2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ここまでコケにされながらも・・・なぜ自公政権を支持するのか? | トップページ | ザアカイ=レポートーⅢ »

2008年4月26日 (土)

コメ欄が賑やかになってきた

「子羊通信」ブログ管理人=ライターのザアカイです。今日は仕事も暇だし、ブログネタもないしだし、コメ欄にたびたび登場です(-_-メ)。年甲斐もなく顔文字大好きです(-_-;)・・・と思ってましたが・・・予定変更でエントリー記事にすることにしました(^^ゞ。

サマリア人さんへのレスは、わたぴ~さんが代わりにしてくれたのでm(__)mいいとして、私もわたぴ~さんは、最初女性だと思ってましたので、ちと残念(笑)・・・って、何考えとるんじゃ~!と言われそうです(-_-;)・・・最近、目の開かれた女性読者が増えてきましたが、「中年おやじってや~ね!」と言わないでくださいね(涙;)。
このブログのコメ欄は教会で言うならば、信徒の交わり兼交流の場としても捉えていますので、公序良俗に反せず、有益な限り、ご自由にお使いくださって結構ですm(__)m。

無料掲示板のレンタルも考えましたが、昨年、変な輩にブログを荒らされ、ペースを崩された苦い経験から・・・やめました(-_-;)。基本的にウェッブ上は敵のフランチャイズ、危険な空間だということですね。

はい、私は196○年生まれです。気だけは若いですが(^^ゞ。古代進(ついでに真田、斉藤)、矢吹ジョー、モロボシダン、不動明、伊達直人のようにハードボイルドに生きたいと思っておりますが・・・たぶん無理でしょう(ToT)。

80年代前半、渋谷、表参道近辺を根城に遊び歩いていた、イタリアン=ハウスのバイト、スキー、テニスと暇つぶしの酒飲み(コンパとも言う)の合間に講義に出席していた(ゼミは民事訴訟法(爆!))、軽薄短小なバカ者でした。

ホール&オーツの「プライベートアイズ」、デュランデュランの「ハングリーライクザウルフ」、ワムの「ケアレスウィスパー」、ポリスの「エブリブレスユーテイク」、スティクスの「ベストオブタイム」、ジャーニーの「オープンアームズ」、BBQバンドの「オンザビート」、オリビア=ニュートン=ジョンの「フィジカル」、カルチャークラブの「タイム」、シャカタクの「ナイトバーズ」、リック=スプリングフィールドの「ドントトークトゥストレンジャー」、ABCの「ルックオブラブ」、エアサプライの「ロストインラブ」、ガゼボの「アイライクショパン」、あみんの「待つわ」、サザンの「ミス=ブランニューデイ」、達郎の「高気圧ガール」の時代です(ちょっとしつこく書きすぎたかも?)。

テレビは「おれたちひょうきん族」「オールナイトフジ」「ミッドナイトイン六本木」「ベストヒットインUSA」の時代です。

しかし、神聖な??(どこが!)大学をレジャーランドにしていた私にとって・・・現実はそれほど甘いものではありませんでした・・・とりあえず大学はなんとか卒業したものの!そのツケ払いを関東の僻地でさせられてます(涙;)。本当に!「かわいそうなくらい苦労してるんですよ」(はて?どこかで聞いたようなセリフ?By むふふ・・の総理)。今こうしてブログを通し、クリスチャンやっているのが今世紀最大の奇跡かも知れません・・・なぜ私のような者が?こんなことをやっているのか?私にはわかりません・・・主イエスにお会いするまでわからないかもしれません・・・近いうちに答えが見出せれば・・・幸いなのですが。

聖書は私個人は日本語訳では、口語訳を使ってます。一番訳がフィットします。教会では新改訳。私の知っている牧師先生方は、新共同約は訳に問題が多いから使うべきではない・・・と口をそろえて言います・・・

最後にくどいようですが、ウェッブ上は敵陣営の裏庭です。このブログもブラック=リストの末席くらいには名前があるかもしれません・・・我がブログの読者は賢明な方が多いので「何を今さら」と思われることでしょうが、当たり前のことですが、個人情報に関してはどうでもいいようなこと?(このエントリーの内容みたいに?)にとどめましょう。決して油断することなく、ガードを硬くして!有意義な交わりとして、カキコしましょう。

