2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« プーチンは本気かもしれない?~ベールを脱ぎ始めたロシアー19 | トップページ | まだ終わってはいない~ベールを脱ぎ始めたロシアー20 »

2008年8月14日 (木)

コメンテイターの方々へひとこと

 常連コメンテイターの方々へ。わがブログの付加価値をより高めてくださっている、質の高い主イエスを証する書き込みの数々。それ以外の方でも、良質の情報提供等・・・心より感謝いたしますm(__)m。その証拠にコメがつけられると自然とアクセスが伸びます、皆さんわかっているようですね。

わがブログの目的の一つである「レムナントを集める」という命題・・・ある程度達成できているかもしれません・・・クリスチャン以外の方でも、“時が満ちれば”わかる時が必ず来る”と確信しております!そのような方々ばかりであると感じます。それだけの資質をもった素晴らしい方々です。

ブログを始めた時、正直言って「こんな狂人じみたマニアックなブログ・・・誰が読むの?いつまで続くのだろう?変なブログ・・・キチガイがうつるから関わるのやめとこ!」となるのではないか?と思ったものです。

それがまだ2年たってないのに、15万を超えるアクセスがあったことはただただ、主なるイエスに感謝あるのみですm(__)m。

 そこで、高慢にならないように、私の肉体に一つのとげが与えられた。それは、高慢にならないように、私を打つサタンの使いなのである。

第二コリント 12:7

・・・enjeruさんといい、バルナバさんも病気持ちだったとは知りませんでした(当たり前ですが)。形は違えど、みなさん“聖なる火の試練”を通っているのですね・・・私ごとで恐縮ですが、私の場合、表向き(171cmの67kg、胴回りもなんとか!メタボ一歩手前!ではありますが79cm!^_^;)は自覚症状はありませんが(ストレスでどこかやられている可能性はあり)、マシンガンの弾のごとく(ちとオーバーか?)追い立てまくられる問屋からの請求の嵐・・・40過ぎてワーキング=プアやっているのが、サタンのトゲなのかもしれません(ToT)。より白く錬られるために・・・溶かされた銀の表面に自分の顔が写るまで、何度も何度も、御国を継ぐにふさわしくなるまで・・・(涙;)

 「苦難は人を強くする。歓楽は総じて弱くするのみ。無害な歓喜は、勇敢に耐え忍んだ苦難の合間のやすらいの地点である。しかも苦難はすべて、また必要なだけの歓喜をそれ自体の中に秘めている。もしあなたが、あなたを神に追いやる苦難を、あなたを神から遠ざける歓楽よりも愛するならば、そのときあなたは正しい道にある。
 わたしは、神の子で全く絶望のうちに死んだ実例を史上にただの一つも知らない。しかし、この絶望の誘惑はしばしば最善の人々にすら近づいてくる。みずから苦しみ悩まなかったひとびとを、どんな悩める者も信頼しない。」

~カール=ヒルティーの言葉です・・・

神を信じた人で「絶望のうちに死んだ人は一人もいない!」というのです!!

そして、コメンテイターの方々にしても、燃え盛る火の試練を通っているからこそ・・・ギリギリのところまでの試みがあったことでしょう。「それでも私を信じることが出来るか?私の十字架上の死を心から受け入れられるのか?」と。

だから!魂に訴えることの出来る、実体験に裏打ちされたコメントを書くことが出来るのだと私は信じます。これが聖霊にあって語るということなのではないでしょうか・・・私のような落ちこぼれとは違います。

だから私はたびたび言うのです!何の裏づけも、根拠もない自分たちに都合のいいニューエイジ思想、次元上昇(アセンション)など、サタンのペテン=エデンの園の蛇の誘惑であると。そのことを彼ら、彼女たちが証明してくれてます。

最後にもう一度。わがブログをサポートして下さり、ともに切磋琢磨し、レベルを上げてくださるコメンテイターの方々に重ね重ね感謝いたします。

そしてそのような方々を遣わしてくださった主を賛美します、ハレルヤ!

