2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 主よ、来たりませ~マラナタ | トップページ | 世界覇権を狙う準備は整った~ベールを脱ぎ始めたロシアー16 »

2007年12月24日 (月)

過ぎ越しの犠牲の子羊(Passover Lamb)~イエス=キリストというお方

 暗闇の中に歩んでいた民は大いなる光を見た。暗黒の地に住んでいた人々の上に光が照った。

イザヤ 9:2

 エッサイの株から一つの芽が出、その根から一つの若枝が生えて実を結び、その上に主の霊がとどまる。これは知恵と悟りの霊、深慮と才能の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。

イザヤ 11:1~2

2007年12月24日 クリスマス=イブ・・・

我らが主、イエス=キリストは、全人類の罪を贖うべくこの世に来られました。犠牲の子羊としての運命に違うことなく・・・いわゆる初臨。

もちろん私ザアカイは、ちょっと?(おおいに!)ひねくれた、はぐれ信徒としての一面もあります・・・ルカ伝2章8節を読むならば、「羊飼いは野宿をしていた」とのこと。ここの記述から察するに、主の生誕はおそらく、8月から9月初旬であったことでしょう。冬至(ミトラ神崇拝)との関係からも、12月24日がなにやら「胡散臭い、危険な匂い」がするということも知っています・・・

しかし、多くの人はそのことを知らないし、純粋に主の生誕を祝うのであれば、私は否定はしない・・・福音を通して主を知り、救いに与るのであれば、非難される筋合いはないと個人的には思う。あまりに行き過ぎると、現代の偽善者=律法主義者、パリサイ人と同じ徹を踏んでしまう。だからこの際、いいとしよう・・・我々は100%律法を持って救われるすべを知らないのだから。

主イエス=キリストが十字架にお架かりになった時間帯は、過ぎ越しの日であり(annual sabbath)、多くの羊が文字通り屠殺され犠牲となっていた時。何という神のご計画、配慮であろう!主イエスがメシヤであることの大いなる証明となる史実である。

我々の罪の生贄として、犠牲としてこの世に来られた・・・それがイエス=キリストというお方なのです・・・

私はこの恵みを無駄にはしたくありません・・・

 わたしは、神の恵みを無にはしない。もし、義が律法によって得られるとすれば、キリストの死は無駄であったことになる。

ガラテヤ 2:21

わがブログのテーマでもありますが、やがて近いうちに、主イエスは、王の王として、今度こそ、戦いの主としてもう一度、地上にやって来ることでしょう。しかし、その前に私たちは、尊い神の御子である主イエスによって、罪許されているということを確認しておく必要があります。

わたし達のような薄汚い泥棒ネコのような存在でさえ、ただただ一方的な限りなき愛によって、救いに与っていいわけなのです。それを選ぶのはわたしたちの自由な裁量に任されているのです。

過ぎ越しの犠牲の子羊(Passover Lamb)・・・その使命を持ってこの世に来られた方・・・ただただ・・・わたし達の罪の購いとして仕えるために・・・それが・・・イエス=キリストという方なのです・・・罪の購い、復活、そして再臨。これこそ我々人類に与えられた、間違っても!絶望に終わることのない、究極なる希望なわけです・・・

2007122400000005jijpintview000

イエス生誕の地=ベツレヘムのクリスマスの町並み

« 主よ、来たりませ~マラナタ | トップページ | 世界覇権を狙う準備は整った~ベールを脱ぎ始めたロシアー16 »

主イエス=キリストの愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/17468598

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎ越しの犠牲の子羊(Passover Lamb)~イエス=キリストというお方:

« 主よ、来たりませ~マラナタ | トップページ | 世界覇権を狙う準備は整った~ベールを脱ぎ始めたロシアー16 »