2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 日曜礼拝より~イエス=キリストとともに前進する | トップページ | 我々人類(一般庶民)にとって諸悪の根源はこれなのか? »

2007年5月11日 (金)

オーストラリアの旱魃から

 ザアカイです。なんかオーストラリアの旱魃被害が大変なことになっているようですね。創世記のエジプト、ヨセフの物語みたいですね。何でも事態がさらに悪化するならば、1千万人からの人口をアメリカ、カナダに移住させる計画があるとか?

 そこで、ふと脳裏をよぎった閃光・・・聖霊による助けかどうかはわかりませんが・・・

 1. 黙示録の6番目の封印まですでに開かれている

   (異常気象は7つの雷の一つである)

 2. オーストラリア人がエフライムの末裔である

 3. オーストラリアも核攻撃を受けるようだ

 

このことが真実であるとするならば(これが前提条件ですが)、そしてアメリカへの移住が可能となるならば、「ちょっと待て、それってひょっとして・・・おいおい、マジかよ」と考えてしまいました。

 地政学的に考えて、「何でオーストラリア、ニュージーランドに核の雨が降るの?地理的に欧米とは明らかに離れているし、ロシアならあそこまで届くミサイル持っていても不思議ではないが、う~ん?」というのが正直なところです。

 ようするに、アメリカから他の地域に逃げるのではなく、アメリカ(マナセの末裔らしい)に北イスラエル(ヨセフ)の子孫が集められる?と解釈できはしまいか・・・と考えてしまったのです。

 ただ私、何の賜物も持たない「貧しき者」なので、単なる狂人の妄想になるかもしれません。預言者ではない・・・聖霊の知恵なるものもありません。そしてこういう切込みをする人(ある意味キチガイ)って・・・おそらく私くらいかもしれません。

日本で生活していると、今のところまだ格差、二極化という経済的苦労しかありませんが、世界を見渡してみると、我々が想像している以上に、事態は進行しているのかもしれません。日本も去年あたりから「風が強いな?嫌な感じがする」とは感じていますが。単なる異常気象、温暖化で片付けていいものかどうか・・・

 可能性の一つ(アレグロさんをみならって(^^ゞ)としてアップしてみました。

 

« 日曜礼拝より~イエス=キリストとともに前進する | トップページ | 我々人類(一般庶民)にとって諸悪の根源はこれなのか? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

何で私の名前が出てくるのかわかりませんが(笑)
実は去年、2ちゃんねるの「心と宗教」板に、「聖書に出てくる国名は?」というスレッドを立ち上げたことがあります。結局あまり盛り上がらないまま、1ヶ月足らずでdat落ちしてしまいましたが。
聖書を「素直に」解釈すると、登場する国名は北半球ばかりなんですよね。一番南にある国でエチオピアあたりでしょうか?
で、オーストラリアという国の起源とか、あまり知らないんです。宗教的にはプロテスタントが多く、アメリカとは仲がいいようですし、日本も宗教の違いはあっても割と仲良くやっていけそうな国という印象です。
ちょっと乱暴な意見かもしれませんが、オーストラリアの干ばつの危機が限界までくる前に携挙があるような予感がします。

アレグロさん、他意はありません。「可能性の試み」という意味です。確かそういうキャッチ=フレーズよく使っているような気が・・・

 わたしもオーストラリアはノーマークなのであまり詳しくありません。米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドってやはり兄弟国なのかも。米、英、イスラエル、イラン、ロシア、中国、大陸ヨーロッパそして日本にとっては韓半島がキーなのでしょうかね?

 最近私も、御心にかなうのであれば(清くないので難しいでしょうが(-_-;))、艱難前に携挙して欲しいなどと切に思います、本当にヤバイ気がします・・・

ザアカイさんは艱難時代前の携挙はないと思ってみえるようですが、どんなに「やだやだ!艱難時代前の携挙はありえないから地上に残りたい!」と叫んでみても(笑)、やはり私と一緒に携挙されると信じています。もちろん全世界の主にある兄弟姉妹と共にです。中には携挙のことを知らなかった人たちもいるでしょう。携挙を信じている信じていないにかかわらず、主イエスを信じる者は携挙されるんですよ。

>最近私も、御心にかなうのであれば(清くないので難しいでしょうが(-_-;))、艱難前に携挙して欲しいなどと切に思います、本当にヤバイ気がします・・・

いえいえ、ザアカイさんが自分を反省して「清くない」と言っても神の目から見れば「イエスを通して」見るから清いんですよ。だって「私は清いから携挙された」などと言うのは傲慢というものですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/15032917

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの旱魃から:

« 日曜礼拝より~イエス=キリストとともに前進する | トップページ | 我々人類(一般庶民)にとって諸悪の根源はこれなのか? »