2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 自分自身の中に潜む悪魔性=罪深さ | トップページ | ローマ教皇=ベネディクト16世は「荒らす憎むべきもの」なのか? »

2008年11月23日 (日)

モスクワに現代版バベルの塔誕生か?~ベールを脱ぎ始めたロシアー23

ブログを衣替えしての初投稿となります(前エントリー投稿後イメチェンしたもので)。

ええ~、元厚生事務次官連続殺傷事件の犯人が自首したとかで、幕引きにするつもりでしょうが、ちょっと素人目に見ても、不自然かつ矛盾点が多く、ありゃ仮に手を下したとせよ、フィクサーがいますわね・・・

結末から推測する限り、「口封じ」でしょうか?政界スキャンダルとなるような秘密を握っていたのか?まあ、年金資金の不正流用くらいは、当たり前のようにしてたんでしょう。闇に葬られて終わりのようですね、やってられません。

シティ、ビッグ3、AIGもかなり追い詰められているようだし、暴力の連鎖が起こる前に、経済面での一波乱がありそうです。

ということで本題。

「欧州一のビル」建設中断 モスクワ、金融危機で(11/22 09:06)

【モスクワ22日共同】世界有数の産油国ロシアが原油高で好景気に沸いていた昨年秋、首都モスクワ中心部の新開発地域で「欧州一」を目指して着工した超高層タワー「ロシア」が、金融危機による資金難から建設工事の中断に追い込まれた。インタファクス通信が21日伝えた。

 ロシア政府は「モスクワを世界の金融センターの1つにする」ことを目指しており、タワーは高層ビル群の建設が進む金融街の象徴的な存在になるはずだった。

 英国の著名建築家ノーマン・フォスター氏が設計し、2012年に118階建て、高さ約600メートルの摩天楼が出現する予定だった。ロシア経済は金融危機と原油価格の急落で失速。不動産バブルの崩壊に伴いオフィス需要が減少、建設工事を続行できなくなった。

 同じ建設会社が進めていたモスクワ中心部の大型ホテルの改築も困難に直面しているという。モスクワの建設現場の作業員は旧ソ連の中央アジア諸国などからの出稼ぎの外国人が大半で、多くが解雇されるとみられる。
http://www.nagasaki-np.co.jp:80/f24/CN20081122/ec2008112201000154.shtml

Pn2008112201000186___ci0002

* ロシアは「今回の金融危機においてまだマシ。まだまだロシアは強い」とする分析もありますが、ここは一旦置いといて・・・株式市場、通貨ルーブルがかなり打撃を受けているのは事実だし、経済力において、その底力が欧米に比べ脆弱なのも事実。戦争でも起これば、原油相場は再び爆上げするでしょうが、60ドルを割っているという現実。かなりロシア首脳陣は怒り心頭状態なのではないでしょうか。軍部の暴走すら懸念されます・・・

バイデン次期副大統領の予言=「年明け半年以内に中東かロシアでの危機を私は確信、保証する」というものも、あながちハッタリじゃないかもしれません。

私は

アメリカがカオス状態に陥り、ロシアが隙を見て攻撃するーシナリオ①

もしくは

イスラエルが暴発してイランに噛みつく。アメリカが助太刀。ロシアがイスラエルとアメリカと殴りあうのを決意ーシナリオ②

のどちらか?かと想定していましたが

ロシアを金融爆撃して暴発させるーシナリオ③というカードもありえるかもしれません・・・

ここまで来ると、2008年は凄まじい年、人類史に残る年となるかもしれませんが、プロローグの年で終わりそうな気もします。要するに、本番は2009年以降。しかしベクトルは、一定の方向へと収斂していることだけは確認できました・・・

患難は忍耐を生み出し、忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。そして、希望は失望に終ることはない。

ローマ書 5:3~5より

別に危機を煽って楽しんでいるわけではありません、誤解なく。口で言うのは簡単なのですが・・・引き続きウォッチ。

いつになるかわからなくなってきましたが、世がある一定の方向へと向かっているのは事実。自分がやっていることが、単なる時間の無駄、浪費・・・終末カルトの妄想・・・とならぬことを祈りつつ。

そうじゃないと、自分があまりにも哀れだ・・・惨め過ぎる。マタイ伝25章の思慮深い5人の者となれますように。

« 自分自身の中に潜む悪魔性=罪深さ | トップページ | ローマ教皇=ベネディクト16世は「荒らす憎むべきもの」なのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/43204311

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワに現代版バベルの塔誕生か?~ベールを脱ぎ始めたロシアー23:

« 自分自身の中に潜む悪魔性=罪深さ | トップページ | ローマ教皇=ベネディクト16世は「荒らす憎むべきもの」なのか? »