2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ザアカイ=レポートーⅨ | トップページ | 米大統領はバラク=オバマになったけど »

2008年11月 1日 (土)

777は神による裁きのサイン?

デビッド=メイヤー師の11月のニュースレターに、興味深い話が出ていたので紹介しましょう。777はキリストのしるしであるとか、爆下げしたから反キリスト?であるとかいう話を聞いていましたが、元オカルティストの占星術師で、霊数学の大家であり、今は真正のキリスト者のメイヤー師によると・・・

「裁きのサインである」との事です。まあ、3(3日後の復活)、7(天地創造の7日間)、12(古代ユダヤの12部族、キリストの12使徒)が、聖数であるのは知っていましたが、「777=裁き」とは初耳でした。まあ、9/29の出来事で(新月でしたが)、9/30日は、ユダヤ歴新年=トランペットの日であったわけですし、いくら株価操作できるとはいえ、出来すぎ君であったなと考えます。本当にそうかもしれないとも思いますが、とりあえず紹介にとどめておきましょう。

もし、この見解が正しいとするなら、2008/9/30という日付が重要な意味を持ってくるかもしれませんが・・・

そして、今回の金融危機の目的は、権力のニューヨークからワシントンDCへの移管であり、国家の共産主義化(ただし、socialismと柔らかい言葉を使ってますが)であると言ってます。まあ、そういう意味では、この先マーケットがどっちに転ぼうが、世界中央銀行と世界共通通貨の設立へと向けた、当初の目的は達成されたのかも知れません。

それと以下の話はどうかな?と思いましたが、一応紹介しておきましょう。まあ、仮説ということで。それは

バラク=オバマが反キリストの可能性があるというもの(ーー;)。出自に謎が多いらしい。そして、その巨額の選挙資金がイスラム(おそらく湾岸諸国あたりか?)から流れてきているらしい。オバマは、一応キリスト教徒ということになっていますが、その正体は、隠れイスラム教徒なんでしょうね。

そして、

わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。

黙示 13:11

の箇所を明け方4時に目を覚ますべく、「示された」と自分では言っていますが(-_-;)・・・要するに師によれば、イスラムのシンボルである、三日月の両端の鋭い角がこれに当たると・・・第二の獣もムスリムだと言いたいのでしょう・・・

アメリカはイスラムによって支配されるかもしれないとのこと。まあ、話のタネ、仮説として一応聞いておきましょう。個人的には疑問ですけど。日本と違って、ユダヤ人の悪口を書けないという深層心理も働いているのかも?ですね。

話は変わります。

アメリカ大統領選挙に関しては、その他、黒人大統領を認めない、イザ投票となるとマケインに入れるのではないか?とする白人深層心理が働くブラッドリー効果なるものも、最近よく耳にしますね・・・これは私も理解できます。

イスラエル在住米国人による米大統領選在外投票でマケインが圧勝した事実も見逃せないでしょう。イスラエルが何か仕掛けてくる可能性は、大いにある。イスラエルにとっては、マケインの方が都合がいい。以前わがブログで紹介しましたが、アメリカの核のセキュリティーを請け負っているのは、イスラエルのマガール社であるということも、忘れてはいけないでしょう。

11月4日の大統領選挙と11月15日のG20緊急首脳会議がらみで、何か仕掛けてくるリスクは、ゼロではないと言っていいかと・・・

それといよいよ、ユーロが派手な値動きをしているし、EUも注目度が高くなってきました。

まあ、アメリカを背後から操っている国はイギリスなんでしょうが、イギリスの表の顔であるアメリカそしてイスラエル・・・私の仮説=米英イスラエル(ユダヤ)世界海洋帝国と、ドイツを中心とするネオ・神聖ローマ帝国=ヨーロッパ合衆国は、やはり共存しないような気がしてきた。その鍵を握るのがやはり、サルコジかなあ?CIAのエージェントで、アメリカのスパイだということですが、あの男・・・メルケル女史に妖術でもかけられ、簡単に買収されドイツ側に寝返るような気もしなくもない・・・根拠はない、ただそんな気がするだけです(笑)。そうなるとドイツは、ロシアを巻き込んで、対英米カードに使うかもしれない。ナチス=ドイツの幻影はまだ生きている気がしなくもない・・・

