2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« あとはきっかけだけ?~再び浮上したイランー19 | トップページ | やはりネットは相手が見えないだけに難しい »

2007年9月 1日 (土)

匿名さんのコメントより

予想していたご批判をいただきました。今までなかったのが不思議と言えば不思議です。「あとはきっかけだけ?~」と言う書き方がまずかったのでしょうか?別に期待しているわけじゃありませんが。

おっしゃることはごもっともです。しかし現実から目をそらしていただきたくありませんね。

第三者的物の見方というのは心外ですね。人殺しがあってはならないことなのくらいわかってますよ・・・

戦争がどれだけ悲惨なことくらい、実体験はありませんがまったく知らないわけではないですよ。

自分は関係ない、対岸の火事であるだなんて思ってませんよ。

やがて日本だって無事ではすまなくなることくらい予想してますよ。

でも、現実から目をそらしてこれからの世の中生き抜くことが出来ますか?

この物質社会と言うのは、そんな奇麗事が通用する世の中なのですか?このまま平和のうちに次元上昇でもして、何事もなくパラダイスにたどり着けるのですか?

平和のうちに神の国が到来するなら、それに越したことはないことは、誰もが願っていることなのです。

でも私にはこのようなシナリオで成就するとは思えません・・・

なぜなら人間が支配する限り平和と言うのは実現不可能だから。

「私たちだけでもできたのに、どうして余計なことをするのか」と人間は神に対して文句を言うから。

ルシファーのように反逆する者が必ず現れるから。

あなたが何物かわかりませんが、我々は人間の罪深さを充分認識した上で、このような言論を展開しているのですよ。

もし貴殿がキリスト者であるならば、わかっているはずです。イノセントなだけでは不十分だと言うことが。

理想を追うのもけっこうですが、物質世界の現実に目を向けてください。この世を支配している連中は、話し合いで解決できるような人間ではないのですよ。人殺しを喜ぶキチガイ連中に愛とか憐れみなどというのが通用すると思っているのですか?

「何を祈っているのですか?」と言われれば、それは神の国の一日も早い到来に決まっています。「主の祈り」そのものです。

戦争のない、平和な社会・・・誰だって望むことですよ。でもそのような形で実現できないのなら仕方がないじゃないですか。

仮にそうだとして、人間の力で永遠の命を手に入れ、死を永久に滅ぼすことが出来ますか?

残酷なようですけど、徹底的にとことんまでやりあわなければ、人類の目が覚めないとするならしょうがないじゃないですか。

私は自分に与えられている運命に従います・・・

我々は人間と言う生き物に徹底的に絶望するところから始まっているのです。

だから神による救いなくしては、自分たちではどう逆立ちしても平和を手に入れることは出来ないんではないでしょうか?

自分たちの努力ではどうあっても救われないのです。

私みたいなのは論外ですが、心ある世界的な神の器と言われる方々は、皆さん奇麗事ばかり、理想論ばかり言いませんよ。

だったら他にどのような警告の方法があるんでしょうか?万人受けする書き方があるのなら教えてください。汚いことにはふたをして、見ぬ振りをしろというのですか?

最後にこれだけは言っておきます・・・あなたは気に入らないかもしれませんが、私は別として、皆さん、ネットで言論活動している人たちは身の危険を犯して、警告しているのですよ。第三者的な見方などというのはその人たちに対して失礼です。我々は評論家ではありません。これで飯を食っているわけでもありません。それどころかこんなことしてたって、この世的には何の得もないのです。

あなたにその勇気があるのなら、自分自身の納得する方法でなさってください。

それとハンネくらいは名乗るのが常識なのではないですか?

気に入らなければ、もう二度と私のブログは読まなくて結構です。

私はこの程度の批判でへこむようなタマではありませんから。

私が間違っているのであれば、その時は謙虚に謝罪します。

« あとはきっかけだけ?~再び浮上したイランー19 | トップページ | やはりネットは相手が見えないだけに難しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん

前回匿名にてコメントした者です。渡辺と申します。
匿名は意図的にしたものではなく操作ミスでした。すみません。そして第三者的と発言したのは言い過ぎでした。それも謝罪しておきます。

私は広島出身です。ご存知の通り世界で原子爆弾を落とされた経験を持つ土地です。長崎も同様ですね。祖母は被爆者であります。幼い頃より市内にある原爆ドームを見て育ちました。というより自然に目に入る場所にそれがあるので見ざるを得ないものなのでしょう。幼い頃より広島の人間は原爆というものが何かという事を教えられる土地です。とはいえ最近の若い子達の中には既に原爆という物を知らない者も居るみたいですが。

