2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 今明かされる天地創造の真実~各論Ⅳ | トップページ | こんな日本に誰がした!~小泉獅子郎という男 »

2007年3月14日 (水)

ネオコンは本当に権力の座を失ったのか?

 まず始めに、前回の「天地創造の真実」の木星と土星近くにある地球の破片とされる小惑星群ですが、アステロイド=ベルトです、わかりました(^^ゞ。失礼しました。

 さて本題。最近忘れられかけているネオコンですが、連中にとってはまだまだ利用価値があると思われます。おそらくまだ権力の座から転落してはいないと・・・もう一花咲かせてからお役ごめんか?

 そして今後のアメリカの国家体制ですが、全体主義的独裁国家へと変貌する危険があるのではないかと・・・その時期が核攻撃を受ける前か、後かはわかりませんが・・・日本もよくよく警戒しないと巻き込まれる危険があります・・・アメリカという国家は、いよいよ反キリストを生む母国(獣の母)としての役割を終了すべく、最終コーナーを回っているといったところでしょうか?

「アメリカン=フリープレス」の論評はいいところを突いているのではないかと私は考えます。

 以下太田龍氏のHPから

太田龍の時事寸評

   

更新 平成19年03月13日23時41分
ネオコンに百パーセント忠実なファロン海軍大将が米軍中東戦域司令官に新任されたことの意味。(アメリカン・フリープレス)
平成十九年(二〇〇七年)三月十三日(火)
(第一千九百八十六回)


○「アメリカン・フリープレス」紙、二〇〇七年三月十九日号。
 十頁。

○ジェームス・P・タッカー記者
 「ファロンは、百パーセントネオコンの戦争機関である」

○ファロン Fallon
 この人物は、米海軍大将。最近、ブッシュ米大統領によって、
 米中東地域軍司令官に任命された。

○そして、タッカー記者によれば、このファロン海軍大将は、
 ネオコンに百パーセント忠実な軍人であると言う。

ファロン司令官の任務は、言はずと知れた、

イランに対する戦争を開始すること。

○この記事は、
 ラムズフェルドは、国防長官を辞任した。しかし、引退した
 わけでも、消えたわけでもない。
 
ラムズフェルドは、ペンタゴンに事務所を持って居り、職員
 は、十四名。そして、イランに対する武力攻撃の計画作戦に
 多忙である、と言う。


ゲーツ「国防長官」の任務は、議会をおとなしくさせること
 であると。


○この記事を読むと
 ネオコンはもう落ち目だ、又は、ネオコンは、決定的に米国
 ワシントン政権中枢から追放された。
 ネオコンの時代は終った。

○などと、デマ情報をたれ流して居る。
 日本の極悪売国奴マスコミのペテンの本体が、良く見えて来る。

 (了)
 

それと以下は記事の論点とは直接関係ありませんが、プーチンがベネディクト16世と会談をした模様。何を話し合ったのでしょうか?ヨーロッパ合衆国の誕生に向けての狐と狸の化かし合いでしょうか?それとも犬猿の仲を演じていますが、ロシア正教会とバチカンの合同・・・エキュメニズムに関係があるのか・・・?

 ベネディクト16世とプーチンのツーショット、強烈な顔写真が掲載されています。プーチンが善人に見えてしまう。何度もいっていますが、見かけで判断するのはよくありません、が、この写真を見てしまうと、ベネディクト16世こそが偽預言者、第二の獣じゃないのか?と疑ってしまいます。デーモンに憑依されているかのような顔です、コワ(・_・;)。

2007031405089862jijpintview001

« 今明かされる天地創造の真実~各論Ⅳ | トップページ | こんな日本に誰がした!~小泉獅子郎という男 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/14259661

この記事へのトラックバック一覧です: ネオコンは本当に権力の座を失ったのか?:

« 今明かされる天地創造の真実~各論Ⅳ | トップページ | こんな日本に誰がした!~小泉獅子郎という男 »