イスラエルは特別な国だから、何らかの形で終末の極を為すとして、ヨーロッパにおいては、イギリスはアメリカと東欧諸国を取り込み、フランスがドイツに寝返るとして(寝返らなかったりして~)、ロシアを取り込み、どちらかの陣営が覇権国として本物の終末の獣大国として君臨するような気がしてきた。

アメリカがロシアによって、裁きの火で焼かれるならば、覇権は独仏ヨーロッパへ移行するのでしょう。そして中国という図式でしょうか?

いよいよ世界は佳境へと走り出すのでしょうか?

最後におもしろい情報を引用します。園田義明氏のブログから。私ごとき素人が、プロに対して失礼なのですが、私的には「アメリカ一極体制は終わらない」とは思いませんが、その他の点においては、おおむね同意します。

引用開始(抜粋)~

さて、日本人識者は誰も言わないので、私がはっきり申し上げる。
おそらくこれから何度も同じことを書くと思います。

結局、米国一極体制は終わらない。

なぜなら米国の利用価値がまだ存在するからです。
それは実験国家であること。つまりは人工的な国家を意味する。
先進国で唯一の宗教国家であること。つまりは簡単に騙すことができる。

いいように騙されて、民主化の旗を掲げて戦場に進み出るアホな国は米国しかない。

このアホな米国を利用しまくってきたのが英国。
日本はその次ぐらいに位置している。
これは憲法九条の恩恵。
ここで情報面で英国と通じていた吉田茂の言葉をお借りします。

「憲法九条改正を考えること自体が愚の骨頂であり、世界の情勢を知らざる痴人の夢である。」

引用終了~

* お見事!これがアメリカという国の本質なんでしょうね・・・よって私は、アメリカが英仏独をコントロールしているとは思わない。よって、ダニエル書7:8の「小さな一本の角が出てきて、3本の角が根から抜け落ちた」との記述がアメリカとその手足=英仏独を指すという解釈を私は支持しません。

そして、近いうちに裁かれ、そのスーパーパワーを失うような気がする・・・その時は、コントローラーのイギリスも歴史の表舞台から姿を消すような気がする。これまた仮説ということで。

オバマから、またタイトル名から話が飛躍しましたが(^_^;)

~おわり~

« ザアカイ=レポートーⅨ | トップページ | 米大統領はバラク=オバマになったけど »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

またもやサマちゃんです。
サルコジさん、メルケルさんに妖術かけられて(≧∇≦)
笑ってしまいました。  でもメルケルさん。。侮れないかもしれません。
>ヨーロッパにおいては、イギリスはアメリカと東欧諸国を取り込み、フランスがドイツに寝返るとして(寝返らなかったりして~)、ロシアを取り込み、どちらかの陣営が覇権国として本物の終末の獣大国として君臨するような気がしてきた。

大胆予想ですね。  でも私も。。そのようなきもします。。
ドイツはヨーロッパの中心的位置にありますからね。。歴史的背景もありますが、ゲルマン人。。
侮れないと思います。というより本当にそうなったら。。獣大国のお膝元にすむ者にとって、、じかに受ける影響がおそろしいです。(;;;´Д`)  
ロシアが、ドイツと組むか。。あと、キーポイントはフランスですね。

しかし、ロシア軍の評判は。ドイツでは(特に年配の人に)よくないですね。
第二次世界大戦後のベルリンは、ロシア軍に暴行された女性が数万人いたといいます。
アジアでも同様だったようですし。。規律性のない軍隊なのか。。
アメリカ軍はまだそのぶん、まだましだったのかもしれません。(たぶん。。)
あまり、気分的にロシアと組むのはよくないのですが。。国民の事より、国家権力の問題として力のあるロシアとは仲良くしたいところなのかもしれませんね。

