2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 「阿修羅掲示板」の要注意情報 | トップページ | 第一のラッパって鳴っているの?~アメリカでのトルネード、山火事 »

2008年5月18日 (日)

礼拝メッセージより~私が休ませてあげよう

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。

わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。

わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。

マタイ 11:28~30

~ここの箇所は有名すぎるくらい有名な箇所ですね・・・我が教会の看板もこの箇所を引用しております。

メッセージ要約;

私たちは

律法の重荷ー①~要するに律法とは罪人であることの自覚を促すには有益であり、善悪の基準になるが、行き過ぎると重荷となる。律法が負担になってはいけない。律法により救われるとするのは、人間では不可能である。律法からの解放。

罪の重荷ー②~良心の呵責に責められ続ける。

生きていく事ー③~衣食住を含め、この物質世界を生きていくのは苦難が伴う。

しかし、主イエスを信じることによって、これらの重荷が軽くなる。物質世界においては、重荷がなくなることはない・・・「休ませてあげよう」を正確に訳すと「ゆるめてあげよう」となる・・・しかし、御国では一切の重荷から解放されるのである・・・

という内容でした。

Ks10047

* 私の理解では、人類の歴史というか人間による統治は、いよいよ最終コーナーを周ったところか?というところです。

私たちがこの世に身を寄せている限り、重荷が消滅することはありません・・・そういうわけで牧師先生の「緩めてあげよう」との解釈は奇麗事ばかり言わず、現実的で好感持てました。

ヨハネ16章33節でも、主イエスは「あなたがたは、この世では悩みがある」とおっしゃっております。それはその8割において、否、これから先は99%において、つらく厳しい現実となってのしかかってくるかもしれません・・・これが冷酷なる「この世の君」が君臨する世界なのです・・・ミャンマーや中国四川省の方々がまさにこの心境でしょう。一足先に艱難時代に入ったという見方ができるかもしれません・・・そして我々日本人にとっても、決して他人事ではないと。

しかし、主イエスに従う限り、主は先頭に立って、わたし達を導いてくださるはずです・・・誰一人として見捨てることなどいたしません・・・

さて、一同はエルサレムへ上る途上にあったが、イエスが先頭に立って行かれたので、彼らは驚き怪しみ、従う者たちは恐れた。するとイエスはまた十二弟子を呼び寄せて、自分の身に起ろうとすることについて語りはじめられた

マルコ 10:32

・・・私たちでは12弟子とまではいきませんが、我々が今おかれている状況はまさに・・・この心境でありましょう。「今のまま、日曜日のありがたい御言葉を聞いて、日々平和に暮らせればそれでいい」というところではないでしょうか・・・しかし・・・私はあえて、リスクをとってでも、偽りの平和の中で生かさず殺さずで日々を無為に過ごすよりは・・・たとえ道半ばで倒れようと・・・御国の実現を選びます。またそれが可能な時代に生を受けたとも言えるわけです。

御国が来れば、「すべてが終わる」のです・・・苦しみも悲しみもすべての重荷を堂々と大手を振って!降ろしていいのです!御国ではそれが許されます。主が「もはや思い煩うことなど何もない。よくぞここまで耐え忍んだ。さあ、祝福されたわが子たちよ、これからは日々喜び、笑いを絶やすことなく楽しもうではないか」と言ってくださると信じます。

それまで生き延びることができればの話ですが、まもなく、そう遠くはないはず、我々の世代において再臨されるはずです。

幸いにもその瞬間に立ち会えるのであれば、これほど心強いものは存在しません、もはや怖いものなどありません。目の前に、現実として我々を迎えに来てくださったわけなのですから!最悪この世の命を失ったとしても恐れることはないはず、甦るはずです・・・

あなたがたは、心を騒がせないがよい。神を信じ、またわたしを信じなさい。 わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。 

ヨハネ14:1~3

そうです、父の家には住まいがたくさんあるのです!2000年以上、天使を総動員して、このような我々みたいな取るに足らぬ者のために、主イエスはその現場監督?をなさってくださったのです。

