2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 北朝鮮の核実験とこの先待つものは? | トップページ | 神の栄光をあらわす人たち~アーミッシュの少女 »

2006年10月12日 (木)

安倍政権は短命で終わる?

 安倍政権は短命で終わるという説がもう早くも出てきています。来年の参議院選挙が一つの山とはよく言われてきましたが・・・

 今の時点で評価を下すのは早計であるでしょうし、何が追い風になり、爆弾になるかわからないこのご時世。あまり悪口は書きたくありませんが、小泉なんかと比較すると、やはり役者が違うかな?という感じですね(品行方正な紳士という意味ではなく、どす黒い冷酷な政治家の器として)。原稿某読みだし、頭の回転がう~ん?という感じですね。小泉はバカだという説がありますが、あれだけできりゃ、ご主人様にしては及第点だったのではないでしょうか?人を騙す口のうまさ、弁論術はなかなかのもので、あのパフォーマンスを持ってして、戦後最強のサディスト=ペテン師総理ではなかったかと。どちらにせよ、小泉構造改革の副作用がこれから出てくるでしょうし、極東が動き出している昨今、非常に困難な時代、安倍総理の能力ではたして、日本国を運営できるのでしょうか?どちらにせよウォール街、ホワイトハウスの眼鏡にかなわなければ、捨てられるでしょう。小泉を見てりゃ一目瞭然。でもその代わりとなると?やはり小沢一郎氏しかいないのでしょうかね?政治も動くかもしれませんね。訪中、訪韓とアメリカ詣での前にしましたが、果たしてこのことが、吉と出るか凶と出るか・・・また事実ではなく真実はどうなのか?安倍は、単なる口先だけのエセ右翼、腑抜けなのか?本当に北や中国と一戦交える勇気があるのか?翻って、実は中国に媚を売ってきたのか?それともホワイトハウスからのシナリオに沿った用意周到なる謀略なのか?今の時点では何ともいえませんが、益々アメリカと中国のバランスの上で、やじろべえの中心軸を演じなければならないのは確かでしょう。日本が見せかけの独立を保つ為には・・・ある意味同情します。気のせいか悲壮感漂っているし。私ではプレッシャーに押しつぶされ、ノイローゼになってしまいます(ーー;)。

それだけヘビーな時期に総理になったということだけは確か。この世の欲望に目がくらみ、自ら墓穴を掘ることになりませんように。

 あなた方は自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。

むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい。あなたの宝のあるところには、心もあるからである。 マタイ 6:19~21

以下参考記事

太田龍の時事寸評


週刊日本新聞  時事目次 日本義塾出版部 注文フォーム   

【↓】

   

更新 平成18年10月09日09時27分
米ホワイトハウスは安倍の〝土下座〟訪中を冷笑して居ると言う。
安倍に代わる米=イルミナティの「タマ」は誰か?
平成十八年(二〇〇六年)十月八日(日)
(第一千八百二十七回)

○安倍首相が十月八日、北京を訪問して、中共中国首相と会談する
 と言う。

○しかし、十月八日の日本の新聞各紙は、この件を、大々的に報道
 するかと思いきや、

○その扱いは異常に小さい。

○夕刊フジ、十月六日号の「日高義樹」という在米ジャーナリスト
 の記事は、

○「米が冷笑する安倍の〝土下座〟訪中」

○とある。

○今回の安倍の北京訪問で、ホワイトハウスでの安倍の評価が
 いっぺんに下がってしまったと。

○更に、フライデー、十月二十日号、八十六頁。

○ここに、
 コロンビア大学教授、米国の日本問題専門学者、ジェラルド・
 カーティスが、九月二十九日、米国ワシントンDCの戦略国際
 問題研究所での一時間の講演で、

○安倍首相を
 無能、無策、無戦略、とコキ下ろし、安倍政権は一年以内に
 崩壊する、と予言したと言う。

○これは何を意味するか。

○安倍は小泉の後継者たり得ない、と、米国(イルミナティ)は
 見た、と。

○しかし、それでは、小泉は、何故、事実上、安倍を後継者に指名
 したのであろうか。

○安倍政権は一年以内に崩壊するとのジェラルド・カーティス教授
 の予言が現実のものとなると仮定すると、

○そのあとの政権はどうなるのか。

○安倍政権は、平成十九年七月の参院選挙と同時に、衆院も解散
 して同日選挙を検討中とも伝えられる。

○しかし、こうした事態は枝葉末節の問題であろう。

○米国(イルミナティ)は安倍を見捨てるとしたら、

○安倍に代わる、

○より有能で、よりイルミナティの傀儡性が強くそして、この方針に
 抵抗する日本人をあっと言う間に粉砕して、より強硬に中共中国と
 対決する如く、日本を操作出来るタマ、

○を、日本の売国奴エリート権力階級の中から、選抜しなければならない。

 (了)

« 北朝鮮の核実験とこの先待つものは? | トップページ | 神の栄光をあらわす人たち~アーミッシュの少女 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうですね。小泉さんは、たしかに戦後最強の口のうまさと頭の切れがあったように思います。どんな状況でも惚ける強さ、感動ものです(笑)。

安倍さんはどうなんでしょうね。まだ若いでしょ??って感じています。

お互い、地の富でなく天に富みを蓄えましょうね(*^_^*)

これからもよろしくお願いします(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/12253293

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権は短命で終わる?:

« 北朝鮮の核実験とこの先待つものは? | トップページ | 神の栄光をあらわす人たち~アーミッシュの少女 »