なお、教会に属していないが、ハイレベルなクリスチャンの方がこのブログの読者には多いように感じます。「私はクリスチャンではない」と言われる方でも、時が来れば「そうなる」と思われる方も多くいるように感じます・・・経験浅い私などでは、残念ながら何のお役にも立てませんが、何らかのお手伝いができれば・・・お互い助け合っていければと思っております。

たまにはこういうざっくばらんな書き込みもいいでしょう。

主イエス・キリストの恵みと、神の愛と、聖霊の交わりとが、あなたがた一同と共にあるように。

コリント第二 13:13

« ここまでコケにされながらも・・・なぜ自公政権を支持するのか? | トップページ | ザアカイ=レポートーⅢ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメント欄が賑わっているということは、それだけたくさんの人たちに興味を与えているブログだということでしょう。

それゆえ、やめられないですよね。なにせ、本番はこれからですから。

私は、サマリアさんにローマの人ペテロをウォッチングしていただきたいと思います。なぜなら、彼は、早ければ来年にでもドイツに居をかまえるからです。その際は、住所をコメント欄に書き込みますので、動向を発信していただければ、皆さんの益になると思うのですがいかがでしょうか。

ザアカイさんへ
>最後にくどいようですが、ウェッブ上は敵陣営の裏庭です。このブログもブラック=リストの末席くらいには名前があるかもしれません・・

こわっ!!あり得るかもしれません。
サマリア人(異邦人)の悪いくせが出てしまいました。オープンになりすぎてしまって。。反省。
ちょっとネット上では気をつけるべきですね。

のびたさん
>私は、サマリアさんにローマの人ペテロをウォッチングしていただきたいと思います。なぜなら、彼は、早ければ来年にでもドイツに居をかまえるからです。その際は、住所をコメント欄に書き込みますので、動向を発信していただければ、皆さんの益になると思うのですがいかがでしょうか。

スパイ大作戦みたいですねhappy02ローマ人ペテロとは いったい誰なんでしょうか。。。ドイツに住むのですか?なぜ。。。
かれもまたドイツ人なのでしょうか?
私ができるだ範囲でしたら 情報発信したいとおもいます。
なんだか 現場の東海林さんみたい!!なんてミーハーな事をいっていたら誠実なクリスチャンの方々に怒られてしまいますね。。coldsweats01 
皆様 今後ともどうぞサマリアを温かい目でどうかみてくださいませ。
神のご加護がありますように!!

nnobitaさん毎度です。

>それゆえ、やめられないですよね。なにせ、本番はこれからですから。

→ええ、おっしゃるとおりですね・・・夏場あたりからが今度こそ!要注意なんでしょうね

そしてニューカマーの我が愛する姉妹=サマリア人さん。

>ちょっとネット上では気をつけるべきですね。

→ははは・・・さすが聡明な方だ、真意が伝わり感謝です。ただ・・日本語というのは、その点強力な武器になりますね!少なくとも英語とは全然違うから。

中世の修道士(確か12世紀?)の聖マラキという人物のマラキ預言というのをご存知でしょうか?歴代の法王をズバリ比喩によって言い当てたという人物です。ちなみに最近では、「太陽の労働(東の労働者という訳もある)」=ヨハネパウロ2世、「オリブの栄光」=ベネディクト16世、ベネディクト会は別名「オリブ会」とも言う。こんな具合です。

そして「ローマ人ペテロ」その人こそ!最後の法王と言われている人物なのです。しかも例外的に実名で「それでおわり・・・」とマラキ預言は締めくくられています。このことからも、今は終末で、主の再臨まであと数年?と私は理解しているわけなのです。

ローマ人ペテロが誰で、なぜドイツに住むのかまでは、私にはわかりません。リトルペブルであるとする説がありますが、どうでしょうかね?nnobitaさんの情報を待ちましょう。

そういうわけでサマリア人さんも、ドイツ現地特派員として、ここにキリストの女性兵士の誕生となったわけです(^^♪。サマリア人さんは自分で気づいてないかもしれませんが、サマリア人さんを用いて、主はご自身の御用をなされているのです(^_^)v。貴重な現地情報を発信することによってです。

>私もわたぴ~さんは、最初女性だと思ってましたので、ちと残念(笑)・・・って、何考えとるんじゃ~!と言われそうです(-_-;)

あらまっ!∑(`□´/)/  私がザアカイさんを知らぬ間に惑わしていたとわっ!( ̄▽ ̄;) もしこれでザアカイさんが「実は私、女性だったんですぅ~!」なんてことだったら(爆)、限りなくテロに近いのですが・・・。(゚∇゚ ;)(゚〇゚ ;)(ノ*゚▽゚)ノ
残念な気持ちは良く理解できまする。<(_ _)>

