2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« フィリップ=ヤンシーさんの本から | トップページ | 世界統一宗教(エキュメニズム)の危険性と反キリストの登場 »

2006年9月 8日 (金)

オサマ=ビン=ラディンとヒトラーの使命とは?

 本日、太田龍氏の時事寸評を読んで、ピンときた情報を思い出しました。見事にリンクしたのです。それは他でもない第二次世界大戦勃発の張本人アドルフ=ヒトラーその人なのです!世界政府エスタブリッシュメントのエージェント(たぶん)ビン=ラディンとその与えられた役割があまりにも酷似している!近いうちに対イスラム全面戦争をやるため、第二の9.11テロ、ブッシュ失脚(暗殺、スキャンダル等)の可能性がささやかれている今日この頃、あの連中、本当にやるかもしれません。ビン=ラディンほどの適任者はいないでしょう。アフマディネジャド=イラン大統領は、おそらくCIA、モサドなどの工作員ではないような気がします。チャベス=ベネズエラ大統領などと一緒で、純粋に反米ナショナリストなのでしょう。あくまで推測ですが。まさか私なぞに、チャベス、アフマディネジャドにインタビューして、「あなたは米帝のエージェントですか?」などと質問できるわけないですし(-_-;)。仮に質問しても本当のことなどしゃべるはずもない。まあここいらへんが、我々の限界なのでしょうけど。アルカイダというテロ組織は、ネオコンが作り上げた、都合のいい架空の組織なのでしょうね。任務を果たしたところでビン=ラディンはお役ゴメン、あとは米英イスラエル世界帝国が引き続き世界征服のため、大車輪のフル稼働となるのでしょう。(子供の頃夢中で見ていた仮面ライダーの敵、世界征服をたくらむ悪の組織ショッカーみたいなのが本当に存在するとは!)中共には、おそらくある程度の自由裁量権が与えられているのでしょう。そして気になるのが、プーチン=ロシア帝国です。一部情報によると、ロシア軍はすでに臨戦態勢ができていて、あとはプーチンのGOサインを待つのみらしいのですが、あまりにも情報が少なすぎます。ネット上でさえそうなのですが、あえて意図的に無視しているか、ロシアは冷戦で敗れた弱い熊であると分析して相手にしていないか?どちらかでしょう。私にはそうは思えません。その情報源は次のごとくです。1.シスコ=ホイーラー文書2.ヘンリー=グルーパー氏の幻視3.ジョン=コールマン氏のレポート4.アルメニア少年の封印された手紙5.エゼキエル書38章など結構豊富なのです。デイビット=メイヤー氏のラスト=トランペットニュースレターにも、露骨にWorld War Ⅲという単語が出てきます。アメリカ帝国と素手で殴り合える相手は、地上ではロシア帝国以外に考えられません。もうこれは避けられないシナリオとして我々は覚悟を決め、サバイバルするしかないのかもしれません。いやですが、大艱難を通らなければ、人類に“希望”という二文字は見えてこないのかもしれません。

「主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐいその民のはずか
しめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。」

イザヤ258

「わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意を整えて、神のもとを出て、天から下ってくるのを見た。また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全く拭い取ってくださる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

黙示2114

あまりえらそうな事を言えないのはわかっています。いざとなったら弱きペテロのように、うろたえるかもしれません。しかし我々キリスト者は、上記のような希望をもち続け、決して絶望することはありません、たぶん・・・。

―以下引用―

          A.太田龍の時事寸評

週刊日本新聞  時事目次 

イルミナティの演出する第三次世界大戦の地獄へと、売国奴自民党政権は日本人一億二千万人を狩り立てて行く今。   

更新 平成18年09月07日23時06分


平成十八年(二〇〇六年)九月七日(木)
(第一千七百九十六回)

○ブッシュ米大統領は、最近、連続的にイスラム原理主義的陣営こそ、
 ナチス、ソ連共産主義に匹敵する新しい米国の主敵である、と言ふ
 趣旨の発言をして居る。 

○このブッシュ大統領の発言を起草するスピーチライター、そして、
 これらのスピーチライターに何を書くべきかを指示するホワイト
 ハウス内外の黒幕は誰か。

○それは、米国を完全に占領して居るユダヤである、
 とテックス・マーズは言う(『パワー・オブ・プロフェシー』、
 二〇〇六年九月号、バビロン二十一世紀―ユダヤ地球帝国の出現)。

