2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 日本版格差社会「夜桜経済」を斬る | トップページ | インマヌエル~神はわれわれとともにいます »

2006年12月 7日 (木)

植草教授の事件&若者の右傾化を憂う

 中二日で、久しぶりにココログ管理画面にアクセスします。植草教授の初公判もありましたし・・・たかが?(語弊がありますが)痴漢容疑であれだけ長い拘留・・・私も初犯の時は「なんてことを!」と見ていましたが、今度ばかりは公安の陰謀を疑っています。小泉=竹中=安倍、そしてイージ○にとって植草教授は都合が悪いのかもしれませんね。私をはじめ、公安にマークされるようなブログを書いている人間は、私の知る限り片手以上はいますので、我々も要注意かもしれません。身に覚えのある人は、宴会の帰りの電車にはよくよく注意が必要です。時間があまりないかもしれませんが、許される限り続けようと思います。主イエスの責任において、真実を少しでも暴露していくつもりです。

 

 さて論点は変わり・・・以下悲しい記事です、とりあえずコピペします。

国民全員が苦しむ平等 戦争を切に願う(反米嫌日戦線)
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/948.html
投稿者 世話をかける少女 日時 2006 年 12 月 06 日 20:18:50: IxT49uoyvizzs

http://anarchist.seesaa.net/article/29070505.html

エリートしか就職できない朝日新聞の論座1月号の特集は、皮肉にも「現代の貧困」。その中の記事だ。

実家暮らし、夜遅くに8時間、ロクな休憩もとらずに働いて、月給10万円。30代前半で年収1200万、ボーナス総額270万の朝日新聞社員では考えられない低賃金。

31歳独身、赤城智弘くんの希望は、戦争だ。

若者たちの右傾化はけっして不可解なことではないと思う。極めて単純な話、日本が軍国化し、戦争が起き、たくさんの人が死ねば、日本は流動化する。多くの若者は、それを望んでいるように思う。
(中略)
我々が低賃金労働者として社会に放り出されてから、もう10年以上たった。それなのに社会は我々に何も救いの手を差し出さないどころか、GDPを押し下げるだの、やる気がないだのと、罵倒を続けている。平和が続けばこのような不平等が一生続くのだ。そうした閉塞状態を打破し、流動性を生み出してくれるかもしれない何か。その可能性のひとつが、戦争である。
識者たちは若者の右傾化を、「大いなるものと結びつきたい欲求」であり、現実逃避の表れであると結論づける。しかし、私たちが欲しているのは、そのような非現実的なものではない私のような経済弱者は、窮状から脱し、社会的な地位を得て、家族を養い、一人前の人間としての尊厳を得られる可能性のある社会を求めているのだ。それはとても現実的、そして人間としての当然の欲求だろう。
そのために、戦争という手段を用いなければならないのは、非常に残念なことではあるが、そうした手段を望まなければならないほどに、社会の格差は大きく、かつ揺るぎないものになっているのだ。
戦争は悲惨だ。
しかし、その悲惨さは「持つ者が何かを失う」から悲惨なのであって、「何も持っていない」私からすれば、戦争は悲惨でも何でもなく、むしろチャンスとなる
もちろん、戦時においては前線や銃後を問わず、死と隣り合わせではあるものの、それは国民のほぼすべてが同様である。国民全体に降り注ぐ生と死のギャンブルである戦争状態と、一部の弱者だけが味わう平和。そのどちらが弱者にとって望ましいかなど、考えるまでもない。
持つ者は戦争によってそれを失うことにおびえを抱くが、持たざる者は戦争によって何かを得ることを望む。持つ者と持たざる者がハッキリと分かれ、そこに流動性が存在しない格差社会においては、もはや戦争はタブーではない。それどころか、反戦平和というスローガンこそが、我々を一生貧困の中に押しとどめる「持つ者」の傲慢であると受け止められるのである。
(中略)
しかし、それでも、と思う。
それでもやはり見ず知らずの他人であっても、我々を見下す連中であっても、彼らが戦争に苦しむさまを見たくはない。だからこうして訴えている。私を戦争に向かわせないでほしいと。
しかし、それでも社会が平和の名の下に、私に対して弱者であることを強制つづけ、私のささやかな幸せへの願望を嘲笑いつづけるのだとしたら、そのとき私は、「国民全体が苦しみ続ける平等」を望み、それを選択することに躊躇しないだろう。

彼の気持ちは、よくわかる。俺も女衒商売でスッカラカンの奈落の底、去年から大手自動車関連の派遣労働者だからだ。

40代にはキツイ肉体労働、職場環境はアスベストの壁に囲まれているスバラシイもの。同じ仕事をやっているのに、ボーナスなし(正社員は230万もらってる)、昇給なしで、年収は正社員の6割どまり。しかも、正社員のやつらに限って仕事できないバカばかり。まったく納得いかないわ。

