2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« キーワードバトン | トップページ | 失われたアーク~モーセ契約の箱は発見されている! »

2006年12月16日 (土)

日本の教育を徹底的に破壊せよ~By教育基本法

タイトルの法案通ってしまいました、フ~(-_-;)。この法案は当然日本の若者を徴兵して、米軍の防波堤、半島、中共との戦争を想定して、捨て駒となるべく洗脳する法案であるのは間違いないのですが(そのための住基ネット)、その前提とも言うべく、自民党の飼い主である、英米イスラエル世界帝国の緻密な戦略があることを覚えてください。

絶対に日本の若者を、一部の貪欲なるサタニストのために、いけにえとして捧げることは、断じて許されるべきことではありません!!

ユダヤ=カバリズム拝金教信者、マモニストに天誅よ下れ!

以下、大田龍さんのHP「大田龍の時事寸評」から引用します

見事に核心を突いています。

   

更新 平成18年12月14日23時42分

「下層教育に与える教育は最も貧弱な質にとどめよ」(!!)
(『沈黙の兵器』、より)

平成十八年(二〇〇六年)十二月十四日(木)
(第一千八百九十四回)

○以下に
 「沈黙の兵器」(太田龍著、データーハウス、一九九五年刊)
 七十七、八頁、から引用する。

○ 「全面的に予測可能な経済を達成するためには、社会の下層
  階級要素を全て統制下に置かなければならない。

  「(そのためには)
下層階級の家族を両親の共働きが増える
  過程で分解し……なければならない(つまり家庭の崩壊)


 
 「下層階級に与える教育は……最も貧弱な質にとどめなけれ
  ばならない」
(『沈黙の兵器』第五節「エネルギー」)

  
「メディア―成人大衆の関心を真の社会問題からそらさせ、
  少しも重要でないことに縛り続ける。


  「娯楽―大衆娯楽は小学校六年の水準以下にとどめ続けよ」
  (同、第三十八節「陽動作戦の要約」)。

○この[極秘]「沈黙の兵器―プログラミング・マニュアル序説」
 には、オペレーション・リサーチ、テクニカル・マニュアル 
 TM‐SW7905.1 と記されてある。

○TMは、テクニカル・マニュアルの略称と解される。

○7905.1 は、
 一九七九年五月一日、と推定される。

○この極秘文書は、一九八六年、全く偶然に、公共の目に触れる
 ところと成った。

○筆者が「沈黙の兵器」第一章で述べて居るように、
 ジョン・コールマン博士は、この極秘文書の作者は、英国の
 タヴィストック研究所である、と暴露して居る。

○「下層階級に与える教育は、……最も貧弱な質にとどめなければ
 ならない」

○この表現は、現在進行中の日本の教育破壊の、本当の仕掛け人が、
 タヴィストック研究所であることを暗示して居る。


○「アーロン収容所」(会田雄次著、中公新書)は、
 大東亜戦争敗戦後、ビルマで英軍の捕虜となった著者の捕虜収容所
 体験記である。

○これは名著として、多分、今でも読まれているであろう。

○ここに、戦勝国英軍の兵隊の知能水準が語られて居る。

○収容所に時々日本軍捕虜用食料品が、英軍トラックで運ばれて来る。

○それを受け取る英軍の兵隊が、

○缶詰の数を計算するのだが、

○それが、何時間もかかってしまう。

○つまり、英軍の兵隊には、最も簡単な足し算も出来ない。

○日本軍の兵隊なら、一箱に缶詰何コ。
 何十箱だから一箱の個数に何十をかけて、一分もかからずに暗算で
 答えが出てしまう。

○と、この本の著者は書く。

○つまり、その著者は、
 
英国はエリート階級と一般大衆の間に、日本ではとても考えられない
 格差がある、その実例を見たと言う。


しかし、今や日本人は、このときの英軍兵士を笑っていられない。

○日本を占領するイルミナティサタニスト世界権力は、

○そのドレイたる

○日本の「政府」に対して、

日本の一般大衆を、徹底的にバカにせよ!!

○と、厳命しており、


○そして、日本の極悪売国奴国賊官僚どもは、そのご主人様の命令を
 実行に移しつつあるのだ。



 (了)

【参考文献】

○ジョン・コールマン著、太田龍監訳
 「タヴィストック洗脳研究所」成甲書房 (二〇〇六年)

○ジョン・コールマン著、太田龍監訳
 「300人委員会 凶事の予兆」成甲書房 (二〇〇〇年)

○太田龍著
 「沈黙の兵器―静かなる第三次世界大戦の宣戦布告」
  付録『沈黙の兵器』日本語訳

  データーハウス
  一九九五年刊
  本文二五四頁
  翻訳 七三頁

  ●日本義塾出版部でも取り扱い
   一部 千三百円  送料 二九〇円

注:太字、色文字等はザアカイによる

*素晴らしい論評です!反論の余地は皆無ですね。

この道に詳しくない人のため、若干の解説を加えるならば、

タビストック研究所とは、王立国際問題研究所などと並ぶ、イギリスにある、マインド=コントロールテクニック(洗脳技術)を研究する、世界最先端の機関であります。おそらくロスチャイルド家、もしくはイギリス王室の所有でしょう。

そしてジョン=コールマン博士ですが、私のブログにもたびたび登場します、もとMI6の諜報部員で、世界の闇を暴露すべくかなり高度な情報を提供してくれます。そのためかなり危険な目にもあっているようです。

そして「沈黙の兵器」は、別名「静かなる無音兵器」、

確か「シオン長老の議定書」と同一か、一部だったような・・・

シオン長老の議定書とは、世界を動かすエスタブリッシュメントのいわば教科書、黒聖書とも言うべきものです。

「とんでも本」に分類する輩もいますが、バブル崩壊後の日本を見ていると、まさしくこの戦略のとおり動いており、歴史が証明しています。

もし偽書だとしたら、日本だけでなく、世界の現状をどう説明するのか。まさしくこの戦略通りになっているではないか。これを陰謀と呼ばず何と呼ぶのか?

我々一般庶民の苦難は、いわば人災、「時代の流れ」などではありません騙されているのです「邪悪な意思」といういのは間違いなく存在します。聖書を読めば明らかです。はるか昔、人類創生の時、エデンの園に蛇として現れ、イブをたぶらかした時からいるのです。

否定論者は、やつらの子飼いの評論家、もしくは媚びへつらって、おこぼれ頂戴する下衆なぷち富豪連中、もしくは、今まで築いてきた自分自身の価値観、牙城が崩壊するのを極端に恐れる腑抜け、要するに、この世の闇、汚物、真実を見たくない、認めたくないわけです。

小泉、安倍政権になってからの、この国の異常なほどの転落のスピード、変貌、よくよく注意してください。

時は近づいています・・・悔い改めてください。唯一の主、イエス=キリストに顔を向けてください。間に合ううちに・・・

我々ごときでどうにかなる相手ではありませんから・・・

でもできることはしましょう、来年の参議院選では、なんとしても自公政権に一撃食らわせましょう!!

Abejimetsum ネットで拾いました^_^;

お見事!な合成ですね

ブラボー

勝手に使わせてもらいます

ごめんチャイ

« キーワードバトン | トップページ | 失われたアーク~モーセ契約の箱は発見されている! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/13086583

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の教育を徹底的に破壊せよ~By教育基本法:

« キーワードバトン | トップページ | 失われたアーク~モーセ契約の箱は発見されている! »