○ごく最近の発言の中でブッシュは、イスラム原理派国際組織の、
 あの有名なビン・ラディンについて、

○ビン・ラディンは、超A級の人物であると、米国人に印象付けよう
 とした。

○ジョン・コールマン博士は、
 二〇〇二年、二〇〇三年の著述の中で、

○ビン・ラディンは、三百人委員会のヒモ付きの工作員であり、

○そのようなものとして、彼は、レーニンにも匹敵する大物である。

○と言う風に述べて居た。

○ビン・ラディンは、三百人委員会が彼に与えた任務、役割を果し
 終えるまでは、消えることはないであろう、とも。

○三百人委員会が、ビン・ラディンに与えた役割とは、

○イスラエル及びイスラエル化した米国と、全イスラム世界との、

○全面的戦争へと事態を発展させること、である。

○これは、イルミナティサタニスト世界権力が設定して居る、
 第三次世界大戦の第一局面の実現を意味する。

○この場合の鍵は、「米国のイスラエル化」である。

○つまり、米国がシオニスト化すること、
 米国がシオニストキリスト教を奉ずる「神権国家」として
 完成すること。

○を前提とする。

○もちろん、この枠組は既に完成されて居る。

○しかし、これらのことすべては、日本にとって対岸の火事、
 他人事か。

○否、敗戦後の売国奴政権六十年の間に、

○とりわけ日本史上極悪の売国奴小泉政権五年の間に、

○米国=イルミナティサタニスト世界権力の日本占領は完成された。

○米国がシオニストキリスト教神権国家として登場した、
 と言うことは、

○日本もまた、

○このシオニスト神権国家の歯車の一コとして組み込まれることを
 意味する。

○このアジェンダに抵抗する者は、小泉が郵政民営化政策強行時に
 示した如く、

○容赦なく、抹殺されるであろう。

○日本人が、
 全イスラム世界を敵とする米国シオニストユダヤの戦争を、

○どう判断するか。

○「彼ら」は、日本人に、それについての判断の自由、選択の自由、
 を与える気は毛頭ないであろう。

○オベイ、オア、ダイ。
 命令に服従せよ。
 さもなくは死。

○このように、彼ら米国=イルミナティサタニスト世界権力とその
 日本の手先たちは、

○日本人に対して突き付けるのである。

○極悪売国奴国賊自民党政権は長きに亘って、

○「日本は米国と価値観を共有する」、

○などと、ヌケヌケと放言して来た。

○かくして一億二千万人の日本人は、羊の群れのごとく、

○売国奴自民党政権によって、

○第三次世界大戦の地獄へと、

○突き落されつつある。

 (了)

B.アルゼンチンで戦後撮影された「老後」のアドルフ・ヒットラー
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/1163.html
投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11 日時 2005 2 06 23:50:20: XUSllUZ/d1uKA 

残念ながら、ヒトラーの老後の写真は削除されています

アドルフが、ウイーンのサロモン・ロスチャイルド男爵の孫だったのであるなら、こんな話もまんざら嘘ではないかも知れない。アルゼンチンのメンドーサ。写真が、あまりにも「ヒットラー」だ。

ヒトラーはユダヤ人を殺していない

http://216.239.63.104/search?q=cache:Wne2S9Ec7FsJ:news10.2ch.net/test/read.cgi/
news2/1067232442/101-200+%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AF%EF%BC%91
%EF%BC%99%EF%BC%98%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%91%EF%BC%92%E6%9C%88%E3%80%81%E5%8D%
97%E7%B1%B3%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AE&hl=
ja&lr=lang_ja&inlang=ja

ヒトラーは1985年12月、南米アルゼンチンのメンドーサの地で亡くなった。:14pm, April 30, 1945 エバ・ブラウンとともに飛行機でノルウェーに飛び、
最終地の南米のアルゼンチンに到着し、隠棲した。(出番が終わったので)チリの東200マイルに位置する、アルゼンチンの北西のメンドーサ(Mendoza)
の町でナチスのSSとスファラジー・ユダヤのコミュニティーに守られて極秘に余生を送った。遺体はメンドーサの南東30マイルに位置するパルメロ(Palmera)
の共同墓地に埋葬された。その後のヒトラーは絵画が唯一の趣味で、多くの遺作が残されている。最近、東京で展示されている(急遽中止されたが)のは、ドイツ時代に描かれた
もの。 ヒトラーはバロン・ロスチャイルドが家政婦に生ませた男児(アロイス)の子。

HITLER IS ALIVE? (page 34) ←肝心の文書は最近消された。この分は残された部分。
http://www.prouty.org/brussell/323doc.html
MAE:Hitler never committed suicide. Alleged time of death, 3:30pm April 30, 1945. dentified at airport,taking off for Norway, 4:14pm, 4/30/45.
Taken to Tempelhof airfield with Eva Braun-Hitler. First flown to Denmark, then to Norway. Destination; Antarctica. Admiral Byrd located the Secret Base, Hitler's
Shang-ri-la.
メンドーサ(アルゼンチン)の地図、Mendoza Province, Argentina
http://www.argentine-land.com/mendoza-argentina-map-real-estate.htm

FBI reports: HITLER ALIVE??
Submitted by h3llknight on Mon, 29/11/2004 - 1:43pm.

recently in news, the FBI of america had quoted: "Reports have been found and clues have been discovered that Adolf Hitler had not actually commited
suicide as the reports said after the second world war." "He escaped to argentina and it is said to have lived there for atleast 11 years"

http://www.dailygrail.com/node/view/684

« フィリップ=ヤンシーさんの本から | トップページ | 世界統一宗教(エキュメニズム)の危険性と反キリストの登場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/11808065

この記事へのトラックバック一覧です: オサマ=ビン=ラディンとヒトラーの使命とは?:

« フィリップ=ヤンシーさんの本から | トップページ | 世界統一宗教(エキュメニズム)の危険性と反キリストの登場 »