2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ストレートなプーチン発言~ベールを脱ぎ始めたロシアー2 | トップページ | シオニスト、ネオコンの本音トークの中味を斬る »

2007年2月12日 (月)

もう戻れない~再び浮上したイランー9

 さて、昨日のアナウンス通り、イラン最新情報をお届けします。率直な感想、「マジ、やばい」です。

それでは、気になる記事を列挙します。

A. 攻撃受ければ世界中で反撃=最高指導者が警告ーイラン

2月8日22時0分配信 時事通信

 【カイロ8日時事】イランの最高指導者ハメネイ師は8日、イランが攻撃された場合、侵略者とその世界中の権益に全面的反撃を加えると警告した。国営テレビが伝えた。
 同師は「いかなるイランへの侵略も、侵略者とその世界中の権益に対するイラン国民からの全面的な反撃を招くことを敵はよく理解している」と語った。
 イランの核開発計画の進展を背景に、米国やイスラエルによるイラン攻撃の可能性をめぐる報道が最近、再び活発化している。ハメネイ師の発言はこれをけん制したとみられる。
 

* イランの最高指導者まで出張ってきました。「けん制した」と書いていますが、私はハメネイ氏の本音であると解釈しています。

B. イラン関与の武器で170人死亡=米軍が証拠公表ーイラク

2月12日1時0分配信 時事通信

 【カイロ11日時事】イラク駐留米軍高官は11日、記者団に対し、イランで製造されイラクに持ち込まれた精巧な爆発成形弾(EFP)などにより、2004年6月以来、米軍など多国籍軍の少なくとも170人が死亡し、620人が負傷したと主張した。AFP通信が伝えた。
 同高官は「イランはEFPやその他の物資の過激派組織への供給に関与している」と指摘。武装勢力の訓練などにかかわったイラン革命防衛隊の「アルクッズ(エルサレム)部隊」が最高指導者ハメネイ師に報告を上げるなど、これらの活動にはイラン政府の高いレベルが関知していると米軍はみているという。
 イラン関与の証拠とされるEFPや迫撃砲弾の破片などが記者団に示された。同高官は匿名を要求。安全を理由に記者団のカメラや録音機の持ち込みを禁じた。(このあたりが胡散臭い By zaakai)

* 9.11タイプのでっち上げ、イラン=悪とすることにより、アメリカ市民の世論を味方につける。「イランのせいでイラクで米兵が命を落としている」という呪文を唱え、怒りの矛先をブッシュからイランに向ける。これでダメなら奥の手、自作自演テロがジョーカーとして残されているのでしょう。この手法は真珠湾攻撃以来の獣帝国のお家芸。大衆マインドコントロールの手法です。こんな簡単な手で騙されてしまうのが一般大衆というもの。どこかの島国で、獅子朗、ケケ中、亡国のイイ○マのトリオに、5年間もまんまと騙され続け、未だに小泉信者がいると言う驚愕の事実!!万国共通ではないかと・・・は~情けない。

C. 米、ペルシャ湾に空母増派も=ミサイル試射のイランけん制

2月12日10時0分配信 時事通信

 【ニューヨーク11日時事】12日発売の米誌ニューズウィーク最新号は、米軍がイランへのけん制を強めるため、空母「ジョン・C・ステニス」に続き、さらに空母1隻をペルシャ湾に派遣する可能性があると伝えた。イランは先週、ペルシャ湾で対艦ミサイルの試射を実施したばかり。増派が行われれば、米軍は同湾に計3隻の空母を展開することになる。
 また同誌は、米国防総省が対イラン全面戦争を想定した緊急作戦計画を作成しており、ブッシュ大統領も昨年夏に説明を受けたと報道。計画ではイランの対空防御施設や核・化学兵器関連施設が攻撃目標とされているという。

