうな~」とか「これは神様から見て良くない事だ」などなど考えが巡り、肝心なところでは必ずといっていいほど「神様が顔を出し」ます。( ̄▽ ̄;) まるでヨブ記のように神様が追っかけて来ますから。

>何でこんなことやっているのでしょう?わからないことだらけです

ワタクシもそれはよく思いますね。自分に役割があるのかないのか、救いの道を歩めているのかどうか。「今は」理解できなくても、神様の御意思と思える事柄を地道にやって行くしかないのでしょうね。ワタクシも拙いながらブログやってるおかげで、学びと信仰の助けを得られ祝福されていますから。(*^O^*)
(相変わらず、ヘッポコデモクリですがねぇ~。( ̄▽ ̄;) )

みなさんこんにちは。ここではそれぞれが思ったことを本音で言い合えるのが良いですね (^_^)

わたしは まだ、まだ、信仰が薄いのでしょう。世の理不尽なできごとに憤りを感じたり、一喜一憂したり不安になったりすることが しょっちゅうです。

「どうして、あなたはそんなに恐れるのか。なぜあなたは信じないのか、 あなたの信仰はどこにあるのか、」 と言われた。イエスの言葉を思いだします。

神は人の弱さを よくご存じなのですね。

どんなことがあっても、最終的に神の愛と救いが成就するのだからを信じて、生きるのですね。み心によって生かされるでしょう。そんであとは人知を越えた神の予定調和におまかせします。

わたぴ~さん、どもです。そうですか、風邪と多忙でしたか・・・無理しないで下さいね。

示唆深い内容のコメありがとうございました。確かに我々では、メシヤにはなれるはずもないのはわかっていても、やはり困っている人、苦しんでいる人をただ傍観するのは、忍びないですね・・・他人事でないだけに、余計です。

>捨てたつもりになっただけで、~肝心なところでは必ずといっていいほど「神様が顔を出し」ます。

→今のところ、そんな感じですね(^_^;)・・・理屈じゃないんですわね。ホセア記に見るように、浮気ばかりして、不倫好きな女でも、一度選んで愛してしまうと、未練がましくきっぱりと切り捨てることって、なかなか出来ないのと同じですね・・・って、たとえとして、ちょっとズレていますが、言いたいことは伝わったかと(^_^;)。

注:私のことではありません(笑)

使徒さん、こんにちは。
使徒さんだけでなく、みんなそうですよ。世の中理不尽で、わからないことだらけです。どんなに砕かれたつもりでも、自我はなくなりませんから。また、まったく失くす必要もないと思います。意志を持つ一個人でいいと思います・・・ロボットじゃないんですからね。
問題はそこから先なんでしょうけど・・・「一切を主に委ねよ」と、口で言うのは簡単ですけど・・・私は全然出来てません(涙;)

ども、わたぴ~です。(^-^*) 

>まるでヨブ記のように

あ、・・・ヨブ記じゃなくてヨナ書だ。訂正訂正(^^;)

やっぱりお疲れですなぁ。(いや、単にヘッポコです。ヘロロ~( ̄▽ ̄;))

こんにちは
enjeruさん、DrLukeのKingdomfellowshipのサイト、自分も以前よく見ていました
とくに、聖書に関するキーワードの解説が中立的でわかりやすくて、勉強させてもらいました。
ただ、彼の個人的ブログに書かれている自称「ヨタ話」にはなかなかついていけないものがあって・・・わからないことがあって勉強したいときだけ見ています

ザアカイさん、これだけ景気が悪くなると不安でいっぱいになりますよね
自分も仕事休んでしまっているので、先のこと考えるとたまらなくなります
自分の場合、わたぴ~さんと少し違うみたいで、精神状態が悪くなると、やたら頑張りすぎて行き詰って自爆して落ち込んで・・・の繰り返しです。新型うつ病とか燃え尽き症候群とか、ってやつでしょうか
今も休んでいるにもかかわらず、車の買い替えとか田舎の物件を探したりとか・・・やりすぎてわからなくなって時々いらいらが爆発してしまったりしています
それから、世界の情勢がはっきり艱難だとわかるように進行していれば信じることもたやすいんでしょうが、一見まだ持ちそうに見えたり急に悪くなったりの繰り返しで・・・忍耐を強いられますよね

ただ、今自分レビ記に差し掛かったところなんですが、前にも書いたんですが、主がパロを何度も何度も打たれたのは主の栄光と力を皆が知るようになるためだったように、主のみ力を教えていただくために自分も今の世の中も何度も何度も打たれ続けているんだろうなと感じます
買い物で迷って悩みまくったときなんかも、不思議とそのあとにうまくいったりしました。こうやって少しずつ信仰を育てていっていただいているんだろうな、と思います
ヨセフもそうですしエジプトから連れ出されたイスラエルの民もそうですが、主が憐れみをおあたえになる前には苦難や試練があることが多いんでしょうね
それと、教えていただいた出エジプト後半からレビ記にかけての延々と続く細かい定めの記述、買い物で悩んでいる際に時間が与えらえ、出エジプトのほうはすんなり読むことができました
何となくですが、定めを守ることの大変さ、その大変さから解放してくださったイエス様の愛、そして主のみ前での自分の存在の小ささ、罪深さなど感じました

