2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 777は神による裁きのサイン? | トップページ | 次期副大統領候補=バイデンが予言をしたそうな »

2008年11月 7日 (金)

米大統領はバラク=オバマになったけど

NYDJの500ドル近い暴落(二日続けての爆撃)とイスラエルのガザ地区攻撃のメッセージ?とともに、誕生したバラク=オバマ次期大統領・・・次期というのがミソでもあります。

また、ロシアからは

ロシアのメドベージェフ大統領、新ミサイル「イスカンデル」を配備すると表明 (VIDEO 3:48)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00143648.html

「これはNATO側にとっては、非常に厄介なものです。
逆に言えば、ロシア側は巧妙な手を打ってきたわけですね」と語った。
実はこのイスカンデルは、今、アメリカも確実な迎撃手段を持っていないという。
通常の弾道ミサイルは、ほぼ垂直に打ち上げられ、高高度から落下してくる。
しかし、イスカンデルは、高く飛ばない弾道でも飛ぶことができる。
軍事評論家の岡部いさく氏は「ポーランドに配備予定のアメリカ本土防衛用
ミサイルは、イスカンデルに対応するものではありません。これを迎撃するには、PAC3迎撃ミサイルが必要で、現にポーランドもそれを求めているんです」と語った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

との情報が。

正直なところ、「何が起ったの?本当に選挙に勝っちゃったよ!ギョエ~!」というのが、私の偽らざる感想です。まあ、世界的な金融危機が共和党政権にNO!を突きつけ、あまりにも圧勝だったため、ブッシュの時みたいに、投票箱をフロリダの海に投げ捨てたり、電子投票で八百長しても焼け石に水だったのだろう、くらいはわかる。

昨日コメ欄にも書いたとおり、何がどうなっているのかわからない、一体連中は何を考えているんだ?とインテリぶらずに、ネット上で「能無し」と言われるのを覚悟で申し上げたい。

そしたら太田龍氏の「時事寸評」にもありました。

>◯産経新聞、平成二十年十一月六日、第一面と第二面に古森記者の論説がある。そこで、古森記者は、「オバマ大統領」について、身のすくむような未知、と言った趣旨のことを述べている。

◯日本のマスコミ上に出現した、米国大統領選挙についての大量の記事、論説の中で、なんらかの意味のあるものは、この一件のみ、であったろう。

◯古森記者は、国際情勢の分析の何十年かのキャリアがある。しかし、この人がいくら考えても「オバマ」が本当に米国大統領に当選してしまったそのことが良く分からないようだ。彼のようなベテラン国際記者に分からないことが、普通の日本人は分かるわけがない。

◯「二〇〇八年十一月四日」は、米国史にとって、最大級の意味を持つ歴史的事件が起きた日である、などと言はれる。

以上一部抜粋~

(-_-;)・・・私が救いようのないバカ、脳足りんなのではなかった、これが本当のところで、普通なのだということがわかりました。よかった、よかった。

あまりにも情報が少なすぎます。ケニア出身の黒人の父親と白人の母親との混血。隠れムスリムで、インドネシア在住が長かった事。上院議員を、一期わずか4年で大統領と・・・

かと言ってこれで終わっては、何のためのブログかわからない!ということで、私の手元にある情報では

○ ネオコンの首領=チェイニー副大統領と親類関係にあるらしい。

○ ウェブスター=タープレイという、アメリカの新鋭の陰謀研究家(と言っていいのか?)によると、オバマの背後にはイルミナティ直系のブレジンスキーがいて、イランを飛び越え、直接ロシアと対峙する道を選んだらしいという事。

93f804f0fb78fde07949f966a9ab7059

名前から言っても、見た目もユダヤ系の大物です。

○ 大統領主席補佐官がラーム=エマニュエルと言う人物に決まりそうだと言う事、ほぼ決定か。クリントン政権で政策顧問を務めた人物らしい。この人もユダヤ系・・・

2008110700000830reuintview000

この二人の人物が鍵を握るのだろうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とまあ、こんなところですが、何となくシオニスト政権の臭いが(ーー;)・・・基本路線は何ら変らないんじゃないのか?ということは、ブッシュ・ネオコン政権がどさくさ紛れに何かアクションを起こさないで、仮にスムーズにオバマ民主党政権に移行したとして、基本路線は変らないと私は考えます。よって、私の終末予測も路線変更なしとしておきましょう。

かえって、オバマの方がマケインよりも操りやすいのかもしれません。副大統領にはバイデンが控えているし、想定の範囲内なのかもしれません。この人もユダヤ系・・・クリントンの時もそうでしたが、民主党政権は露骨ですね。

おそらくですが、金融危機は年末年初にかけて、激しいものとなるでしょう。新政権が、ブッシュ一味のやった悪事を暴く事が出来れば上出来でしょうか。そしたら内戦?というシナリオもありか?