わたしは、神の恵みを無にはしない。もし、義が律法によって得られるとすれば、キリストの死は無駄であったことになる。

ガラテヤ 2:21

« プーチンは本気かもしれない?~ベールを脱ぎ始めたロシアー19 | トップページ | まだ終わってはいない~ベールを脱ぎ始めたロシアー20 »

主イエス=キリストの愛」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
どうも ザアカイさんとは投稿の時間帯がかさなっているようで。。。
もうすぐ2周年ですねhappy01
主の祝福がザアカイさんの上に、たくさん注がれますように!

バルナバです。
帰還する10支族の内、ダン部族が抜けていますが。
これはダン部族から反キリストが出る為だと思われます。
 
 サマリヤ人さん、『先の者が後になり、後の者が先になる』
という、御ことばが有りますがサマリヤ人さんにピッタリだと
思います。
 ザアカイさん2年ですか、女の子孫の残りの者は確実に増えていますよ。
私の肉体のトゲは私の魂をも刺すときが有りますが、誘惑に惑わされないように
しなくてはいけませんね。これからもよろしくお願いします。

サマリア人さん、バルナバさん、いつもサポート感謝です。

>ザアカイさんとは投稿の時間帯がかさなっているようで。。。

→^_^;・・・ちゃんと寝てね。

>女の子孫の残りの者は確実に増えていますよ。

→ええ、そう感じます・・・腐らず耐えた甲斐があったかもしれません。

今現在、この世的には報われていないように感じても
「見えないものを見えるように信じ」歩みたいものです。
とは言え・・・あと何回冬を越せば・・・

わたぴ~さん、今週末頃ですか・・・
そしたらコメ欄にリンク貼ってちょ。

ザアカイさん
ねてますよー! ちゃんと。昨日は珍しく10時前に寝てましたし。。。

わたぴーさん
ブログ楽しみにしています。現無所属のクリスチャンの先輩ですからhappy01
たよりにしてますよ!さて。。なにから質問しよかなーー

バルナバさん
とんでもないです!! 私はザアカイさんをはじめ、勿論バルナバさんも含む先輩コメンテーターの方々に教わって、少しずつですが、終末のイメージがみえてきたところです。
enjeru さんを模範に聖書を好き嫌いでcoldsweats01読み飛ばさず通して神の今までの人間に対する愛、怒り、悲しみ、失望がほんの少しわかってきた。。ようなきがします。
わたしの考えなども、小石牧師とエレミヤさん(牧師?)、その他いろいろ。。自分なりにどの解釈が納得できるか。。取捨選択してきたうえでの推察です。
また、皆さんのおすすめで教会に行った結果、ドイツ(おそらくヨーロッパ全体にいえる)の教会の諸事情といいますか、サタンの思惑が深く入り込んでいる事を身を以て知る事が
できたことも、収穫です。  本当に皆さんに感謝です。
勿論、成長をさせてくださるのは神ですから、神の愛が皆さんに忍耐をもって、頑固者の質問の多いサマリア人の質問にこたえるように助けてくださっているのかもしれません。

わたくし、疑問があると徹底的に調べなくては気が済まないタイプで。。海外にいる者として、日本語で調べられるインターネットに感謝です。 
というわけで、若い?女のくせにいらん事知っているのです。ちなみに私は文系人間です。歴史大好き。司馬遼太郎とか、池波正太郎、沢木耕太郎が好きです。ちなみに漫画ではスラムダンクとかこち葛、ブラックジャック好きでした。かならず、男女問わずひかれます。サーーっとcoldsweats01 女友達には男だったら。。つきあいたかったといわれました。。ショック!!
これで サマリアの変な人間像がみえましたでしょうか。

グルジア問題。。ヨーロッパとしては、アメリカとロシアの同意無しに何も行えない。。という事を強調したいようです。。つまり手出しができない、力がまだない。というイメージを世界に植え付けたいのでしょうか。
また、ヨーロッパは天然ガス、石油の約30%ぐらいをロシアに頼っているので、強気にはでないのでしょう。とりあえず平和維持のために援助はするけれど今まで通りアメリカに任せるのがずる賢いヨーロッパの手なのかもしれませんね。