音楽やアニメの世代も思いっきり被ってますねぇ~。( ̄▽ ̄)
実はワタクシ、昔は音楽やっていたのでその辺はウルサイですよぉ。コンサートなんかも行きまくりましたし。80年代前半の洋楽POPSでは、ワム、デュランデュラン、カルチャークラブが「御三家」でしたが、私はカジャグーグーも好きでしたね。1stアルバムも良かったですが、2st(Vo.のりマール脱退後)の方が完成度は高く、好きでしたね。(⌒-⌒) あと、シーナ・イーストンのバラードは最強の部類に入るかと。σ( ̄、 ̄=)

アニメはタツノコ・プロの作品は初期の頃から好きでしたね。「マッハGoGo」や「新造人間キャシャーン」の流線型の描き方は現代のクリエイターの方々でも、真似るのは難しいかも・・・。

実写版なら無性に「サンダーバード」と「プリンプリン物語」(知ってるかな?・・・( ̄▽ ̄;))が見たい今日この頃です。

えっ?!オタクだって?いえいえ、オタクではなく「コア」で御座います。<(_ _)>・・・というか、友達からはこういう話題が出るたびにそう言われています。ただ友達の言うところの「コア」は

「コアはコアでも君の場合は核だ」ということらしいですが。 ((((( ̄‥ ̄;)

今度からHNを「わたぴ~」ならぬ「オタクゥ~」に変えようかなぁ。o(- -;*)ゞ 賛成の方はリモコンボタンの#01を押して・・・
(;^◇^;)☆\( ̄ー ̄;)

サマリアさん、よろしかったらお願いします。

ローマの人ペテロは、最終的には、ノイシュバンシュタイン城を住まいとし、そこで、ヨーロッパをロシアから解放するヘンリー(アンリーとも発音されます)なる人物の、王としての戴冠式を行います。

ちなみに、ヘンリー王は、聖ミカエルがその足に触れたとき、びっこになったと言われています。すなわち、彼は足が不自由なのです。

ローマの人ペテロと知り合いになるということは、旧約で言えば、モーゼと知り合いになるのと同じことになります。彼の父は、イタリアの王家の血筋の人、母は、ドイツの人です。

いかがでしょうか。もちろん、御自分のお考えが最優先です。

ザアカイさん
>そしてニューカマーの我が愛する姉妹=サマリア人さん。
あらま 正式なクリスチャンではないのですが姉妹と呼んでくださるんですね。happy02ありがとうございます。
キリストの女性兵士。。。サマリア人に
できるでしょうか。。ちなみに北斗のケン小学生の時みてました。女性戦士マミヤすきでしたよ。

のびたさん

ローマ人ペテロは あのノイシュヴァンシュタイン城にすむのですか?!
イタリア人ではなかったのですね。

>ローマの人ペテロと知り合いになるということは、旧約で言えば、モーゼと知り合いになるのと同じことになります。彼の父は、イタリアの王家の血筋の人、母は、ドイツの人です。

のびたさんは 彼とあった事があるのでしょうか?知り合うという事は。。。私、直接会わなくてはいけないのでしょうか?
それとも彼が発するドイツ語のニュースを訳すことで皆様に情報をお届けするという事でしょうか?

ローマ人ペテロは 神に取って敵なのでしょうか?私、なにしろ新参者で。。coldsweats01詳しくお聞かせください。
のびたさんこれからも
お願いいたします!!

訂正。。100パーセントイタリア人ではなく。ドイツ人の母とのハーフであったわけですね。。

ローマの人ペテロは、反キリストと戦い、人類を平和の統治の時代(キリスト再臨後の時代)へと導く指導者です。

彼の動向は、無理のない程度で、集めれる範囲でいいのではないのでしょうか。

ヨーロッパは(世界もですけど)戦争状態になりますが、彼の居場所あたりは安全地帯ですので、必然的に目を向けざるを得なくなるでしょう。

と、言うことで、しばらくはこのブログで知識を蓄積されるといいと思います。

のびたさん
>ローマの人ペテロは、反キリストと戦い、人類を平和の統治の時代(キリスト再臨後の時代)へと導く指導者です。

そうだったんですか。。。私は法王庁は
神の敵についているのかと思っていました。
ローマ人ペテロはいまの法王庁に反旗を翻す人物なのでしょうか。
現在牢屋にいるとの事ですが、、
彼も司祭なのですか?謎が多いですね。。