2つの角。。いろんな解釈がありますね。  預言者など宗教家とも予想されていますが、
不思議を行うというのが、科学技術だと仮定すると。。ロシアが今まで隠していた?とてつもない
科学、軍事技術で、不思議な技を繰り広げるのかもしれませんね。
2つの角が、プーチン、メドヴェージョフの双頭体制をいうのかも??
それとも、ロシア、中国の2つの国の事なのでしょうか。。  
どちらにせよ、年末、来年の動きは今まで以上に、とてつもない事になりそうですね。

サマちゃん、どうも。
やはりユーロ=旧ドイツマルクなんじゃないかなあ?そしてどこで見たか忘れましたが、ゲルマンのルーツは古代アッシリアだとか?裏取ってないから真偽はわかりませんが。書き忘れましたが、メイヤー師によると、ナンシー=ぺロシ下院議長もウィッチだとか?ということは、メルケル女史も・・・マジで妖術使いかも?実に恐ろしきは、女性かもしれません(-_-;)・・・私も弱いから(^^ゞ・・・って、どうでもいい事ですが(-_-;)私は反キリか、偽預言者のどちらかが、女性であっても驚きません。

>あまり、気分的にロシアと組むのはよくないのですが。。国民の事より、国家権力の問題として力のあるロシアとは仲良くしたいところなのかもしれませんね。

→ドイツにとって、今やロシアは最大の貿易相手国なんだって?石油、天然ガスを依存しているしね。ただでさえドイツ寒いし、ロシア抜きでは、国家の運営が出来ないんでしょうね。そしてドイツ人は頭いいから、うまくロシアを用心棒として使いこなすかもしれませんね。

まあ、セオリーで、第二の獣は宗教家、偽預言者のような気もしますが。
大変な時代に我々は生きているのだけは、間違いないでしょうね・・・

ども、わたぴ~です。。(^-^*)

一部の情報筋によると、すでにイスラエルはアメリカに対して、イラクへの攻撃を非公式に打診したとの事です。期間は大統領選挙結果後から、来年1月の大統領就任式の間までにとのことです。それに対しアメリカが、イスラエルが行った大規模軍事演習を黙認した事から、暗に打診を了承したのではと見られているそうです。それが現実になれば、ペルシャ湾封鎖による石油価格の高騰、場合によっては日本に駐留している在日米軍、第7艦隊の出動にまで発展するのではないかとの憶測も流れているようです。

また、北朝鮮の核開発に関しては、すでにその様な体力は北には無いとの意見もあるものの、万が一、核開発、実験に一定の成果を挙げることが出来れば、その場合においては十分イスラエルが射程圏内に入ることから、イランやシリアと同様、イスラエルが北に対して
先制空爆を行うのではないかとの見方もあるようです。アメリカの北に対する最近の動きなどを見れば、あえてイスラエルが動きやすくなるための口実作りを(それが実行最先案ではなくても、一つのカードとして)しているのかもしれません。そうなれば当然、日本にも火の粉が降りかかって来るでしょう。また、金正日総書記の体調不良説に関しては、すでに利用価値が無くなったことから、処分された(されかけている)のではないかとの噂もあります。

ロシアや中国、EUがどう絡んでくるのかによっては、流動的な部分も多いと思いますが、大まかなアウトラインとしては在り得ないと一蹴できるとも思えないのですが・・・どうでしょう。( ̄▽ ̄;)

サマリア人さんへ

>皆さんは家族のかたにどのように説明したり証言していますか?

