2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 父と子と聖霊=三位一体はカトリックの偽りなのか?~各論Ⅲ | トップページ | 今明かされる天地創造の真実~各論Ⅳ »

2007年3月12日 (月)

シリアも臨戦態勢なのか?

 すっかり終末ブロクの色彩が強くなった感のあるわがブログです。そして終末の様子を伝える現地レポーターたる私、取税人ザアカイであります(ーー;)・・・何でこんなことになってしまったのか・・・謎です。

 さて、ロシア、イラン、イスラエルにばかり注目がいっていますが、ここでダークホース的存在のシリアで動きがありました。「なんだシリアかよ」・・・と馬鹿にしてはいけません。まあイラン、イスラエルに比べれば弱いかもしれませんが、着々と最新鋭のロシア製の武器で軍備を整えています。ヒズボラとの紛争でもわかったとおり、イスラエルといえど、なめてかかると火傷します。そして何より、イランより先に、シリアから世界的な大戦争につながる可能性は否定できません。中東一体が火薬庫なのは言うまでもないことなので。そしてイランと軍事同盟を結んでいるということは、ロシアの影もちらほらと・・・

結局、人類では平和で、悲しみの無い、喜びに満ちた世界を築き上げることは不可能なのですね、悲しいことですが・・・

数千基のロケット砲を配備=対イスラエルでシリア [AFP=時事]
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/606.html
投稿者 white 日時 2007 年 3 月 10 日 00:56:13: QYBiAyr6jr5Ac

□数千基のロケット砲を配備=対イスラエルでシリア [AFP=時事]

 http://news.www.infoseek.co.jp/afp/world/story/20070309afpAFP011382/

数千基のロケット砲を配備=対イスラエルでシリア (AFP=時事)
【エルサレム9日】イスラエル軍筋と政府筋は9日、AFP通信に対し、シリアが対イスラエル国境地帯に数千基の中・短距離ロケット砲を配備したと語った。これらのロケット砲はイスラエル北部の主要な町を攻撃できるという。 シリアに関しては最近、部隊が移動しているとの情報もあり、イスラエルでは、シリアが小規模な戦争に備えているとの見方が出ている。

 イスラエル軍筋は「ここ数カ月、シリアが(イスラエルとの)国境にロケット砲を配備したのをわれわれは察知している。その多くは地下などに隠されている」と述べた。 配備されたのは射程70キロの220ミリ砲や同100キロ以上の302ミリ砲など。後者はイスラエル第3の都市ハイファやその工業地区を攻撃できる。

[ 2007年3月9日22時55分 ]

* 小規模な紛争で終わればいいですが・・・

バンカー(核シェルター)への人々の関心が急速に高まってきたイスラエル(The Times)
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/668.html

投稿者 Sun Shine 日時 2007 年 3 月 12 日 13:29:37: edtzBi/ieTlqA

(回答先: シリア、イスラエルとの国境沿いに多数のロケット弾を配備。北部イスラエル攻撃の戦闘準備を展開(カナダ・フリー・プレス) 投稿者 Sun Shine 日時 2007 年 3 月 12 日 13:12:00)

イランの核攻撃に備えて、バンカー(核シェルター)の需要が急速に伸びているとのこと。

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article1495080.ece

* ということらしいです・・・ガセかもしれませんが、半分本当のような・・・

 

« 父と子と聖霊=三位一体はカトリックの偽りなのか?~各論Ⅲ | トップページ | 今明かされる天地創造の真実~各論Ⅳ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/14239891

この記事へのトラックバック一覧です: シリアも臨戦態勢なのか?:

« 父と子と聖霊=三位一体はカトリックの偽りなのか?~各論Ⅲ | トップページ | 今明かされる天地創造の真実~各論Ⅳ »