神の最後の2人の預言者のことはヨハネの黙示録でしっておりましたが。。ローマ人ペテロがドイツに居住を構えた際には、城に住む前に他の場所にも住むのでしょうか。。
来年から、できる限りの情報を集めたいと思います。ザアカイさんのプログもできるだけ
過去のものもみて調べてみます。

サマリア人様、

法王庁を正しい道に帰す人、と認識されればいいと思います。

彼は、単なる、今は一カトリックの平信徒です。

城に住むのは、ヨーロッパがロシアに攻撃される、大混乱の時期です。それまでは、ドイツのどこかに共同体が出来ているはずです。

ヘンリー王に多大な影響を与えるのは、日本のキリスト教化です。壮大なる神国日本の宗教的改心です。それには、大ショックが日本を襲わなくては、日本人は目がさめないでしょう。

今後の推移を見守っていきましょう。

>実はワタクシ、昔は音楽やっていたのでその辺はウルサイですよぉ。

→知らんかったわ、すごいですね。実は私も高校時代、エレキギターを買ったのですが・・・才能がないのを認識し!挫折しました(ToT)。ど~も音感が無い様で、ギターのチューニングだけで!15分以上かかる、おまけに楽譜読めないし(涙;)・・・よって聞くの専門です(-_-;)。

>私はカジャグーグーも好きでしたね。
>あと、シーナ・イーストン

→you're too♪ shy~♪ shy ♪ hash! hash! eye to eye♪

 na ~na♪ na na na~♪ she's the modern girl ♪

シーナ=イーストンは18の時、カジャグーグーは20の時、好きで聞きましたよ~!知らないと友達同士の話題についていけなかった!音楽が青春のアルバム代わりです(^_^)v

>「サンダーバード」と「プリンプリン物語」

→プリンプリン物語はさすがに知らないけど、サンダーバードは、子供の頃、好きで見てましたよ!その後のキャプテンスカーレットとかスティングレー?はおもしろくなかったので見ませんでした(笑)。あの秘密基地とサンダーバード2号のタンク積み替えできるプラモ!サンダーバード4号のおまけ付き^_^;作りましたよ(笑)。

いやなに、我々の子供時代は、今みたいにビデオもDVDもPCも携帯も家庭用ゲーム機もなく、オーディオコンポとテレビくらいでしたからね!いちいちテレビの前に行ってチャンネル回さねばならなかった^_^;・・・屋外の遊び?といっても、メンコ、ビー玉、ベーごま、ちゃんばらごっこ(笑)。亀有の両さんの世界です(爆;)。

あとついでに補足!盛り上がってきました(笑)。マンガは20の頃、「アタ、アタ、アタ、アタ~!おまえはもう死んでいる」ケンシロウの北斗の拳は言うまでもなく(笑)、あだち充と高橋留美子が双璧でした。青春のバイブルとも言うべく「ナイン」「日当たり良好」「みゆき」ときて、やはり一番ブレイクしたのは「タッチ」でしょう(爆;)。たつやとかずやの双子と幼馴染み=みなみチャンの恋の行方(笑)、双子の弟のかずやが交通事故で死んじゃうンですよね。かずやの霊が達也に乗り移り、ライバルの新田を三振に打ち取り、甲子園出場が決まった時は、熱くなって、涙が流れましたよ(^^ゞ、いやあ~感動した!そして「めぞん一刻」ですよ!「若くして、きれいな未亡人の管理人さん」という舞台背景がよかった!!もう萌え萌えです、ハア~、ハア~(笑)。ヒロインの音無響子さんと五代?だったかな・・・一途な性格のさえない若者の恋の行方に好感持てたものです。おまけに三鷹という二枚目の青年との三角関係(笑)。最後に五代と響子さんの恋が実って、結婚するんでしたね!「あなたに出会えて、本当によかった」・・・「いやあ~、じ~んと来た!」(笑)、多少アキバ系入ってます(-_-;)。

