2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 神と悪魔の同居する国=アメリカ~デビッド=メイヤー氏のニュースレターから | トップページ | アルゼンチンを襲う大寒波 »

2007年7月 8日 (日)

アメリカを襲う熱波

 ザアカイです、このブログと関わりのある九州地方在住の皆様、その他の方も、集中豪雨のなか心中察します・・・どうぞ主にあってご加護がありますようにお祈り申し上げます。

 07年度、日本の地にも洪水被害がとうとうやってきました・・・テレビで見ただけですが、熊本県の美里村(でしたっけ?)お年寄りの方々・・・気の毒としか言いようがありません・・・その年配者の言ですが「今までこんなこと経験したことがない」とのこと・・・そうです、いまだかつてなかった・・・何かを彷彿とさせますね。

 これまでついでながら記事にしてきましたが、今年に入ってからというもの、あまりにも世界的な異常気象、自然災害の発生頻度が上がってまいりました。よって新規で「異常気象、自然災害」カテゴリーを本日より設けます。「終末のしるし」の一つの指標となろうかと思うので。

○ 米西部で記録的な熱波、50度超も (AFP BB News)

2007年07月07日 09:36 発信地:ロサンゼルス/米国

【7月7日 AFP】米気象局(National Weather Service、NWS)によると、米西部一帯を襲っている記録的な熱波は各地で最高気温を更新し、6日も継続する見通しだという。

 6日午前のカリフォルニア州(California)は高気圧が去ったため若干過ごしやすくなったものの、州の大部分および隣接したネバダ州(Nevada)とアリゾナ州(Arizona)には熱波警報が継続して発令されている。気象局の予報によると、カリフォルニア州南部のサンディエゴ(San Diego)の最高気温は47度に達する見込みとされ、さらに前日5日には同州のベイカー(Baker)で52度が観測されている。

 熱波に襲われた一帯では5日、各地で最高気温を更新、ラスベガス(Las Vegas)も47度の灼熱に見舞われ観光客らを驚かせた。

 気象予報士らは、日中の外出時間を減らし、高齢の親戚や隣人に定期的に声をかけるよう呼び掛けている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2250038/1757064

○ モンスーンで100万人が孤立、インド東部 (AFP BB News)

2007年07月08日 04:25 発信地:コルカタ/インド

【7月8日 AFP】インド政府は7日、同国東部を襲ったモンスーンによる豪雨により沿岸部に居住する約100万人が立ち往生したまま取り残されていると発表した。各地で洪水に見舞われ、これまでの犠牲者は655人にのぼっている。

 被害の著しい西ベンガル州(West Bengal)の対策担当者はAFPに対し、「すべての川が危険水位を超えている。救助隊はこれまでに6500人以上を避難させた」と語る。

 またPTI通信(Press Trust of India)によれば、犠牲者が最も多いのは西部のマハラシュトラ州(Maharashtra)で、これまでに385人を数えている。

 犠牲者のなかには洪水による溺死のほか、崩壊した建物の下敷きになったり、落雷による死者も出ている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2250340/1759277

4561

PS; 7月も今日で8日が過ぎました・・・ケイ=ミズモリ氏によるとNESARA法案はどうやらまだ議会に提出すらされていないようですね。そして宇宙人はまったく関係ない、なぜか日本で一人歩きしてしまったと。この方が言うのであればおそらく本当かと。そして宇宙人をリンク付けした珍説は、どうやら怪しげな自称チャネラー連中の捏造?のような雲行きですね。これが真実だったのでしょうね・・・キリスト教的に言うのであれば、チャネリングは悪霊(デーモン、堕落天使)と繋がるようです。そして聖書は禁止しております。おそらく宇宙人とは悪霊、デーモンのことなのでしょう。そして悪霊は嘘を得意としています。

 またニューエイジャーの得意とするところは、予言が間違っていたことを認めず、「期日がずれた、変更になった」として先延ばしにすることです・・・そのくせ、知ったかぶりしてキリストと黙示録をバカにする。例 S.M.氏など。潔く騙されていたことを認めりゃいいと思うのですが。私などエリヤと比べたら、道端のごみ程度、比較すること自体おこがましいのですが、バールの祭司の一群とたった一人で戦った時の気持ちがほんのちょっと、爪の先くらい、わかったような気がします。

 これでまた憎まれ口をたたいてしまいましたが、ヤコブ書にもあるように、「しかりはしかり、否は否」と言わなくてはなりません。

 私的には預(予)言が成就しないのは、神からのものではないということ。個人的な妄想、よくて悪霊、デーモンからのものであるということです。今人気のスピリチャル系某氏、占い師某子などはこの類でしょうね。しかし注意しなくてはならないのは、そこそこ当たるということ。

 私だったら潔く「どうやら私が間違っていたようだ、主ご自身からのものではなかったようだ、お騒がせして申し訳ない、偽預言者の提灯持ちをしてしまったようだ」と認めますがね。そして場合によっては、ブログ活動を休止、やめるくらいの覚悟で書かないと。

 ただ13日のジュセリーノの日本列島大地震、30Mの津波は、90%以上の確率で外れるような気がしますが、スマトラ沖地震の津波の例からも、気象兵器を使ったNWO陣営の人工地震という選択肢が残されているので、一応気にしておいたほうがいいかと・・・

« 神と悪魔の同居する国=アメリカ~デビッド=メイヤー氏のニュースレターから | トップページ | アルゼンチンを襲う大寒波 »

異常気象、自然災害」カテゴリの記事

コメント

テレビでやってるやつは、スピリチャル系某氏は入念なリサーチ、占い師某子は統計学ですからただのエンターテイメントですね。最近は視聴率も振るわないようで皆飽きてきたのかな?

コールド・リーディングというものですね。
某占い師氏もそうでしょう。
ただ、この人は品が無く見苦しい。
出自が出自だけに仕方ない。

京都に数子ちゃんと全く同じ占いの「〇学占い」というのがあります。当時学びたいと思っていた私は、問い合わせてみました。入門編で、10万円かかると返事をもらいました。数子ちゃんは自分のオリジナルと言っていますが、さてさて。

ポール・ソロモンにリーディングをとってもらいました。日本人で二人目だということでした。えらい高かった。五つ質問をしました。そして、それから20年以上、全く当たっていないのはどうしたことか。

若い頃の回り道は、物事の善悪を判断するのに役立っています、。フリーメイソン系の活動もしていたんですよ。会から本も出しました。これらは、神が学びのために、そうさせたのでしょうか。

だから、ネットで若い人がどうのこうのと言っていることがらは、私の若い頃とダブってなつかしい思いです。

UNIさん、九尾さん、いつもコメント感謝です。なるほど・・・勉強になりました、納得です。確かにあの占い師のおばはん、下品で傲慢・・・ブラウン管に映し出されると、即効でチャンネル回します(^_^;)。

そしてsa15nnobiaさん
>若い頃の回り道は、物事の善悪を判断するのに役立っています、。

→経験に裏打ちされているだけに説得力があります。いつも思うのですが、いくら才能豊かで能力が高い若者でも絶対かなわないもの・・・それが経験なのですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/15693471

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカを襲う熱波:

« 神と悪魔の同居する国=アメリカ~デビッド=メイヤー氏のニュースレターから | トップページ | アルゼンチンを襲う大寒波 »