* ほぼ戦争準備は完了か?本当にペルシャ湾に3隻も空母が並んだとしたら・・・けん制などと寝ぼけたこと言ってられなくなってしまうでしょうが!ニューズウイークは体制側の広告塔のようなもの。空母増派の可能性は否定できません。

D. 6カ国協議の北朝鮮への妥協も米の対イラン開戦迫る為=空母配置し核攻撃態勢敷く「米国は破局へ」と元NATO総司令官警告
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/737.html
投稿者 救国の草莽の志士 日時 2007 年 2 月 11 日 19:38:05: fzrYJ5Wj4Dt36

(回答先: 米の対イラン開戦迫る 空母配置し核攻撃態勢敷く 「米国は破局へ」と元NATO総司令官警告(ベリタ) 投稿者 近藤勇 日時 2007 年 2 月 11 日 16:18:59)

戦争開戦の直前には、両面作戦を回避する為に一方の方面で和平工作をして、挟み撃ちにならないように努めるのが常道である。ヒトラーも、対ソ連戦を回避するために独ソ不可侵条約を結んでから、ポーランド侵攻に始まる西部戦線に乗り出した。その事実からすれば、今、北朝鮮に妥協してまで融和策に転じたのは、西部戦線の対イラン攻撃が焦眉の急になっているからだ。このことから、このクラーク氏の言っていることは本当だろう。シリアとイランを核攻撃するのなら、第三次世界大戦の勃発は確実である。
日本は、それに巻き込まれないように、決断すべきである。

そう言えば、それに符号した身近な国防総省と在沖縄米軍関係での注目すべき事実と異変が二つある。

①これまで在沖縄駐留米軍が日本の思いやり予算かで1兆円の経費執行が、突然停止と なり、現在は基地建設には金を投じない方針になったらしい。イラン戦争を開始する なら、経費はどれだけになるのか天井知らずであろうから、沖縄の基地建設などは中 止になる筈であろう。(知り合いの基地建設 業者の情報)

②最近、知人の会社が国防総省に持ち込んだ出血止め用の新型「血液パッド」をペンタ ゴンが正式に大量購入の受注を得たらしい。これは、戦争の開始を想定しているから だろう

* この救国の草莽の志士と言う方、何者かは知りませんが、韋駄天掲示板時代から、引き続きなかなか鋭い分析をし、おそらくですが真正の愛国者だと思われます。確かにここまできてしまったら、日本は戦争に巻き込まれず、被害を被らない方法を考えたほうがいい。ところが、日本政府ときたら、獣帝国アメリカの言いなり・・・イランから石油買っているのに非難に同調してどうすんのよ!イラク特措法さらに2年ほど延長して、自衛隊員を殺す気かよ!ゴラン高原(シリア)にもPKO派遣しているじゃあないか!一刻も早く撤退させよ!あきれてものも言えません。この国の指導者からしてこの体たらく。自分で守るしかないかもしれません。

そして最後に宣教活動を少々・・・

間に合ううちに、主イエス=キリストにあなたの顔を向けてください。

 ザアカイよ、急いで降りてきなさい。今日あなたの家に泊まる事にしているから。 ルカ 19:5

そうなのです、私みたいな無能なるダメ人間でも、福音を耳にしてから真正のキリスト者になるまで、10年間も見捨てず待っていてくれたのです!主はいつも、私たちの心に呼びかけてくれています。

「さあ、降りてきなさい」と・・・私たちから近づこうとするなら、主はいつでもだれでも受け入れてくださいます・・・

獣の野望を打ち砕くことが出来るのは、主なるイエス=キリストただお一人です・・・

« ストレートなプーチン発言~ベールを脱ぎ始めたロシアー2 | トップページ | シオニスト、ネオコンの本音トークの中味を斬る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/13881152

この記事へのトラックバック一覧です: もう戻れない~再び浮上したイランー9:

« ストレートなプーチン発言~ベールを脱ぎ始めたロシアー2 | トップページ | シオニスト、ネオコンの本音トークの中味を斬る »