何が起っても不思議ではないという考えは変りません。そして世界的な危機は、去っていないと思う。個人的にオバマが救世主的に世界を変える、大化けする可能性も私は見ません・・・

15日にはワシントンDCで世界首脳会議があるし、マーケットは相変わらず振り幅が大きい。なにより実体経済の悪化のスピードが驚異的だと言えます。あのトヨタですら、単体のトヨタ自動車(ダイハツ、日野自動車を除く)だけなら、赤字転落のリスクがあるそうなので、いかほどかというのがわかります。
目を覚まして霊的備えを持って、歩まねばならないと言う状況は何一つ変ってません。それどころか、日々、時は近づきつつあると言った方が正しいかもしれません・・・

最後に黒幕の写真があって、オバマさんの写真が無いというのもなんですから、オバマさんの写真です(^_^;)

Rtr200811050198

* 上記二人と違い、見た感じまだサタンの毒が全身に回っているようには見えませんが、それだけに胸騒ぎがします・・・暗殺されなきゃいいですが・・・

« 777は神による裁きのサイン? | トップページ | 次期副大統領候補=バイデンが予言をしたそうな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん  こんにちは
さて。。イギリス。。アメリカと並んで、ビッグブラザー(監視国家)にますますなっていくようです。
日本のニュースでは知らされているかわかりませんが、数十億ユーロをかけて、Black Boxes とよばれるシステムにより、コミュニュケーション手段、電話、携帯、メールを監視して、中央データバンクに内容を保存するシステムを構築する予定という。。ことです。
勿論、公共の外部の?論議なしに実行しようとするのでしょうかね。。。
英語に詳しい方は"Interception Modernisation Programme" (IMP) で検索するとわかりやすいかもしれません。 勿論、名目はいつものように。。テロリストのコミュニケーションを監視するというものですが。。(;;;´Д`)
空港の物々しい身体検査に、ビッグブラザーシステムなり。。。英米は露骨ですね。
たぶん。。ロックフェラーのやり口は、英米とその権威にかかっている国々で行われるのでしょうかね。
ちなみに、イギリスの幼稚園や学校は、ドイツと違いまるで刑務所のように警備が厳重のようで..

ドイツは、政府も、全身スキャナーの空港検査に反対していますし、やはり。。ドイツ、フランスなど大陸ヨーロッパがロックさん流の下品な(露骨な?)やりかたを好まない。。かえって市民に危険性を気づかせないと言う、あるいみ巧妙な、ロスチャイルドの権威(縄張り)にまかされているのでしょうかね。

サマちゃん、情報感謝です。
日本のメインストリームメディアでは、おそらく報道されていないでしょうね。英米はやはり、一つの国家と見るべきでしょう。このまま行ったら恐ろしい未来=ネオ・ファシズム監獄国家になりそうな気がします・・・そうならない為に、混乱が許されるのでしょうか?どちらに転んでも、苦難を覚悟せねばならないのでしょうが、私的には・・・創造的破壊、生みの苦しみの方を選びますが・・・

ザアカイさん、ほんとうに嫌な世の中ですね。。
できれば、クリスチャンの皆さんには、アメリカやイギリス(オーストラリアなど傘下の国も?)には
仕事なり、留学なり長期滞在は避けられた方が良いかもしれません。
現在住んでいるかたには、神様のご加護をお祈りするのみです。。
将来、他の先進国より、迫害がひどくなるかもしれませんし、言いがかりをつけられて逮捕されるか。わかりませんからね。。(@Д@;
勿論、日本やドイツが必ずしも安全とは限りませんが。。1、2年後のことを考えると。。まだましかもしれません。

