2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 我々人類(一般庶民)にとって諸悪の根源はこれなのか? | トップページ | 動きあり~再び浮上したイランー16 »

2007年5月18日 (金)

黙示録6番目の封印が開かれている?~米福音右派大物の死

 米福音派クリスチャンの大物、ジェリー・ファウエル氏死去 [暗いニュースリンク]

 http://hiddennews.cocolog-nifty.com/briefing/2007/05/post_86d2.html

2007年5月16日 (水)
米福音派クリスチャンの大物、ジェリー・ファウエル氏死去
米国南部バプテスト伝道師で保守団体「モラル・マジョリティ」の創始者・現会長として活躍する米キリスト教右派の代表的人物の1人ジェリー・ファウエル氏が、5月15日に鬱血性心不全で亡くなったことがわかった。(享年73歳)(Washington Post紙報道)

ファウエル氏はヴァージニア州リンチバーグのリバティ大学にあるオフィスで意識不明となっていたところを発見され、リンチバーグ総合病院に運ばれ救急手当てを受けたが、蘇生しなかった。

ファウエル氏は全米に8,000万人の信者がいると言われるキリスト教福音派に影響力を持つ人物で、特に共和党の大統領候補を選出するにあたり多大な発言力を持っていた。共和党大統領候補者は、宗教右派の票を集めるためにファウエル氏のいるリバティ大学へ行くことが通例となり、最近ではジョン・マケイン議員が遊説に訪れていた。

ー以上引用ー

 ついに大物宗教家の死が現実になりました。私に言わせれば、ある意味カルト教祖であって、クリスチャンの仮面を被ったフリー=メーソン、サタニスト。おそらく裁かれたのでしょう。6番目の封印の7つの雷の一つ~大物政治家、宗教家の死・・・ジェラルド=フォード、サダム=フセインときてジェリー=ファウエル。これでビリー=グラハム、ブッシュあたりが死んだりすると、ウェインランド師の預言の信憑性が一段と高まるかもしれません。なおローマ教皇(ウェインランド師の預言が正しいとするならば)は死なないらしい。そしてラスト=ポウプとなるのでしょう。マラキ預言も解釈の仕方によっては、「オリーブの栄光」がラスト=ポウプと取れるから。ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

私も預言、または予言といわれる文書に数多く当たってきましたが、今のところロナルド=ウェインランド師の預言が一番信頼できるような気がいたします。なにしろ、「終末に立つ二本のオリブの木、終末の三年半活動し、使命が終わったらエルサレムで殉教し、3日後に復活、昇天し、主イエスの再臨の時、144000人の一人として共に来る」・・・とまで言い切る人物!ある意味はっきり言って狂気だ!と思う。そうでなければ本物であろう。

なお6番目の封印に関しては下記のサイトを参照してください。

http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/6sixth_seal7_a8fc.html

* なお、予言ついでに「未来から来たジョン=タイター」なる人物について一言。お決まりのように、ジュセリーノ同様、そこそこいい所はついているように思うが、所詮は食わせ物だと思う。おそらく何らかの目的があってあのようなことを言っている(NWO陣営のスポークスマン?)のかと。

 このタイターなる人物はタイムマシンで未来から来たというのだが、私は今現在、同時に未来があるとは信じていない。今が最新の未来である。聖書の創造論とビッグバンによれば宇宙が始まった時に時間も始まったのだから、今現在、同時に未来と言う時間はないというのが私の信じるところである。しかしこれを世界政府のアジェンタ、スケジュールとして見てみると結構真実味があるのだ。案外、何らかの目的でリークしているのではなかろうか。

 ・・・とは小石牧師のコメントです。私も同じ考えでした。さすがです。やはり私は、日本人牧師では一番尊敬できる神の僕であって、信頼できる器だと思います。

« 我々人類(一般庶民)にとって諸悪の根源はこれなのか? | トップページ | 動きあり~再び浮上したイランー16 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ちょっと気になる記事を発見しました。トンデモ予言の一種だとは思いますが、世の中あまり真実からかけ離れたことは予言とはならないわけで、一応リンクだけ紹介しておきます。
http://slicer93.real-sound.net/0-hq-space-10041.html
それにしてもクリスチャンがこんなサイト見てるなんて…もしかしたらザアカイさんも見てるかなあって思ってしまいます(笑)

アレグロさん、いつもどうもです。見てませんでした(^^ゞ。しかしソーチャ=ファールは知ってますよ。このお方もロシアVSアメリカの終末論を展開する論客ですよね。常々ブログで書いているのですが、無視はできませんよね。解釈さえ間違ってなければ、聖書預言ほど正確なものは存在しないと思っていますが、ジョンタイター、ジュセリーノなどと同じく、この手の予言も完全に的外れとは言えないと考えます。まあこれをもって、終末の7年がスタートし、2014年ハルマゲドン?という解釈は乱暴すぎると思いますが・・・

 聖母予言なども、「いや、そこそこ方向性はあっているかもしれないが、本物の聖母からのものかどうか疑わしい、聖母マリヤはキリストと違って生ける神の子とは違う。復活を待っている立場なのだから」とわかっていても無視できず!ついついチェックしてしまう・・・悲しい体質です、とほほ・・・

ジョリセーノの予言も、時期はちょっとずれるけど結構当たってますね。今イスラエル軍とパレスチナで戦いが起こっていますが、ジョリセーノは2007年3月に起こることとして予言してます。2ヶ月遅れたけど、なかなかやるなあと思ってしまいます。
聖母予言は、ちょっと聖書と合わないところがあるので、あまり気に留めていませんでしたが

アレグロさん、ブログへレスしておきましたよ。

毎度ありがとうございます。前にザアカイさんがメールアドレスを書いて下さったことがあったので、早速メールしたんですが、どういうわけか送信できないんです。もしかしてホットメールの新バージョンだからかなあ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/15119463

この記事へのトラックバック一覧です: 黙示録6番目の封印が開かれている?~米福音右派大物の死:

« 我々人類(一般庶民)にとって諸悪の根源はこれなのか? | トップページ | 動きあり~再び浮上したイランー16 »