ということで、ここからハードボイルドになります・・・切換えが早く?二重人格の精神障害?狂人扱いされるゆえんです(涙;)。

>ローマの人ペテロは、反キリストと戦い、人類を平和の統治の時代(キリスト再臨後の時代)へと導く指導者です。

→私もそうだろうと理解しております。私は「福音派」と呼ばれる教会の信徒です、そのことを前提に「客観的に!」語ろうと思います。

>法王庁を正しい道に帰す人、と認識されればいいと思います。

→バチカンは、今現在伏魔殿であり、サタンに乗っ取られた悪の巣窟だと理解してますが、ヨハネ=パウロ1世のような、バチカンを正しい神の家に回復しようとした善意の教皇もいたわけです。残念ながら殉教(おそらくそうでしょう)されましたが。マラキ預言が真実ならば・・・ローマ人ペテロこそ、カトリックの希望の星なのだと思われます・・・

蛇足ながら、私の経験から言って、偽善的カトリック教徒は、マラキ預言を認めようとしません・・・自分の頭で物事を考えようとせず、バチカンとローマ教皇に盲従します。もっとも、プロテスタントにおいても、ビリー=グラハム、ベニー=ヒンなどを吟味もせず絶賛しますけど・・・よってnnobitaさんは、真実なるカトリック教徒であると信じております。

>それには、大ショックが日本を襲わなくては、日本人は目がさめないでしょう。

→これは真理であると私も思います・・・

それと最後にサマリア人さん、特別なことをやろうときよう必要はないのですよ。自分の力でやろうとすると、特に主の奉仕に関することは・・・まず!うまくいきません(-_-;)。御心ならば、舞台を主が整えてくださいます。自分でも不思議なくらいスムーズにことが運びます。そして道を誤ろうとすると、主が気づかせてくださいます・・・聖霊のなせる業を信じてください。「すべてを主に委ねれば」それでいいのですから(^_^)v。

このブログも、何ものかに背中を押されるような気がして、居ても立ってもいられなくなり、はじめたようなものなんですよ。

長くなりましたが、管理人特権ということで(こればっかりです)(-_-;)。

のびた様
>法王庁を正しい道に帰す人、と認識されればいいと思います。
彼は、単なる、今は一カトリックの平信徒です。

わかりました。
まだまだ私にはわからないことだらけです。
ザアカイさん、のびたさんに、今年はたくさん教えていただく事になります。

ところで、私がザアカイさんのブログにたどり着いたきっかけは、反ロスチャイルド同盟いうサイトに目を通していたからです。
強大なユダヤ財閥が世界を支配している現実を知ってしまい、それにほとんどの人が気づいていない、そのおそろしさ。。。
それから、小石泉牧師の本の抜粋を読み、牧師でもこのような人がいるのだと
正直言って驚きました。
そしてザアカイさんのブログ。
まさに探していたものを見つけたと思いました。。

慎ましやかな女性クリスチャンとは大違いな非礼なサマリア人を皆様、許してくださいね。

 

サマリア様、

こういうサイトを最近見つけました。

http://blogs.yahoo.co.jp/m_josephine13/archive/2008/4/28

ドイツ在住のカトリックの女性です。

かなりの内容ですよ。ご参考に。

のびた様 ありがとうございます。
カトリックの知識は全くといってないので。。
参考にさせていただきます。
私は 基本的にはザアカイさんと見方がおなじで、
プロテスタントよりなので、マリアや聖人は崇拝しないのですが、
カトリックの誠実なクリスチャンの方々を非難するつもりはありません。

ところで、、、レムナントのことがよくわかりません。
説明していただけると ありがたいのですが。

サマリア様、

反キリストの時代、教会は大きく変えられ、反キリスト的な教会へと変えられていきます。

すると、当然それに反対する人は、地下に潜らざるを得ません。 それをレムナントと称します。

中国では、もうすでにキリスト教会は地下にもぐっています。昔の日本、キリスト禁止令当時、隠れて信仰を守ったような人々をレムナント、「残りもの」と言っています。

ザアカイさん、間違いがありましたら、訂正、補足をお願いします。

nnobitaさん、よろしいんじゃないでしょうか・・・

幸運にも、反キリストを拝まず終末を生き延びた信仰者とも言えますかね?もちろん、再臨に立ち会えずとも、殉教者はそれ以上に栄光を受けるんでしょう。

ネロの迫害の時代、迫害に屈せず、ペテロやパウロなんかと行動をともにした人たちみたいなクリスチャンと言ったほうがわかりやすいでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/41001668

この記事へのトラックバック一覧です: コメ欄が賑やかになってきた:

« ここまでコケにされながらも・・・なぜ自公政権を支持するのか? | トップページ | ザアカイ=レポートーⅢ »