それにしてもこのヨハネ伝は、確かに他の福音書とは毛色が違います・・・神の怒りであるとか、裁きというものを感じさせません・・・徹頭徹尾、愛と憐れみ、情けです・・・もちろんこれがすべてではないでしょうけど、神の本質というのは、こういうものではないでしょうか・・・冷徹なる義と裁き=恐怖のみで縛るのでは、得るものなど何もありません。もちろんなくてはならない要素です・・・しかし、本当に人の心を心底揺り動かすのは、無償の愛と憐れみであると私は信じます。

あなたはキリストの尊き血で洗い清められ、贖われてますか?過ぎ越しの羊として、キリストを受け入れてますか?もしまだでしたら、まだおそくありません、イエス=キリストを唯一の救い主=来るべきメシヤとして信じ、顔を向けてください、信じるだけでいいのです。

「義人は信仰によって生きる」~今日の牧師先生の言葉です・・・

PS:追記

アメリカ経済が株高とは関係なくやばそうですよ。ー①

今日の日経は、連銀の緊急融資がついに911を上回ったとし、「ミズーリ州のヒューム・バンク、ダグラス・ナョナル・バンクに続き、アーカンソー州のANBファイナンシャルが九日、破綻に追い込まれた。米連邦預金保険公社(FDIC)は昨年末時点で76行を問題銀行と認定、今後も中小銀行の破綻が相次ぐ公算が大きい。」5/18朝刊

~批判も多い(暴落教伝道師ブログなどと^_^;)ネバダブログですが、私はそれなりに評価してます。

ロナルド=ウェインランド師近況ー②

アメリカでの艱難が予想される地域の伝道活動をしている模様。カリフォルニア、フロリダは思ったとおりヤバそう。今のところ6月8日までのアメリカでの伝道旅行が予定されているようだ。ということは、真実のペンテコステはやはり6月9日なのでしょう。本番はそのあとか?

なお預言者というと、未来予知の仕事にのみ注目しがちだが、その他、神の警告を伝える、言葉を正しく取り次ぐ、そして何より、宣教活動を通して、一人でも多くの者を悔い改めに導き、救うことである。

« 「阿修羅掲示板」の要注意情報 | トップページ | 第一のラッパって鳴っているの?~アメリカでのトルネード、山火事 »

主イエス=キリストの愛」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに、コピーして拝見しております。
ブッシュ大統領が、今年中に中東和平合意sign02
という希望だけで生きていますthunder
でも、8年前のクリントンのように、任期中にやりたいだけだったりしてdespair
再臨待望の皆様が居られるだけで、希望がもてますchick

世泣さん・・・なんとも意味深なHNなことで(^_^;)。
楽しんでいただけるだけの中味もなく恐縮ですが・・・

本当にとんでもない世の中になってしまいましたが、希望だけは捨てずに歩んでまいりましょう。

はじめまして、私もクリスチャンです。
ミャンマーや中国の悲惨な状態を見ると、どうしても世の終わりを感じてしまいます。
でもいつまでも変わらないものは信仰・希望・愛ですね。

ドイツのシュピーゲル紙からのニュースです
日本でもニュースになっているでしょうか?
国際原子力機関IAEAと秘密警察の調査によると 北京五輪にてテロリストが原子力(放射能を含む)兵器を使う可能性があると述べています。もしくは2012年に?ロンドンにおいて放射性物質の入った
爆弾をもちいて テロが発生する可能性もあるなどと述べています。

IAEAの原子力テロに対処するためのエキスパートが中国にとどまっているとのこと。
どうなることやら。。北京五輪。。やはり中止にさせようとする動きがあるのでしょうか。  それとも無事に開催されるのか。。

馬場さん、いつもどうも・・・じゃなかった、私の勘違いでした(笑)、はじめまして。

これからもどうぞよろしくですm(__)m。

サマリア人さん、情報感謝です。いえ、私の知る限り知りませんでした。北京オリンピックは今夏最大のターニングポイントになるかも?ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/41249133

この記事へのトラックバック一覧です: 礼拝メッセージより~私が休ませてあげよう:

« 「阿修羅掲示板」の要注意情報 | トップページ | 第一のラッパって鳴っているの?~アメリカでのトルネード、山火事 »