2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 今は悪い時代なのである | トップページ | 世界同時株安をどう読むか? »

2008年1月20日 (日)

核による脅迫~イスラエルとロシアから

一週間のご無沙汰です。表向きは、「かりそめの平和」が続いております・・・

米大統領選挙予備選も同時進行。ネバダ州ではヒラリー候補がニュー=ハンプシャーに続き勝ち取ったようです。やはりヒラリーなんでしょうかね?オバマがアイオワを制した時は、ひょっとしたら?と思いましたが・・・まだわかりませんけどね。

2008011900000029jijpintview000

*ご存知ヒラリー=クリントン上院議員。よく見ると歳食ってますが(失礼!)とてもじゃないが!60歳とは思えない美貌(^^ゞ (^^ゞ (そんなんで、本当にキリスト者なの?と自分でも時々思います・・・)。ユーチューブで、レプちゃん(トカゲ型人類)に、シェイプ=シフト(変身)するビデオがあるとか?ホントかよ!捏造のような気もしますが、もし本当だったら、私など骨だけ残して、喰われちゃう(-_-;)・・・ギョエ~!

・・・と、ふざけている場合じゃありません(ーー;)。危機はもう目の前に迫っているというのに!

しかし、NYダウ、日経平均の暴落は止まりません・・・ダウは12000ドル割れ寸前、日経平均に至っては、14000円割れ、ブッシュ政権の発表した戻し税による景気刺激策にも反応せず・・・こんなのは小手先の一時的なもの、かつて日本でも、地域振興券なるものを、創価が中心になってやったので、結果はわかっています。

残された手は、今月末の政策金利をどうするかということでしょうか。ドル暴落、悪性インフレ覚悟の、FFレートの1%ほどの利下げが予想されておりますが、このカードを切ったならば・・・万策尽きるのではないでしょうか?ドル紙幣を刷リまくって、キャッシュ=フローを確保しても、損失はなくなりません。

メリルリンチとシティは日本円で1兆円超の損失を第四四半期だけで出した模様、さらに出てくることでしょう。カントリー=ワイドもバンカメが買収すると発表されたようですが、バンカメまでバランスシートが悪化するのではないか?との懸念も・・・かつての日本の住専に当たる、カントリーワイドはボロボロだそうです・・・バンカメも、中産階級向けの、通常の住宅ローン債権を大量に抱えているそうで、不動産価格の暴落が資産の毀損に繋がるとか?そんな中で、中東の湾岸諸国、中国が資金提供に動いていますが、戻ってくるんでしょうか?・・・まるでバブル時代の日本みたい。

よって、アメリカの植民地たる日本も、アホな売国政治家連中のおかげで、アメリカ、中国(中国もいよいよ、上海不動産バブルが、はじけ始めたらしい。また労働法の改定で、社会保険を義務化されたらしく、人件費が高騰しているそうだ。)への輸出ドライブで、ワールドワイドプレーヤー大企業主導で景気を牽引してきたから、国内市場はボロボロ。中小零細企業は青色吐息(私もその一人、ヨレヨレ状態でブログ書いてます)。企業業績が良くなっても、派遣、契約社員の増加で、まともに給料払わないから、お金を使いたくても使えない・・・そのツケで、内需拡大して景気を良くしようというカードも持ってないし、そんな気すらないようだ(あのブッシュだって、偽善者ぶってやってるのにねえ~、自公政権はとことん腐ってる)。ここのところの株安で、勝ち組による高級ブランド品の購買力も落ちてきたとか・・・もう既に、実体経済へと影響が出ているのです。

こんなところが現状でしょうか・・・あとは来月、誰の目にも明らかに世界恐慌に突入するとの預言が成就するかどうか?まで時は流れてきてしまいました・・・

前置きが長くなってしまいました、スミマセンm(__)m。でも現状認識が預言が成就するかどうかを検証する上でも、大事なことです。ここからすべてははじまるといっても過言ではありませんから。

ということで記事の引用へと進みます。

ブッシュがネタニヤフにイランへの核攻撃を約束か(Veterans for Commonsense)

http://www.asyura2.com/08/wara0/msg/164.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2008 年 1 月 15 日 07:16:59: SO0fHq1bYvRzo

ブッシュがネタニヤフにイランへの核攻撃を約束か(Veterans for Commonsense)