よく思うんですが、主が祈りを聞きとどけられるときのタイミング、焦っているときは遅く感じられ、のんきに構えているときは案外速かったりするように感じます

この場にふさわしい聖句じゃないかもですが、自分の乏しいみ言葉の蓄えの中から・・・「彼はまた聖徒たちに戦いをいどんで打ち勝つことが許され、また、あらゆる部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。地に住む者で、ほふられた子羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。耳のあるものは聞きなさい。とりこになるべき者は、とりこにされて行く。剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。ここに聖徒の忍耐と信仰がある(黙示録13:7~10)」

たろさん、こんにちは。示唆深いコメ感謝です、また聖書の通読が順調のようでなによりです。

>世界の情勢がはっきり艱難だとわかるように進行していれば信じることもたやすいんでしょうが、一見まだ持ちそうに見えたり急に悪くなったりの繰り返しで・・・忍耐を強いられますよね

→おっしゃるとおりですm(__)m。そこにブロガーとしての私も、苦悩が存在するわけで・・・これで何もなかったら(いや、別に災害の類を期待しているわけじゃありませんが)まるでピエロですからね・・・覚悟して希望を抱き、備えているわけで、伊達や酔狂でやっているわけじゃありませんからね。預言者じゃなくとも、最悪、人を惑わした罪で裁かれかねませんから(涙;)。

提示してくださった黙示録の箇所のように、すでに忍耐と信仰が試されている気がします・・・多少、ストレス耐性と免疫がついたとはいえ、正直言ってきついですね。

バルナバです。
クリスマスの愛餐会がさきほど終わりました。
今日のクリスマス礼拝には30人ほど集まりインターナショナルなクリスマス会になりました。
まるで御国の様です、下は0歳から上は80歳以上の方まで。本当に恵まれた礼拝でした。
少し食べ過ぎましたが血糖値はギリギリセーフで感謝しています。
今年も後10日ですね、思えば新しい同志も与えられて感謝な年になりました。

バルナバさん、こんばんは。報告ありがとうございました、恵まれた祝会だったようですね。目に浮かぶようです。

>今年も後10日ですね、思えば新しい同志も与えられて感謝な年になりました。

→私としても、今年一年間、ブログ活動をして最大の収穫はこれだ!と感じます。コメ欄がコミュニティー機能をよく果たしてくれましたから。

おはようございます。バルナバです。
 こんな人生もあるんですね
私から皆さんに贈り物です。
http://jp.youtube.com/watch?v=WvqnwiPsS08&feature=related
(奇跡の大逆転人生)

アンです。
荒野の果てに夕陽が落ちて、妙なる光あめより降る、グローオオオオ、グローオオオオ、グローオオオオ リア

いよいよクリスマスイブイブイブです。


ザアカイさん、聖なる巻き物の封印は開かれています、あとはラッパ待ちでしょうか?

http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww2.biglobe.ne.jp%2F%7Eremnant%2Fshumatsu02.htm&hl=ja&source=m

神さまは 今あらゆる組織や個人を揺さぶっておられます。企業を宗教を政府を学校を家庭を個人個人を…
このまま私を無視した生き方をしていたら、とんでもないことになるぞ、ハデスに堕ちる前に、悔い改めなさい!と
今起こっていることは、主の到来前にマラキが予言した凸凹道を真っ直ぐにする業だと思います。神はあらゆるものを揺さぶっておられます。それは彼らを滅ぼす為ではなく、彼らに悔い改めのチャンスを与えるための主の慈悲によります。

♪慈しみ深い友なるイエス…すがれただちに
信仰とは自分を見ないで、周囲を見ないで、問題を見ないで、神さまに「すがりつく」ことではないでしょうか?
イエス様ムギュ!

バルナバさん、こんにちは。

見てきましたよ、涙ちょちょ切れ物でした。ええ~、ただ私の場合、何の取り得もないダメおやじなので、あのようなことは有り得ないかと思われますので、神の逆転現象を期待する次第です。見方によっちゃ、あまりにも情けないですが(涙;)。それにしても良い助け手に恵まれたようですね。

アンちゃん、ども。

これまた、見てきましたよ。封印とラッパ、鉢の理解はまったく同じでした。久保師の解説も、細かい点はともかく、大枠では納得できるものでした。
ただ、100点満点の黙示録解説が出来る人って、正真正銘の終末の預言者くらいでしょうから、これはたとえ自分と理解が同じだとしても、割り引いて考えないといけませんね・・・残念ですけど、人としての限界を感じます。

やはり課題というか論点は、その時期と期間の特定ですね・・・頭痛え・・・

ザアカイさん。
私たちの最後は勝利の大逆転ですよ。

昨日、私初めてバッハローを食べました香辛料
が効いていてやわらかく煮込んだ肉は本当においしくて、
ターキーの丸焼きにお寿司とケーキやパイなど等皆さん
本当に沢山持ち寄り、食いしん坊の私は大変満足しました。
いやー、主にある兄弟姉妹て本当にいいですね。

バルナバさん、わたしなんか オーストラリアのワニの肉食べましたよ♪

他にもゲテモノ食品を少々…さすがにホヤ貝の生臭さには…でも食べました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/43465875

この記事へのトラックバック一覧です: 来年アメリカへは行かないほうが良いかもしれない:

« 「YKKK」だって~ついでに新自由主義のおさらい | トップページ | 今日本の自動車産業に起っていること »