2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 州議会議員が神を訴える?~背教の国=アメリカ | トップページ | ミャンマー情勢にひとこと~長井健司さんの死を悼む »

2007年9月26日 (水)

約束手形の満期日は?~再び浮上したイランー21

ここのところ、またまたイランが騒がしいです。気になる記事をアップします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000026-mai-int

<イスラエル>ネタニヤフ元首相「シリア攻撃」の事実認める


9月21日10時24分配信 毎日新聞

 【エルサレム前田英司】イスラエルの右派政党リクードのネタニヤフ党首(元首相)がイスラエル軍による今月6日の「シリア攻撃」を認める発言をし、物議を醸している。シリアはイスラエル軍機の領空侵犯を公表したが、イスラエル政府はこれまで沈黙を守り、報道管制を敷いてきた。ネタニヤフ発言に政界や軍部からは「かん口令を破った」と非難が巻き起こっている。
 ネタニヤフ氏は19日夜、イスラエルのテレビ局チャンネル1で「シリア攻撃」について「私は最初からこの件に関与していたし、支持した」などと発言し、事前にオルメルト首相から概要を知らされていたことを示唆した。さらに、「首相に(作戦成功の)お祝いの言葉をかけたのか」と問われると「個人的にね」と答え、攻撃の事実を認めた形となった。
 イスラエル政府はこれまで一切、事実関係への言及を拒否してきた。政府や軍などにかん口令を敷き、厳しい報道管制も実施。イスラエル・メディアは連日、海外報道の転電に頼ってシリア関係のニュースを伝える状態が続いていた。ネタニヤフ氏の事務所は「具体的な作戦には言及していない」と“失言”の打ち消しに躍起になった。
 16日付の英紙サンデー・タイムズ(電子版)によると、シリア攻撃準備は今春から始まっていたとされる。攻撃をめぐっては欧米メディアが「『核関連施設』を攻撃したとみられる」などと報じ、「北朝鮮がシリアの核開発に協力」との憶測も流れた。
 イスラエルはシリア側に攻撃の詳細を表ざたにできない「事情」があると見て、反撃の機会を与えないため沈黙を続けているとの見方が有力だ。

最終更新:9月21日10時57分

* 口が滑ったんじゃないでしょう、確信犯なのではないか?意図的なリークと見ていいのかと。それにしても世界中のメディアは、こんな重大なニュースを・・・あまり騒ぎません。シリア自身も沈黙だし・・・逆に不気味ですね。これが逆だったらどうなっていたでしょうか?

イラン、原油代金決済で非ドル通貨比率80%に引き上げへ

9月26日11時46分配信 ロイター

 [テヘラン 25日 ロイター] イラン国営石油会社(NIOC)の幹部は25日、原油輸出代金の決済通貨について、ドル以外の通貨の比率を10月末までに80%に引き上げる意向を明らかにした。
 新日本石油<5001.T>など日本の石油元売会社がイランから購入する原油の代金を円建てに変更したことで、イランの原油輸出代金でドル以外の通貨が占める比率はすでに70%以上になっている。
 同幹部はロイターに対し「わが国とアジアの顧客との取り決めで10月末までに原油輸出代金でドル以外の通貨の比率を80%程度に引き上げたい」と述べた。
 ドル相場の下落でドルの購買力が低下しているとして、イランはこの2年間、決済通貨としてのドルの比率を減らしてきている。

* これですよ!これ!イランを叩かなければならない最大の理由は!ドルが基軸通貨である限り・・・ドル札を刷りゃ、いくら赤字出しても国家破産はしない、カリフォルニア産のオレンジを買うのと一緒。借金大王と呼ばれようがアメリカは安泰。しかし、イランのこの行為を認めてしまうと・・・「あれ?お咎めなし?じゃあうちもユーロか円で石油買おう~ッと!」となってしまい、ドルは暴落します。アメリカはユーロを買わなくてはならなくなります。要するに外為決済のための外貨準備をしなくちゃならない羽目になる。これはちょ~っとできない相談でしょう。そこで出てくる最終手段といえば・・・口で言ってわからないときは・・・暴力で言う事を聞かせるしかないわけですよ。つまり戦争です・・・悲しいことですが、人類の歴史を見るならば一目瞭然なわけです。