オバマ政権どうなるのでしょうかね。といってもあと2ヶ月半後に始動ですが。。。
戦争は、できれば避けてほしいですが。。とくにロシアや中国がアメリカと戦えば、日本はただではすまないでしょうし。。。しかし、そこまで神が苦しみをやむを得ず、許されない限り、神の方に目を向けれない日本人を含め、人々の鈍感さを正せないのかもしれませんね。

>将来、他の先進国より、迫害がひどくなるかもしれませんし、言いがかりをつけられて逮捕されるか。わかりませんからね。。(@Д@;

→将来どころか、「今月はアメリカに行かない方がいい。FEMAキャンプに収容されるかもしれないから」などと!ブラック=ジョークか?言っている人までいます(-_-;)・・・

>戦争は、できれば避けてほしいですが。。

→それは誰しも願う事ですよね・・・何も残らないから。
でも人類の歴史から言うと・・・目が覚めないのかな・・・

>しかし、そこまで神が苦しみをやむを得ず、許されない限り、神の方に目を向けれない日本人を含め、人々の鈍感さを正せないのかもしれませんね。

→そうなのかもしれませんね・・・ただ日本人の場合、積極的に背教に加担しているというよりは、神を知らないでいるという人のほうが多いのが、せめてもの救いでしょうか・・・

それから、それから、場面は変り

eさん、もし読んでいたら
「お気遣いありがとう
 風邪が早く直り
 豊かな溢れんばかりの平安が
 日々注がれますように」と
悪徳取税人が申し上げていましたぞ(笑)

早いもので、今年ももうじき終わりですね。

『にせ預言者が現われて、 できれば選民をも惑わそうとします、しかし、驚くには及ばない。サタンも光の天使に擬装するのだから。 だから、たといサタンの手下どもが、義の奉仕者のように擬装したとしても、不思議ではない。』 コリント

2001年 9,11テロルから始まったテロ戦争。そして、7年後の今年9月リーマンショック(金融危機)を追い風にして選ばれたオバマ新大統領、タイミングが良すぎて何かのシナリヲ通りのように思えなくもないですが...

彼が何者なのか まだわからない。ただ、サタンも光の天使に擬装するのだから、と聖書は言ってるから...米国民もオバマ、オバマって浮かれてばかりもいられないかもしれない。>彼が羊の皮をかぶった狼だったりしたら怖いね!

時期が時期だけに、ひょっとして彼が合衆国最後の大統領になんてことも、2012年にはアセンションがあるとか、最後の審判があるとか、携挙があるとか、いろいろ言われてるけど・・真偽のほどは別として逆算すると、オバマ新大統領が本格的に始動する来年ごろから 世界は最後の艱難3年半に突入するのかも知れないなんて・・・それでは、みなさんお元気で。 使徒


本当に2008年もあとわずかまで来てしまいました。今年も「予測外しまくり」だった私です(涙;)・・・って、まだ早いか?
でも時は、一定の方向へと流れている気はします・・・

ザアカイさん こんにちは^^

巷で評判だったオバマさん。見事に大統領になりましたね。
なんだかきな臭い噂がちらほらと、そこかしこから聞こえて来ますがこの方も黒い方々と結びついているんでしょうか?

「コインには二つの面がある。それが俺達さ。組織とCIД、つまり同じコインの表と裏だ。」(byサム・ジアンカーナ)

結局、私達は誰かの手の上をただ右往左往歩かされているだけなんでしょうね。。。(^-^;

はじめさん、どうも。

「オバマもしょせん連中の手駒の一つだ」とか
「いや!オバマは大化けする!ケネディーの再来だ、演説を聞く限りそう感じる」など(^_^;)・・・

ただ一つ言えることは、多くの一般的なアメリカ市民は、オバマに「過度なる期待をしている」という事実でしょうか・・・
これが裏切られた時が恐い・・・と感じます・・・って、それが狙いだったりして?