ワタクシも、痛い所を突かれてしまいました・・・(vv;) 遥か大昔に証言したことがありますが、やはりそこは(相手から見ても)身内、「当たらず騒がず」「波風立てぬよう」という感じです。まぁ、こちらの立場を考慮して、「アンタがいいなら、それでいい」「アンタにはアンタの人生がある」というふうに、軽くいなされて終わりです。

祈りを通して求め続けるのが、最も良い方法であることは言うまでもありませんが、証言と同時に、キリストに倣う者としてそれ以降、ある程度は手本を示せなければ(相手に対しては)説得力を持ち得ませんから、一歩間違うと熱意が空回りして、「自分を作ってしまい」兼ねません。そうなると自分がしんどくなり、精神的な負担も大きくなってしまう場合もあります。「人は罪深く、完全にはなれない」と説明したところで、相手にとってそれはこちらの理屈でしかありませんから、本人が自分の人生(生活)の中で気付かなければ、理解は出来ないのかもしれません。証言はそのキッカケの一つとなる可能性を秘めたものではありますが、それ以上の部分に関しては自分の証言でどうこうできると言うことではなく、後は神様にお任せするのが良いでしょうね。勿論、だからといって「一度証言すれば、それで良い」ということではありませんが。

個人的に思うのは「証言の機会は努めて捉えるようにするが、相手に過度に期待をしない」というぐらいが良いのかもしれませんね。ただ、こういった事は家族間や身内であれば、友人や第三者に証言するよりもいろいろ事情もあり、更にケースバイケースですから、固定観念や理想主義に走らないようにすることも、大切かもしれませんね。(vv)

わたぴ~さん、情報感謝。

>一部の情報筋によると、すでにイスラエルはアメリカに対して、イラクへの攻撃を非公式に打診したとの事です。

→イラクですか?イランじゃなくて?
私も、原油、食料の下落は、一時的なもので、イザ事が起きれば再び暴騰するだろうとは思ってますが。金正日、文鮮明の消息は不明ですが、いよいよ用済み、邪魔になったから消されたとも取れますね・・・シオン長老の議定書の通り、仕上が近づいているんでしょうか?

私のイランシリーズもバックナンバー29でストップしてますが(ーー;)、おとなしい時ほど危険かもしれませんね・・・

ども、わたぴ~です。(^-^*)

すみません、ご指摘の通り、「イラン」ですぅ~。(vv;)
ああ、おバカなワタクシ・・・。( ̄▽ ̄;)

どうやら、ワタクシがメルケルさんに妖術かけられようですな・・、なぁ~んてね。
ボケればボケるほど誤爆。(--;)

こんにちは。
-777は裁きですか、納得です。
HFへの裁きか、金融システム自体への裁きですかねえ…

オバマはハワイで出会ったケニア人の父と白人の母の間に生まれ、ハワイやインドネシアで子供時代を過ごし、アメリカの大学へ進学したそうで、
宗教的にはどうなのか分からないですが、大統領まで上り詰めたからには、どこかで(恐らく大学で)誰かに見初められたんでしょうか。
もしくはメルケルさんみたく曰わくアリとか!

WEBBOTはマーケットにおいての年末にかけての波乱と、オバマの大統領就任直後の波乱を織り込んでるみたいですが、
共和党陣営の意味深な発言からも、何か大きな事が起きるか、まあ仕組まれてるのか、
WEBBOTはアメリカの新通貨体制もほのめかしてます。
ネットなんか見てても新通貨体制は結構浸透してきてるようです。
参考程度に…。

で、ユーロはモルガンスタンレーが103円目標出してまして、これもユーロ売りの誘い込み臭いですが、ECB利下げや、HFの投げ次第ではその水準も頭に入れとく必要があるかも?
ま、そんなこと言ってる人もいるよ、というとこです。

寒くなってきましたねえ( ´ー`)
風邪にはお気を付けください。

どもです。情報ありがとうございます。
水面下でなにやら動いているんでしょうかね?
NYDJの下げとイスラエルのガザ攻撃なんかは、あまりにもタイミングが良すぎるような気も・・・
オバマさんも、このままスムーズに大統領に就任できるんでしょうか・・・
ユーロも本当のところどうなのか?
狸と狐の化かしあいの様相を呈してきたような・・・

ただ今私、思考がフリーズ状態です(-_-;)・・・しばし、先が見えてくるまで様子をみましょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/42974531

この記事へのトラックバック一覧です: 777は神による裁きのサイン?:

« ザアカイ=レポートーⅨ | トップページ | 米大統領はバラク=オバマになったけど »