アメリカ議会下院 賛成397、反対16・・・ イランの精鋭部隊である革命防衛隊をテロ組織に指定 【中国国際放送局】

http://japanese.cri.cn/151/2007/09/26/1@104020.htm

米下院 イラン制裁強化法案を可決


2007-09-26 16:54:15 cri

 アメリカ議会下院は現地時間の25日、イランへの制裁措置を強化する法案を賛成397、反対16の圧倒的多数で可決し、イランの精鋭部隊である革命防衛隊をテロ組織に指定するよう国務省に呼びかけました。

 この法案は「アメリカに駐在員事務所を設置した外国企業がイランの石油天然ガスなどに投資すれば、制裁措置をとる」などとしています。

 同じく25日、国連総会の一般討論で演説を行ったイランのアフマディネジャド大統領は「イランの核開発計画は完全に平和的で透明な活動であり、我々は関係諸国と前向きな協議を行う意向がある」と強調しました。(ジョウ)

* ちょっと前から騒がれていた、超えてはならない一線を越えてしまったのかもしれません。イランの正規の軍隊をテロ組織認定したということは・・・宣戦布告と変わらないんじゃないのか?というもの。ソースが中国発というのが気になりますが、記事の性格からして本当なんでしょうね。

イスラエル、イラン核施設を来年攻撃の可能性…米誌報道


http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070924i213.htm

【ワシントン=宮崎健雄】米誌ニューズウィーク(電子版)は23日、信頼できるイスラエル当局筋の話として、イランが核開発をやめなければ、イスラエルが来年、イランの核施設を攻撃する可能性があると報じた。

 当局筋は同誌(24日発売)に対し、「2007年は外交努力でイランが(ウラン濃縮を)止めるかどうかを決断する年になる。今年末までに実を結ばなければ、08年は行動を起こす年になる」と指摘。同誌は、イラン政府が制裁措置に屈してウラン濃縮を止めるか、イスラエル軍を相手にするかは、今後3か月が決め手となるとした。また、イスラエルが今月、シリアで行った空爆は、北朝鮮がシリア経由でイランに移送中の軍事物資が標的だったとする欧州安全保障筋の見方も紹介した。

 ただ、イラン攻撃について、米国内では反対意見が大勢だという。イランが核爆弾を保有するのは早くても10年~15年になるとみられ、イラクなどに大部隊を展開させている国防総省は戦線の拡大を嫌っているとしている。

(2007年9月24日21時31分 読売新聞)

* 「はいはい、またですか?もういい加減わかったよ、狼少年はもういいよ」・・・という記事ですね(-_-;)。しかし!この辺が案外この情報の狙いかもしれません。狼少年を演じているうちに、いつか現実になるというパターン。そりゃ当然アメリカ市民は反対でしょう。心ある軍人も反対でしょう。しかし、ドル防衛の見地から言っても、やらなきゃやられる。「ナイルからユーフラテ」までの、大イスラエルを実現するためにも、イランの脅威は取り除いておかなくてはならない。

藤原直哉氏のインターネットラジオでも、「イランはイスラエルの核査察を要求したみたいですね」という情報があった。イランにしてみりゃ当然でしょう。あれだけIAEAに協力したわけですから。それに比べてイスラエルは・・・99.9%核を持っていることでしょうが、世界を牛耳るユダヤ民族の目に見える国。怖くて世界各国は、暗黙の了解で見て見ぬフリをしてきました・・・国際的なタブーに触れてしまったような気がしますが・・・

我々が知らないところで、マグマは沸々と煮えたぎって、噴火目前といった気がして仕方がありません。

そしてやはり・・・私は、ブッシュに汚い仕事をやらせる気がします。そうでなきゃ、いかさままでして、それも2回も!あのボンクラのブッシュを大統領に・・・。何のためにしたのよ!そして蛇足ながら、わがブログの読者であればわかっていると思いますが、ブッシュは間違ってもクリスチャンじゃありません!!あんなのがクリスチャンだとするなら・・・世界はとうの昔に神の逆鱗に触れて・・・滅びています。

« 州議会議員が神を訴える?~背教の国=アメリカ | トップページ | ミャンマー情勢にひとこと~長井健司さんの死を悼む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/16584063

この記事へのトラックバック一覧です: 約束手形の満期日は?~再び浮上したイランー21:

« 州議会議員が神を訴える?~背教の国=アメリカ | トップページ | ミャンマー情勢にひとこと~長井健司さんの死を悼む »