このままおとなしく政権移行が行われる保証もないですしね。

陰謀論を抜きにしても現在進行している全ての流れは「世界統一政府」へと向かっているでしょう。
金融危機も全方位主義のオバマも核戦争の恐怖も環境ブームもテロとの戦いもグローバル経済の進展も全ては「世界の一体化」へと向かう力となっています。
2012年頃までには新しい「世界連邦」の形が浮かび上がってくるのではないでしょうか?
中小規模の核戦争はあるかもしれません。いわゆるハルマゲドン。
いずれにせよ人類の家畜化と世界統一政府の誕生は陰謀論を知らない人でもある程度納得できるだけの要素が現代世界には溢れていますからね。
個人的にはCERNの実験が鍵かと。量子コンピュータの誕生が新しい世界秩序をの創造を促進する触媒となりましょう。
いわゆる「神の子羊」という概念は人類家畜化とリンクするものと思われます。
当方クリスチャンではないので、キリスト教に関しては中立の立場ですのであしからず・・・

引用 John Hudson 2005年10月05日

 オーストラリアの物理学者チームが、光を結晶の中に一時「止めておく」ことに成功した。この成果は、量子コンピューターの開発に役立つ可能性がある。

 オーストラリアのキャンベラにあるオーストラリア国立大学の研究チームは、特殊な結晶の中にレーザー光のパルスを1秒以上捕獲することに成功した。秒速30万キロメートルの光を秒速わずか数百メートルにまで遅くしたことになる。

 この成功自体も世界新記録だが、研究チームがさらに歓喜したのは、保存した光を呼び出すことができたという点だ。これは量子コンピューティングに向けた重要な一歩となるかもしれない。

 オーストラリア国立大学レーザー物理学センターのマシュー・セラーズ博士は、「われわれがここで成し遂げたのは、量子メモリの創造だ」と語る。

 セラーズ博士によると、結晶に閉じ込めたとき光の持つ量子的な情報が結晶に移され、その後、光を解放すると、情報が再び光に戻されるという。

「19世紀は産業の時代だった。20世紀は情報の時代だともてはやされた。21世紀は量子の時代になると信じている」と、ラフラム所長は語った。

>個人的にはCERNの実験が鍵かと。量子コンピュータの誕生が新しい世界秩序をの創造を促進する触媒となりましょう。

→今アクシデントにより中断してますよね。個人的な願望も入れて、再開されない事を。
私、物理方面は無知に等しいのですが
あまりにも危険であり、許さるべき事ではないと感じております。

>当方クリスチャンではないので、キリスト教に関しては中立の立場ですのであしからず・・・

→当ブログは、信仰のみ語っているのではないので、ノープロブレムです。

こんにちは
リーマンショック以来のジェットコースターが一服してちょっとまったり感がありますね
ただ下院秘密議会の2月危機説やパウエル氏の1月危機説など考えると嵐の前の静けさというところでしょうか?
某ブログのwebbot予言解説が更新されてますが、それによるとアメリカのキリスト教原理主義に動きがありそう、とのことです
共和党敗北を神に裏切られたと受け止め、それに彼らのリーダーのスキャンダルが加わり、大量の国外脱出騒ぎが起きる!とのことです
また彼らはオバマ氏をアンチキリストと捉えるようになるとのことです
これらの動きは早ければ12月ごろには見られるそうですが、さてどうなることでしょうか、、、
個人的に最近仕事のプレッシャーがきつく、疲労とうつがピークにきてることもあり、今の一服感は今のうちに備えをせよ、特に霊的に、と言われているような気もしてます、、、

たろさん、こんにちは。
おっしゃるとおり、ちょっと足踏みといった感じですね。しかしながら私、客商売やっているんですが、実体経済は明らかに悪化していると感じざるを得ません・・・「デタラメ金融と大手企業の景気が悪くなったわけでしょ?我々底辺はま、今さら・・・5%減くらいか」などと、タカを括っていましたが、体感的に・・・8月以降・・・世界的な景気減速が影響しているのかどうかわかりませんが、悪いです・・・

ウェッブボットは、鵜呑みに出来ないまでも、バカにしたもんじゃあないと思ってます。私的には、タイターやジュセリーノなどと同じ性格かもしれないと見ています。要するにシナリオのお品書きみたいなものでしょうか?

>個人的に最近仕事のプレッシャーがきつく

→そうですか・・・お気持ち察します。キリスト者やってようが、やってまいが、例外なく事は臨みますからね・・・
正直言って私も、日々プレッシャーきついです・・・その時まで、主によって養われますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/43038648

この記事へのトラックバック一覧です: 米大統領はバラク=オバマになったけど:

« 777は神による裁きのサイン? | トップページ | 次期副大統領候補=バイデンが予言をしたそうな »