ザアカイさん、そして皆さん、こんばんは。

>15万を超えるアクセスがあった
 
私、気が小さいので、おじけずいてしまいました。そんなに多くの方がアクセスしていたのですね。知りませんでした。
せいぜい100人ぐらいの方が読んでいるかな?・・・と。驚きました。
ただ、ほんと最近、日本人の救いを祈るようにと聖霊の導きを受けています。
主が近いからでしょうか?私のようなとるに足りない「虫けら」みたいな者でも、少しでも主の栄光を現し、悩み苦しんでいる方々が主を信じて魂の救いに預かれるなら、もっと試練を受けてもかまいません。イエスさまは、今までほんと私によくしてくださいましたから・・・。苦しみの中にあっても喜ぶことができるのは、いつも私の横にイエスさまがいて、共に重荷を担ってくださっていると確信できますから・・・。(イザヤ41・10)ザアカイさんのブログは、主に用いられる所として、「終わりの時」に主が用意されている時の「声」なのかもしれませんね。

バルナバさん、はじめまして。
数々の病気をされ、肉体の棘を与えられ、主に従っている方なのですね。病気は、ほんとつらい時がありますが、同じ病気に苦しむ方々の気持ちが分かり、その方々を慰めることができるので、それもまた益になるのだと思います。近いうち、絶対病気にならない体がいただけると思いますので、その時を楽しみに歩みたいですね。もうちょっとです・・・(笑)

わたぴーさん
ブログ、楽しみにしています。サマリヤ人さんの良き助けとなりそうですね。私、そっと覗いていますね。

サマリヤ人さん
愛すべき楽しい姉妹。若いのに色々知識がありますが、「真理を追究しよう」という気持ちは、人一倍ですね。少しずつ成長している姿にほほえましい気持ちがします。いつも祈っていますよ。

うわあ^^
そんなにアクセスのあるカテだったの‥知らなかったわ
突如舞台で立たされスポットライトを浴びて驚いているアン☆シャーリーでごわした。
化粧化粧、パタパタパタ‥
それにしても、わたしたちクリスチャンは歴史の舞台でみ使いたちの見世物だとパウロも言ってたですね、すべて隠された秘め事も明らかにされることを聖書は明言していますから

enjeruさんの証しはたとえネットを通してであれ心打たれます。本物に出会えたことを感謝します。
じゃあ、仮りにあと49日で携挙あっても自分はレフトビハインドされない自信があるかと言えば甚だ 心もとない私たちクリスチャン まさに主のみ知るであります。
携挙は信仰です!信じていない者は残念ながら地上に取り残されます。
あと、最新情報では‥それはまた今度話します。

わたしは確固として申し上げます。ハーザー誌を非難するつもりはありませんが(むしろキリスト雑誌として健闘されていることを賞賛します)
フロリダ州レイクランドで始まったとされているアウトポアリングは主からのものではないと断言いたします!
詳細はハーザー9月号参照
このリバイバルはペンサコーラと全く同質な悪魔からの地獄からのものです。ピーター・ワーグナー、リック・ジョイナーと書けば角笛やレムナント読者ならピンと来るのではないでしょうか。
内容を逐一反証することはしませんが、たとえば使徒職の回復 目に見えない霊との交流の力を求め、極めつけはトッド・ベントリーとボブ・ジョーンズが対談の中で「いつでも携挙されて、天国へ行くことができる。それは信じるなら誰でもできる」と言う。これはニューエイジの幽体離脱のことは明らか こんなものを携挙と呼ぶ信仰に呆れる。

終わりの日の悪霊の惑わしに気をつけてください。

わたぴ~です。<(_ _)>

いやはや、ザアカイさん。あと少しで2年ですか・・・。ワタクシがこのブログにおじゃま虫になってから約1年ですねぇ。(ハッ!! ひょっとしてすでに古株?! Σ( ̄◇ ̄;))

1年前のワタクシは、人生何度目かのズンドコ・・・・いや、どん底でした。いやぁ、よく今も生きてるもんです。(遠い目・・・(゚ー゚;)) このブログに出会ったのも、いろいろと事情がありまくりなのです。(;^_^A まぁ、今だから確信持って言えるんですが、神様の導き以外にはあり得ません。(それだけの理由があるということです)

ちょっと不思議なのですが、このエントリー記事を読むたびに涙が出そうになるんですが・・・。(TmT) 歳なので、涙腺が弱くなってきたんでしょうか?(男の子だから泣かないも~んっ!!)(>_<、)
きっと神様が「ここに集っている皆に倣っって共に歩みなさい」と言ってくださっているのかも?

