2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ザアカイ=レポートーⅦ | トップページ | サマリア人さん、あなたは主イエスに愛されているのですよ! »

2008年9月10日 (水)

ザアカイ=レポートーⅧ

ザアカイです(-_-;)・・・自信喪失気味なので、ブログしばらく休業しようかな?などと思ってましたが、許してもらえないようです(ToT)。

時は刻々と動いているようです・・・

1. 金正日が脳卒中で倒れた?

早大重村教授によれば、ホンモノの金正日は2003年に糖尿病による多発性臓器不全により死亡し、すでに影武者在位5年になろうとしている。小泉と対談したのも影武者だそうだ。今回、重病で倒れたのは影武者で、さすがに第三の影武者は出せないのだろう。影武者にもレベルがあって、4名いるうち、公式に代役が務まるのは一人だけらしい。

との情報を手に入れましたが、ホントかよ!というものです。

ウラン鉱など北朝鮮は資源が豊からしいのです。これから内戦?ということになるかもしれません。私の予想では、おそらく中国に韓国ともども併合されるんでしょうけど、日本も近隣なだけに・・・無視できませんね。

私のマークしている国家一覧には入ってませんが、要注目でしょう。

2. 米、リーマン=ブラザース:株価45%下落 経営不安が深刻化

時事ドットコムからです。

 【ワシントン斉藤信宏】米証券大手リーマン・ブラザーズの経営不安が深刻化している。

9日には、これまで出資を求めてきた韓国の政府系金融機関、韓国産業銀行との交渉が不調に終わったとの報道が伝わり、必要な資本調達ができないとの観測からニューヨーク株式市場で売りが殺到。終値は前日比6.36ドル安の7.79ドルまで下落、値下がり幅は44.95%に達した。事態を重く見たリーマンは急きょ、18日に予定していた08年6~8月期決算発表を10日午前に前倒しした。

 リーマンは6月に発表した08年3~5月期決算で、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に絡む評価損など70億ドル(約7500億円)を計上し、上場以来初の最終赤字に転落。6~8月期決算でも多額の損失を計上して2期連続の赤字になるとみられており、1月からの株価の下落幅は88%に達している。このため、10日の決算発表では、同時に経営再建策も公表して市場の不安を和らげたい考えだ。

 ただ、9日には米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が格付けを引き下げる方向で見直すと発表するなど、経営環境は厳しさを増している。立て直しに不可欠な増資も、8月下旬からの株価急落で「増資できるかどうか、見通しが極めて不透明になっている」(米エコノミスト)というのが実情。

* いよいよリーチがかかってきましたぞ!その他、シティ、メリル、AIG、GM、フォードと倒産予備軍の世界的大企業が目白押しです・・・

週明け、ファニー、フレディーのGSE二社にポールソン財務長官が公的資金投入をアナウンスして、NY市場は、300ドルほど上げましたが、効果はわずか一日(-_-;)・・・同じ分だけ下落して、行って来いです・・・米上院議会で、もめているようです。そりゃそうでしょう、株価が1セントにまで暴落し、上場廃止になるかもしれないんだから・・・日本円で最大22兆円の資金投入が可能らしいですが、二社の債務合計が550兆円近くで、その10%が毀損したとして55兆円・・・全然足りません!おまけに昨日の藤原直哉情報によると、150兆円のCDS(デリバティブの一種でよくわからん?)の損失分を、近いうちに決済しなければならないとか!

なんとしても支えるのかもしれませんが、果たして・・・どうなるのでしょうか?もう資本主義、金融経済の総本山のアメリカはあっぷあっぷ状態で、ゾンビみたいですね・・・

3.ロシアが南米ベネズエラに軍を派遣し、合同軍事演習をやるらしい

いよいよ、ロシア軍がベネズエラに駐留するようです。

また次のメドベージェフ大統領のコメントがにくい。

ロシアのメドベージェフ大統領は6日、米軍艦船の黒海での活動に不快感を表明。「我々がハリケーン被害への人道支援目的でカリブ海沿岸諸国に軍艦を派遣したら(米国は)どうするだろうか」と述べていた。

・・・(-_-;)。毎日新聞からの抜粋引用ですが、読売、産経などと比べ、ニュートラルな報道で好感が持てます。名うてのロシア番記者がいるとは聞いていましたが。

4. ロシア、アブハジア、南オセチアと国交樹立か?