私が前回の日記に反応してしまったのははっきり言って本能的で感情的な行動でした。その事については軽率な行動だったと今は思っております。
私が幼い頃より教えられてきた戦争の悲惨さという状景が頭の中に広がってしまい苦しみ死んでいく人々の姿が次々に思い浮かんでしまいました。

確かに綺麗事だけ言ってるだけでは今の物質世界は良い方向に変わる事は難しいですね。現実から目をそらしているつもりはありません。この世界で悪な存在は今の肉体が滅んだあとの世界で必ず苦しみ続ける事になるでしょう。そして他人の手により殺害された善な存在の魂はまた新たな生命体としてどこかの世界で生きると思っています。もしくは肉体が滅んだ瞬間に意識の次元に進んでいる事でしょう。

このブログは警告の方法的手段なのですね。それならば納得致します。ここ最近いろいろなサイト、ブログなどで真実かどうか分からない噂や情報を煽るだけ煽りその後は放置しているものがやたらと目に付きます。その情報を見て心底恐怖を感じたり自暴自棄になってしまう人々もいます。強い精神を持つ人々や物事の判断がすぐに出来る人は良いでしょうがそれを出来ない人々も居ます。強い人々が弱い人々の支えにならなければこの世のバランスは取れません。そして弱い人々は強くなろうという気持ちを持たなければいけません。そしてそういう事を自然に出来ていた人々があまりに少なくなっている現代社会。このままではいけないと思う心を強く思う事が大事ですよね。私はキリスト教信者ではありませんが宇宙の愛を神と信じております。その神は多くの人類の人々の中に存在するものと信じております。
広い宇宙の中のこの地球という小さな惑星の中で行われている様々な争い、騙し合い、殺し合い。その他多くの悪行を宇宙の神、私達心の中に存在する神が黙っているのももう限界が来たという事なのだと思っております。

長くなりまとまりの無い文章になっているかもしれませんが私の考えです。そして私も悪に立ち向かう一人として生きているつもりです。小さな争いがあるから大きな争いも起こるのですね。途中で気付ければ救われます。
少しでもザアカイさんと理解し合える部分がある事を望みます。
そして戦争など絶対に起こらないと強く信じ、それが現実になる事を願います。多くの人々が強く願う事で願いは叶う事を信じます。
心の底から願う事で現実は変わります。

ザアカイさん、渡辺さん、おはよう。

まずはザアカイさん、一周年おめでとう。

私は単純な人間ですから、このような議論は苦手ですが、カトリックの一人として、意見を述べさせていただきます。

まず世界で起きる事は、神の承認なしには、何一つ決して起きないということです。原爆が落ちたことも、不幸な子供がいることも。

神のなさり方は、人間とは違います。それらの犠牲を通して、地獄へ行くべき多くの人間に、改心というお恵みが与えられるというのが、今の私の理解です。神は御自分の創造した人間を、すべて天国へ帰還してもらいたいのです。イエスの犠牲によって、人間は天国に帰還できるようになりました。

神を動かすには、人間の祈りと犠牲が必要です。これが、神の食べ物なのです。よって世界を平和にするには、これを神に捧げるしかないのです。

祈らない人は、神に近づけません。神に興味を持ってもらうために、人類は祈らなければなりません。

犠牲は無駄にはされません。日本に原爆が落ちたことによって、これからの日本の戦争、特に核の被害が大幅に緩和される、場合によっては核はもう落ちない、と思っています。そういう目で二つの原爆被害を見ています。神の日本に対する救済の業を、このように見ています。

こんなところが、今の私の理解度です。

ザアカイさん このブログを仲良しクラブにしてはいけません。
主の福音宣教のために。
クリスチャンに主の再臨の準備を呼びかけるために。多くの人に
発信してください。
 渡辺さん、バルナバ(慰めの子)といいます。
原爆投下はどんなに弁を尽くしても正当化することは出来ません
ましてや、キリスト教国であるはずのアメリカが投下したとなれば
キリスト教に対して疑問も感じるはずです、クリスチャンは聖戦と
いう大義名分で神の名の下に殺人、略奪、破壊を繰り返してきたのも
事実です、そして今そのアメリカがイスラムに対したそれを行っています。
渡辺さんが不安を煽っていると感じたのであれば、それはクリスチャンに
対してザアカイさんが早く目を覚ませと警告しているからだと思います。
 イエス様の救いは強制ではありません、受け取るか拒否するかは本人の自由
です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/16300459

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名さんのコメントより:

« あとはきっかけだけ?~再び浮上したイランー19 | トップページ | やはりネットは相手が見えないだけに難しい »