2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« なぜそんなに急ぐのか? | トップページ | 終末預言の鍵~アメリカとイスラエル »

2007年4月30日 (月)

新興企業急成長の影に害資あり

 ヤマダ電機 51.7%

 ドンキホーテ 48.5%・・・

 これが何の比率だかわかりますか?害資(外資)の持ち株比率です。お恥ずかしい話、私はついこのあいだまで、家電販売業界のトップはコジマ電機だとばかり思っていました。そしたらいつの間にかコジマは4位に後退していた・・・まあ、企業戦略を見れば、いつかはトップの座から滑り落ちるとは思っておりましたが、あのヤマダの急成長・・・尋常ではない、裏に何かあるのでは?と勘繰っていました・・・嫌な性格です(;一_一)・・・

 これで謎が解けた、なるほどねと。ここでいう外資とは当然、国際ユダヤ=マネーです。あのドンキホーテのえげつないやり方も、これで納得いった。

 これら今売り出し中の新興企業ばかりではなく、

 オリックス、HOYA、日東電工、ローム、などは45%以上

 野村ホールディング、三菱東京UFJ、三菱商事、住商、三井住友など、日本を代表する企業の株式の30%以上は、いつの間にか外資に握られていた!キャノンとソニーは知っていたが、まさかここまでとは思っていなかった・・・ソニーなど、研究開発費に投資されるはずの分の資金が、株主配当に回されたという。ソニーの凋落と外資の比率と言うのも無関係ではないと思う。企業の将来など連中の知ったこっちゃないから。寄生体の死が間近に迫ったら、乗り換えればいいだけの話である。

 なんでも9.11テロ後の東京市場の暴落、確か日経平均7,900円くらいまで下落したような。2年ほど不況が続いたかと。あの時しっかり底値買いしていたのですね、さすがは究極のインサイダー取引です。りそなの国有化の時もそうだったような。あの竹中が潰すと言った後、急遽国有化宣言、できすぎ君です。あれを売国行為と言わず何というのだろう。

 それにしてもあの小泉、竹中、安倍のアホタレ売国三人衆。どうせやるにしても、ちょっとは抵抗するふりくらいしなさいよ!あまりにも露骨であきれ返る、それが見えていないゾンビ国民が多いのには・・・ノーコメント、悲しくて涙が流れてくるので(T_T)。ここまでコケにされて、悔しくないんだろうか?皆さんそんなに暮らし向きがいいんでしょうか?私のような無能でさえ、この程度のことくらい知っている、自分の身に迫った危機が見えないのだろうか?夏の参議院選挙で与党が過半数を取ったら、間違いなく「ホワイトカラー=エグゼンプション」もう一度やってくることでしょう。

 これが郵政民営化、三角合併、残業カット法という一連の何も急いでやる必要のない悪法、ユダヤ陣営にとっては素晴らしい法律、の正体である。要するに郵貯の350兆円でイラク戦線の戦費を維持し、これからやるであろう、イラン侵略の軍資金の金庫にする。日本の為には使われない、アメリカ債に投資(実質贈与)される。そして日本の優良企業を軒並み買収し、「もっと配当増やせ、そのためには従業員の給料下げろ、リストラしろ!残業代など払うな!その分われらによこせ!日の丸企業の研究開発費などの先行投資などわれらの知ったこっちゃない、とにかく四半期単位で利益を上げろ!」と株主からどやされる。まああの経団連のトイレ会長を見ていればわかりますがね。

アメリカを例にとってみよう。ニューヨーク=ダウ平均が13000ドルに対し日経平均は17500円としよう。

 13000x120=1,560,000円~ニューヨーク

 17,500円~東京

平均株価を比較しただけでも、これだけの企業スケールの格差がある、日本は約1/100です。そして日興コーディアル証券をシティ=バンクは手に入れた、これでのどから手が出るほど欲しかった顧客情報はもらった!そしてほんのわずかの自社株を交換に出す、これでやらずぼったくり完了となる。害資ウハウハぼろ儲けというわけです。おそらく日本の優良企業は、このままでは軒並み合法的に外資に持っていかれる・・・

 その暁には残業代がなくなる、過労死がふえる、奴隷のごとき家畜人の誕生である・・・「残業がなくなれば、少子化対策にもいい」とはあの安倍のアホタレの弁、「その程度のおつむでよく総理大臣になれたものだ、その程度のサルの脳みそなら私だって度胸があれば、総理大臣務まるよ!」と言いたくもなる。

 そこでです。日本がユダヤ害資に骨の髄までしゃぶられ、国民生活がボロボロにされるのが先か、アメリカがロシアに核攻撃をうけて炎上するのが先か、事態はそこまで来てしまったというのを知るべきです!まあ、どちらに転んでも、今まで経験したことのない苦難は覚悟しなくてはなりませんが。

 そしておそらく、これは私の推測だが、北朝鮮が、金正日体制が崩壊することはない・・・と思う。中国とアメリカの庇護の下にあるだろうということがわかった。おそらく最後の最後まで、日本から金を巻き上げるジョーカーとして取っておかれることだろう。いまは米中綱引き状態だろうが、やがて中国が覇権国となった時には、韓半島は北によって統一され、中国軍の切り込み部隊として機能する気がする。日本もどうなるかわからない、憂鬱な話である。

 今はまだ日本という国家、それでも世界的に見れば恵まれている、徹底的に卑しめられないと、神に顔を向けることはないのでしょうね・・・キリストによる救いがわからない・・・神の国の到来が荒唐無稽のおとぎ話に思える・・・悲しいことですが・・・

« なぜそんなに急ぐのか? | トップページ | 終末預言の鍵~アメリカとイスラエル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。気になる記事を見つけました。
<ロスチャイルド財閥が日銀の株式買収に乗り出した。

かねてから日銀株は、20%程ロスチャイルドにより
支配されて来たが、昨今の商法「改正」による外資の
日本企業乗っ取り「自由化」が解禁されるや、即座に
ロスチャイルドは、日銀株の51%取得=日本の中央銀行の
支配を目指して動き始めた。


金融自由化を推進して来た小泉元首相、竹中平蔵元金融大臣
が、誰の「操り人形」であったかを、これは良く示している。


ロスチャイルドは、複数の名義、金融機関を駆使しながら
株式の買収を進めており、表向きはロスチャイルドによる
日銀の乗っ取りとは分からない形を巧みに取っている。

51%支配という過半数の株式取得を目標としている所から、
日本の国家の「基幹」である金融政策を私的機関である
ロスチャイルドが私物化し、支配下に置く事が目的である
事は明白である。

イスラエルを中心とした金融帝国ロスチャイルドの艦砲射撃
が開始された。>
 

バルナバさん、貴重な情報ありがとうございます。私、一番初めにイメージしたのが電通、トヨタでした。いやあ~、灯台下暗しですね。そんな回りくどい事しなくとも、日本国の根幹、金融の本丸をせめればいいわけであって・・・やはり今年あたりから、動いてきそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/14902678

この記事へのトラックバック一覧です: 新興企業急成長の影に害資あり:

» ホワイトカラー・エグゼンプション [ホワイトカラー・エグゼンプション]
ホワイトカラー・エグゼンプションって何?残業代ピンハネ貌って本当?よくわからないその仕組みを徹底解剖! [続きを読む]

« なぜそんなに急ぐのか? | トップページ | 終末預言の鍵~アメリカとイスラエル »