これも毎日新聞からの引用、ロシア関連が続きます。

9月9日22時19分配信 毎日新聞

【モスクワ大木俊治】ロシアのラブロフ外相は9日、ロシアがグルジアからの独立を承認した南オセチア、アブハジアと外交関係樹立に関する文書を交換したことを明らかにした。両地域との友好協力条約の草案でも合意し、近日中に署名する見通し。外相は同条約について、3者のいずれかが他国から脅威を受けた場合は「互いに軍事力を含む支援を行う」と述べ、軍事基地の設置も可能だと表明した。今後、両地域がグルジアの脅威を理由に支援を要請した場合、ロシア軍のグルジア攻撃が正当化されることになる。

 一方、セルジュコフ国防相は9日、メドベージェフ大統領と会談し、南オセチアとアブハジアにそれぞれ3800人のロシア軍部隊を配置すると述べた。軍事介入前まで「平和維持軍」として展開していたロシア軍(南オセチアに500人、アブハジアに最大3000人)と比べ大幅な増強となる。グルジアや欧米は反発を募らせそうだ。

* コーカサスからは、目が離せません。ロシアは本気なんでしょう。サーカシビリの首を取るまで、撤退などしないんでしょう。ウクライナでも、ティモシェンコ女史(首相、美人です(^^ゞ)が、ユーシェンコ大統領を見切り、親ロ派のヤヌコビッチ?と言ったか?と手を組んだ模様。益々、旧ソ連諸国において、ロシアがオセロの駒をひっくり返しつつあります。

何でもロシア軍幹部が言うには「その気になれば、黒海のアメリカ艦隊など20分で全艦沈めることが出来る」とか?まあ、ボスポラス海峡の出入口もペルシャ湾以上に狭いことだし、ハッタリじゃないかもしれませんね。

グルジアはチェスの一手に過ぎません、これからです。私は残念ながら、米ロ全面対決へと前進しているようにしか見えません。

5. そして最後にこれです!これはヤバイ!!イスラエルの暴発を誘っているかのようです。

イランのブシェール原発がいよいよ稼動間近です。

9月9日19時21分配信 ロイター

[モスクワ 9日 ロイター] イランのブシェール原子力発電所の建設を請け負っているロシア国営アトムスロイエクスポルトのレオニド・レズニコフ社長は、同原発は完成間近で、原子炉は近いうちに稼動開始する見通しだと明らかにした。
 同社のスポークスマンが8日、レズニコフ社長の発言として伝えた。
 同スポークスマンによると、レズニコフ社長は「わが社は、ブシェール原子力発電所の稼動開始に向けた最終作業を2008年12月から09年2月の間に実施する」と述べた。
 ブシェール原子力発電所をイランに対する影響力として利用してきたロシアは、これまでに何度も同発電所の稼動開始を延期してきた。ロシア政府は同発電所は08年中に稼動開始するとしてきた。
 同原子力発電所は1970年代にドイツのシーメンス<SIEGn.DE>が建設を始めたが、1979年のイラン革命と1980─1988年のイラン・イラク戦争で中断された。その後、1995年にロシアが引き継いだ。

* いよいよ、こちらでもリーチがかかりました・・・12月から最終作業に入るということは・・・しかも関わっているのが、ロシア企業・・・ロシアはメドベージェフ=ドクトリンとして、「海外において、ロシア人の生命が脅かされた時は、ロシア人を守る」と言うようなことを宣言しております・・・

イスラエルもいよいよ追い詰められてます。10月初旬、イラン空爆の噂も、まんざら根拠のないガセとも言えなそうです・・・

やはり、イラン VS イスラエル、ロシア VS アメリカ(その黒幕であるイギリス)の終末へと向けた黙示録のシナリは・・・急激に、驚くべきスピードで進んでいる気がしてなりません・・・

2008090900000626reuintview000

« ザアカイ=レポートーⅦ | トップページ | サマリア人さん、あなたは主イエスに愛されているのですよ! »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

10月の噂、エルサレム・ポストのこれですよね。
Report: Israel won't allow a nuclear Iran(英語)
http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1219913194872&pagename=JPost%2FJPArticle%2FPrinter
「核施設動きそうだったらすぐ行くぜ」みたいな感じですが、
イスラエルの過去の核施設攻撃も、稼動直前に行われたと思います。

>グルジアはチェスの一手に過ぎません
まさしく黒海を舞台にした壮大なチェスですね。

↓これ、リーマン株のリアルタイムですけど一応。
http://finance.yahoo.com/q?s=leh
リーマンや石油やGSEに関してデマ?ガセ?合戦やってますが、まだしばらくうやむやな状態は続きそうです。
この辺は映画「ウォール街」を彷彿とさせます。
先日のGSE救済策もかなり曖昧な案?ていうか細部まで決まってないんですよね。
まさかとは思ってましたが、本気で北米同盟発足までごまかし続ける気でしょうか?
まあでも農林中金やらいろんなとこから少しでも金を集めようと皆さん必死です。


細切れネタになってしまいましたが、毎回楽しみにしてますんで更新頑張ってください!

