2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 人獣帝国は本気らしい~再び浮上したイランー11 | トップページ | 発言力が高まってきた~ベールを脱ぎ始めたロシアー5 »

2007年2月26日 (月)

リーク記事が増えてきた~再び浮上したイランー12

 最新記事です。獣連合=米英イスラエルは、水面下でどのような具体策を練っているのでしょうか?もう青写真は出来ているのでしょう。あとはきっかけだけか・・・

イスラエル・イラク上空を経由してのイラン空爆をアメリカと協議中(Haaretz)
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/198.html

投稿者 こげぱん 日時 2007 年 2 月 24 日 20:47:27: okIfuH5uFf.Lk

イスラエル・イラク上空を経由してのイラン空爆をアメリカと協議中(Haaretz)

イスラエルは現在、イラク上空を経由してのイラン空爆をアメリカと協議中と、イギリス・デイリーテレグラフ紙が報道。
イスラエル国防副大臣Ephraim Sneh は報道を否定しているが、デイリーテレグラフ紙によれば、匿名のイスラエル高級将校は協議が継続中であることを認める。
モサドはイランが核兵器開発に必要な核物質製造を終えるのは2009年と見積もり。
オルメルト首相は、モサド長官とモサドのイラン責任者の退役を、早くても2007年末まで延期。
オルメルト首相はまた、イラン空爆の司令官をすでに任命。

イランは国連決議を無視。イスラエルは過去にも、イラク原子炉に先制攻撃したことがある。

* やはりこの計画のためであったか・・・イラク占領は続くであろう。これなら対空砲火を浴びることなくイラク上空を通過できる。

Re:米単独でイラン攻撃か ロシアは断固反対 英も不賛同 また国連無視へ(ベリタ)
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/224.html
投稿者 近藤勇 日時 2007 年 2 月 25 日 13:50:09: 4YWyPg6pohsqI

(回答先: イラン攻撃は、米国の戦後62年間続いた「世界支配の時代」の崩壊と終焉となる。 投稿者 救国の草莽の志士 日時 2007 年 2 月 25 日 13:39:52)

米単独でイラン攻撃か ロシアは断固反対 英も不賛同 また国連無視へ
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200702250838340

イランの核開発問題をめぐって、国連安全保障理事会は26日にもイランに対して新決議へと動くもようだ。しかし、ブッシュ米政権はペルシャ湾配置の空母を2月末までにイラン沿岸に接近させるとの情報があり、この月末を対イラン攻撃のタイムリミットとしている可能性が高い。プーチン大統領が対米冷戦を宣言、最新鋭兵器を配備してのイラン防衛支援を表明したロシアを筆頭に国連安保理常任理事国5カ国の大半が米の対イラク攻撃に反対するのは確実だ。ブッシュ大統領の最大の盟友、ブレア英首相も「あくまで外交的解決を」と初めて反対の立場を鮮明にし、米は孤立状態となった。いずれにせよ、イランがあらゆる国連決議を拒否するのは必至。米はイラク戦争同様、国連無視の単独攻撃へと動くとの懸念が高まっている。(ユンゲヴェルト特約)

* 口火を切るのはアメリカもしくはイスラエルであろう。このブログでも書いているように、イギリスは獣の腹の中に巣くうエイリアンみたいなもの・・・狡猾にアメリカを利用するだろう。

米軍がイラン爆撃計画、参謀本部に策定グループと米紙

2月25日21時32分配信 読売新聞

 【ニューヨーク=大塚隆一】米誌ニューヨーカーの最新号(3月4日号)は、米統合参謀本部の中にイランに対する爆撃計画を策定するグループが設けられたと報じた。

 調査報道で知られるセイモア・ハーシュ記者が米国の元情報当局者の話として伝えた。

 同誌によると、このグループはブッシュ大統領の承認から24時間以内に実行に移せる計画を作るため、数か月前に創設された。当初はイランの核施設の破壊と体制の転覆工作に焦点を絞っていたが、その後、イラクの武装勢力支援に関与している可能性のある施設などを特定するよう指示されたという。

 米国防総省の報道官は「米国にはイランと戦争する計画はない」として、この報道を否定した。

2007022600000575reuintview000

* 獣、堕落天使、デーモン、レプテリアンと呼び名はさまざまですが邪悪の巣窟の一つ、ペンタゴンの画像です。五角形の頂点を線で結ぶと星になります。いわゆる五芒星、別名ソロモンの星、オカルトのシンボルです。イスラエル国旗にあるのが六芒星、ダビデの星、へクサグラムと呼ばれるもの、魔法陣にも確か使われていたような・・・黒魔術、黒ミサで使われる模様、映画の世界ではなく、欧米では実際に行われているという。そのための生贄として幼児誘拐が、日常茶飯事なのだという。なおダビデはこのようなシンボルは使っていなかったらしい。ダビデの信仰からすれば当然であろう。

« 人獣帝国は本気らしい~再び浮上したイランー11 | トップページ | 発言力が高まってきた~ベールを脱ぎ始めたロシアー5 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/14055351

この記事へのトラックバック一覧です: リーク記事が増えてきた~再び浮上したイランー12:

« 人獣帝国は本気らしい~再び浮上したイランー11 | トップページ | 発言力が高まってきた~ベールを脱ぎ始めたロシアー5 »