おそらく退役軍人たちの一部が作っている情報誌サイドだと思いますが、Veterans for Commonsense誌の1月10日付の記事です。これは、ベンジャミン・ネタニヤフ元イスラエル首相がイスラエル・ラジオに対して、ブッシュはイランに対する核攻撃の要求に対して同意したと語ったことを伝えるものです。

ネタニヤフは同時に、エルサレムがユダヤ民族に属するものであり永久にイスラエルの主権の下にあるだろうと語ったようです。つまり東エルサレムのパレスチナ人を全員追い出す(おそらくアル・アクサ・モスクも破壊する)、ということです。

ネタニヤフのこのような発言はいつものことではあるのですが、イザとなればイスラエル軍部が独自に動いて米国も追随せざるを得ない状況を作るかもしれません。それをブッシュの任期中にやるのか次の大統領になってやるのか、微妙なところでしょう。(ブッシュがあらゆる「汚れ役」を引き受けてパラグアイの文鮮明の土地にでもトンズラするかな?)

イスラエルが新型の長距離ミサイル実験に成功、核搭載可能

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200801180024.html

エルサレム――イスラエル国防省当局者は17日、地対地の新型長距離ミサイルの実験を実施、成功したと述べた。イスラエル放送は、核弾頭搭載可能と伝えた。AP通信が報じた。 同放送は、既存の核搭載可能な中距離弾道ミサイルの性能を向上させた「ジェリコ3」と伝えた。欧米の軍事専門家は従来のジェリコ・ミサイルも核弾頭搭載が可能としていた。

実験は地中海沿いにある空軍基地で実施、地元テレビは白煙を上げて空中を進む同ミサイルの姿を伝えた。地元テレビのチャンネル10は、イスラエル軍は射程約4000キロの長距離ミサイルを開発中と報じていた。 国防省当局者は、新型ミサイルは極めて遠距離の地点に到達可能と述べた。イスラエルは事実上の核保有国とみられている。

イスラエルは中東でイランからのミサイルの脅威を重大に受け止めている。同国のオルメルト首相は先に、イランの核保有は到底承認出来ず、必要なら軍事力行使もちゅうちょしないとの考えを示していた。

ロシア軍の参謀総長が「核先制使用発言」

1月20日3時5分配信 読売新聞

 【モスクワ=瀬口利一】タス通信によると、ロシア軍のバルエフスキー参謀総長は19日、モスクワ市内で開かれた軍事技術者の会議で演説し、「(他国を)攻撃する意思はないが、ロシアとその同盟国の防衛に必要ならば、核兵器を含む武力の先制使用が行われるだろう」と述べた。

 ブッシュ米政権が進めるミサイル防衛(MD)東欧配備計画や北大西洋条約機構(NATO)拡大の動きに対し、核使用の威嚇で対決姿勢を誇示したものとみられる。
~以上、イスラエルとロシアから3連発です。それにしても「核攻撃」という単語に躊躇を見せなくなってきました・・・ここ半年くらいでしょう、このような過激なコメントが見られるようになったのは。明らかに、イランの核開発が騒がれ始めてからですね・・・
あくまで私の推測ですが、アメリカでは、政治的には、ブッシュ=チェイニーを看板とするシオニスト=ネオコン陣営と、それを邪魔するCIA、愛国派軍人を中心とする勢力が拮抗して、主導権争いをしているのではないか?と見ております。イスラエルはイライラしていることでしょう。ロンドンにいるであろう黒幕連中も、同じくイライラしているのではないでしょうか?
やはりイランをvital key として、米英イスラエル=ユダヤ海洋帝国とプーチン=ロシア帝国の駆け引き、そしてその後を睨んだ、ヨーロッパと中国という図式は間違いないかと。
そして!その時期を占う上でも、わが祖国日本を含め、世界経済の行方は重要であるとこの記事を書きながら、つくづく実感しました。
すべては神のシナリオ通りに流れていくのでしょう・・・「神の許し」なしには何事も起りません。その時までは、まだ多少の時間は残されているのではないでしょうか・・・一人でも多くの人が、「唯一の来るべきメシヤ=キリストによる救い」に与るために・・・

« 今は悪い時代なのである | トップページ | 世界同時株安をどう読むか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/17763510

この記事へのトラックバック一覧です: 核による脅迫~イスラエルとロシアから:

« 今は悪い時代なのである | トップページ | 世界同時株安をどう読むか? »