ツリビトさん、こんばんは。

今月に入って、本当に動きが早いな、と実感します。

なんか、アフガン、パキスタンあたりもヤバそうだし、世界全体が火薬庫と化している感じですね。

イスラエルも、これでロシアがバックに控えていることがはっきりしたわけで(当の昔から知っていたんでしょうが)
それでも本気でやるんでしょうか?
アメリカを引きずり出さねば、自殺行為でしょうね・・・
ロシア軍は手強いと思います、ありゃ本気で強いですよ。

今となっては金融は「余っている所からお金を集めて、足りないところへ融資する」という
地味ではありますが、堅実で人情溢れる旧来のやり方が王道なのかな?と
つくづく思いますね。金融市場を巨大なカジノとしてしまったのが、悲劇の始まりだったんでしょうね・・・

それではまた

こんにちは
皆さん試練の中を通っておられるみたいですね
自分も今仕事がきつくてぼろぼろです
主のおかげで何とかもっているかなという感じです
イスラエル、最近動きがないのは秋のオリメルト退陣あたりを狙って好戦派が準備中かな?と思っていたのですが、とんだイベントが控えていたわけですね
現実派が好戦派をどこまで抑え込めるか、、、
ところで、最近個人的に気になることがありまして、韓国のオン○リ教会なんですが、そこが出している雑誌をうちの教会でもだいたいみなとっているということを最近知りました
調べてみると、チョ・○ンギ牧師、ベニー・○ン牧師とも縁があるみたいで、少しショックを受けてしまいました
どうもリバイバルとかのノリは合わないみたいで、、
どうなることやら、です

たろさん、いつもありがとうございます。
そうですか・・・皆さん苦労しているようですね。
どうぞ、たろさんに主のご加護がありますように(祈)

この秋はどうなることやら・・・凡人には、目の前にある危機を提供するのが精一杯です。

>調べてみると、チョ・○ンギ牧師、ベニー・○ン牧師とも縁があるみたいで、少しショックを受けてしまいました

→そうですか・・・デリケートな問題ですね。
でもたろさんならば、主がきっとベストな道を備えてくださることでしょう。
それでは

ザアカイさん、みなさんこんにちは。

情勢がどんどん怪しくなってきているみたいですね。
私の家は朝日新聞をとっているのですが、今話題のペイリン氏のインタビュー発言記事を読んで驚きました。
グルジアがNATO加盟した祭にはロシアの攻撃に対してアメリカが参戦する可能性があるがとの旨のインタビューアーの問いに、彼女思いっきり肯定しております。。。

今後のイメージ戦略?
単なる脅し?
それとも緊張してた?

なにはともあれ5大紙の「朝日」が報じた記事なので心配です。

ザアカイさんのグルジア問題の展望が当たらない様に日々祈るばかりです。。。
(^‐^;スミマセン

はじめさん、こんにちは

>ザアカイさんのグルジア問題の展望が当たらない様に日々祈るばかりです。。。
(^‐^;スミマセン

→謝らなくて結構です(^_^;)・・・当たらないに越したことはないですから。
出来ることなら・・・平和のうちに再臨!というのがベストのシナリオに違いないですからね!

私だって、アメリカの福音右派のアホ連中みたいに、核戦争など待望してないですから。
あわてないように、最悪のシナリオが待っていようと、主イエスにある希望を捨てずに
「出来ることなら苦杯を取り除いてください、しかし御心のままに」という姿勢を持ち続けたいですよね・・・

ここまで来たら「命預けます」で行きましょう!
人類の力ではどうしようもないところまで来ています。
わたしは、唯一の希望はキリストだけだと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/42435780

この記事へのトラックバック一覧です: ザアカイ=レポートーⅧ:

« ザアカイ=レポートーⅦ | トップページ | サマリア人さん、あなたは主イエスに愛されているのですよ! »