一年前からほとんど成長していない、グダグダなままの一応クリスチャンですが、今後もよろしくデス。<(_ _)>

>15万を超えるアクセス

14万4000人超えちゃいましたね。この中からも、それ以外からも、1人でも多くの人が神様の導きの下、救いの道に至ることができますように。(*^-^)

まとめてレスします

enjeruさん

>そんなに多くの方がアクセスしていたのですね。知りませんでした。

→いや、ココログカウンターは、一人で5つ記事をクリックすれば、それでアクセス5ですから。
そして次の日同じ人がアクセスしても新規アクセスでカウントされます。
だから例えば、一日400アクセスあっても、訪問者数は180とか。
そしてリピーターを考えると(左サイドバーのバックナンバーの上に小さくカウンターがあるでしょ?)
15万ヒットと言っても、実質訪問者数はその1/4として35,000からせいぜい40,000くらいだから
怖気づかないで下さいな(笑)。
そしてわがブログは、一見さんより、常連さんが多いようだから
30,000くらいかもしれません。

シャーリーさん

>enjeruさんの証しはたとえネットを通してであれ心打たれます。本物に出会えたことを感謝します。

→思うところはみなさん同じのようですね。

>終わりの日の悪霊の惑わしに気をつけてください。

→はは^_^;、今だから言いますけど、私ブログの性格上、警戒心強いんです(^_^;)。
初めてブログに来られた時、「タダモノじゃない・・・何者なんだ?」
と冷や汗かいたものです。
余計に相手が女性だと、私、コロッと騙されるし
今までも何度痛い目に会ったことか(笑)・・・冗談です。
よかった、よかった(^^ゞ。

トッド=ベントレーの「wanted!」写真、最新エントリーに貼り付けておきましたよ(^_^)v。

わたぴ~さん

なんか遠い昔から知っているかのようで・・・キャラ的に似てるし(メンゴm(__)m)
天真爛漫でお気楽キャラのように見える陰で・・・察します・・・
私としても、本物に出会えてうれしく思います。
しょうもないブログでも、ちょっとは役立っているようで感謝です。

こんにちは
皆さまを見ていて、再臨や携挙の時期や内容を正しく理解するのと同じくらい(或いはもっと)大事なことが他にあるのではないか、とふと思いました
というのも、皆さまの意見がほぼ半々に分かれているにも関わらず、ザアカイ様が書かれたとおり霊的にも素晴らしい方ばかりのように見えるからです
何か他に共通点があって、それが大事なことなのだろうと・・・

再臨に関連するみことばを探してみましたが、ひとつは「・・目を覚ましていなさい・・」(マタイ24:42、25:13とか、黙示録3:2とか・・)ではないかと思いました
目を覚ましているとは具体的にはどうするのかと考えてみると、イエス様がユダに裏切られる直前のマタイ26:38~41に「ここで待っていて」、「誘惑に陥らないように」、「祈っていなさい」とあるのがそうではないかと思いました
「ここで待っていて」というのは良く分かりませんが、黙示録2:25に「持っているものを、堅く保っていなさい」とあるのに近いような気がしました

それからもう一つ、マタイ25:1~13の花婿を迎えるおとめたちのたとえには、油を用意しておくこと、が必要とあります
油とは何のたとえか調べたら、聖霊のことでした
聖霊を弱めないように、日々満たされつづけていくということかなと・・

当たり前のことばかりのようでいて、日々続けていくには深い信仰が必要なのかもしれません・・・
ただそうなると、救いは行いによるのではなくただ信仰による、との教えとバッティングするかもしれません・・(チョッとマズイですかね・・)

ともあれ、皆さまのおかげで素人の自分が一つ学べました ありがとうございました
もちろんトンデモナイ間違いかもしれませんので、ご面倒でなければその時はご教示くださればありがたいです・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/42164753

この記事へのトラックバック一覧です: コメンテイターの方々へひとこと:

« プーチンは本気かもしれない?~ベールを脱ぎ始めたロシアー19 | トップページ | まだ終わってはいない~ベールを脱ぎ始めたロシアー20 »