こうなると、「幸せな連中を不幸のどん底に巻き込みたい」って気持ちもわいてくるワナ。

本来なら、こういう連中を救ってくれるのが「労働者の味方」「無産階級の希望の星」であった「左翼」であったわけだが、労働組合は、経営側と闘えば「リストラ」されるとして自己保身の走狗と成り果てた……。
派遣労働者の待遇改善も一緒にやらねば、いずれは、正社員の工場労働者すべてが派遣になってしまうかもしれないのに……。

「教育基本法改正反対」「憲法改正反対」などといったって、それを阻止して、俺たちのギャラが高くなるわけもなく、所詮は、時間のある、裕福な人たちが運動していること。大多数の弱っている人間にとって、イデオロギーはどうでもよいこと。キレイ事いったって、世の中所詮はカネがすべて。36年前にジョージ秋山が「銭ゲバ」で描いたことは、いまも通用しているんですよ。今回の沖縄知事選惨敗が、そのことを象徴していると思いませんか、みなさん。

派遣労働者が粋がっても、
「(大杉栄の)野枝には、なれません」
とオンナに言われるのが関の山。

いっそのこと、核ミサイルが東京で爆発。安倍もアッキーも、なにもかもリセット、第3の戦後ってのも面白いかもね。その時こそ、皇室奪還、京都遷都だぁっ、と関西の妄想…モウソウ……。

なーんて、考えるも、ダメダメ、だめだぁっ。両親が警察官(ある意味悲惨)の職場の29歳は、「徴兵制になるぞ」って脅したら、「イラクで人殺すのもいいかも」って嬉しそうに言ってました。

美しい国の現状は、こんなものです…ハイ

タグ:朝日新聞 戦争 貧困 労働組合 左翼

posted by 死ぬのはやつらだ at 19:30

ー引用終わりー

*いやはや、何ともいえません。気持ちはわからなくもありませんが。今の世の中の傾向からすれば、歴史を振り返る限り当然このようになります。しかし、戦争をしてチャンスが転がり込むのか?と問われれば、答えは「ノー」。今度の戦争は「世界人間牧場」構築のための、奴隷的家畜人育成のための戦争なのだから。ワン=ワールドの完成を意味するのだから・・・半キリストの3年半の統治のための・・・

私もブログでは、なんだかんだと偉そうな事かいてますけど、この記事を読んで、自分の中に潜む人間としての罪深さに気づかされました。

この世の現実を見つめれば見つめるほど、焦燥感、行き詰まり、無力感、自分でもいやになるほどの弱さ、負の部分しか見えてきません。正直やってられません。終末再臨思想が、並みの?(純朴で敬虔なと言う意味)クリスチャンと比較してもかなり強いと自分でも感じます。核戦争待望論を掲げるアメリカ福音右派のキチガイ、シオニスト=クリスチャンとどう違うのか?根っこは同じではないのか?などと自問自答することがあります。ある意味かなり信仰が偏っていると言われれば、返す言葉がありませんし。世界の真実、世界を覆う闇の部分、裏側を知れば知るほどこの世における光が見出せません。もっとも、このことを徹底的に知らされて、キリストだけが唯一の希望であるとの結論に至ったのでもありますが。

なんかこのような若者を思う限り、この国の未来は見えたかな・・・まさか、平和を愛するこの国が、戦時中の亡霊=悪霊にまんまとたぶらかされ、再軍備に向かい、ユダヤ大王様、サタンのえじきになろうとは、わずか5年位前には、夢にも思いませんでした。

本当に何がどうなるかわからないほど、邪悪なオーバーシャドウが世界を覆っています。

結局何が言いたかったのでしょうか?自分でもわからぬ駄文となってしまいました・・・

最後に今の世界を描写するなら次のようになるのでしょうか?

さて天では戦いが起こった。ミカエルとそのみ使いたちとが、竜と戦ったのである。竜もその使いたちも応戦したが、勝てなかった。

そしてもはや天には彼らのおる所がなくなった。

この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経た蛇は、地に投げ落とされ、その使いたちも、もろともに投げ落とされた。

それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の短いのを知り、激しい怒りをもって、お前たちのところに下ってきたからである。

黙示12:7,8,9,12

そして主がこられるまで、這いずってでも歩き続けるために、

フリッツ=スプリングマイヤー兄弟からいただいた聖句

わたしたちは、四方から艱難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰らない。

迫害にあっても見捨てられない。倒されても滅びない。いつもイエスの死をこの身に負うている。また、イエスの命がこの身に現れるためである。

第二コリント 4:8~10

« 日本版格差社会「夜桜経済」を斬る | トップページ | インマヌエル~神はわれわれとともにいます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/12967406

この記事へのトラックバック一覧です: 植草教授の事件&若者の右傾化を憂う:

« 日本版格差社会「夜桜経済」を斬る | トップページ | インマヌエル~神はわれわれとともにいます »