2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

2019年10月14日 (月)

動画紹介~高原剛一郎師

1時間20分程と長いですが、信仰の糧としては持ってこいの内容。
時間のある時にでもどうぞ。

ちなみに黙示録にある7つの教会のうちスミルナとフィラデルフィアの教会だけはまったくもって叱責されておりません。

小アジアに実在した教会でもあり、教会史的には使徒時代のあとからコンスタンティヌス帝がキリスト教を国教化した時までの象徴とされています。

迫害の嵐が吹き荒び、極貧の中においても信仰を守り通した教会として描かれております。

ここで高原先生も問題提起をしておられます・・・「なぜ、それほどの教会がそこまでの苦難と試練の中を通されるのか?」

いくら永遠の時間軸の中においては、ほんの短時間とは言え・・・苦しいものは苦しい。涙も枯れ果てるほど辛いものは、やはり辛い。

その反面、悪は栄える、この世の春を謳歌しているかのように見える。
なぜだ~!?と叫びたくなる・・・しつこいですが、永遠という時間軸においては数分ほどであるとしてもです・・・我々にはそれなりに長く感じるはず。
これは永遠のテーマの一つでもありますね。

聖書にはその理由の説明が書いてないと言います。確かに書いてない、主がともにいて下さるとはいえ・・・人間って、それほど強い生き物なのでしょうか?

高原先生が「結論を言いましょう」、私は期待しました。しかし答えは「私にもわかりません」でした・・・逆にほっとしましたがね。偉そうにかっこつけずに、正直で誠意ある方です。
私もそれ以上でもなければ、それ以下でもない正直な回答だと思いました。

人間ではおそらく神の英知、お考えは理解出来ないのだろうと。私もそうとしか思えません・・・御国に辿り着いた時、初めてわかるものかもしれませんね。懐かしい思い出話として、二度と悲しみ、苦しみの涙を流す事なく・・・

25:8主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐい、その民のはずかしめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。
25:9その日、人は言う、「見よ、これはわれわれの神である。わたしたちは彼を待ち望んだ。彼はわたしたちを救われる。これは主である。わたしたちは彼を待ち望んだ。わたしたちはその救を喜び楽しもう」と。

イザヤ 25:8~9

と、ぐだぐだと私見を書いてしまいましたが、スミルナとペルガモの教会とセットの動画です。この辺にしておきます、あとは動画でどうぞ。

 

2019年10月 2日 (水)

「救い」のおさらい~キリスト本願なのです

くどいですが、忘れた頃、更新するブログと化してしまった・・・ --;

「罪の赦しと救い」、原点に帰っておさらいしましょう。

単なる数ある宗教の一つだと思っているのであれば、考え直した方がいいです。高原師がよく言うように、「人間を」造った神=創造主であり、大宇宙の真理であると私は確信しております。

4:8その時、ペテロが聖霊に満たされて言った、「民の役人たち、ならびに長老たちよ、
4:9わたしたちが、きょう、取調べを受けているのは、病人に対してした良いわざについてであり、この人がどうしていやされたかについてであるなら、
4:10あなたがたご一同も、またイスラエルの人々全体も、知っていてもらいたい。この人が元気になってみんなの前に立っているのは、ひとえに、あなたがたが十字架につけて殺したのを、神が死人の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのである。
4:11このイエスこそは『あなたがた家造りらに捨てられたが、隅のかしら石となった石』なのである。
4:12この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」。

使徒行伝 4:8~12

10:9すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
10:10なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。
10:11聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。
10:12ユダヤ人とギリシヤ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下さるからである。
10:13なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。

ローマ書 10:9~13

徹頭徹尾、キリスト本願。これがすべてであり、これから益々悪化するであろうこの物質社会においての、唯一なる希望であると私は信じるものです。

アメリカの短期金利指標であるFFレート、レポ金利が非常事態の様相を呈しているようです。

2019年9月18日 (水)

本気かハッタリか?米軍が臨戦態勢?

https://jp.sputniknews.com/politics/201909186682587/

米軍、臨戦態勢に入る=ペンス米副大統領

2019年09月18日 16:40

ペンス米副大統領は、サウジアラビア石油施設への攻撃をめぐり、米軍が臨戦態勢に入ったことを明らかにした。

ペンス氏は、ワシントンのヘリテージ財団で講演し、軍事的手段で対応する米国の準備状況について、「週末にサウジアラビアの複数の石油施設が理由のない攻撃を受けた後、私は皆さんに、我々の準備はできていることを保証する」と述べた。

~一部抜粋~

そもそもサウジの油田施設攻撃自体が、イエメンのホーシ派からのものなのか、それともヤラセの自作自演なのか?我々一般市民にはわかりかねるのですがね。

ネオコンの重鎮、ボルトン大統領補佐官が去ったとは言え、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官がタカ派のエセ・キリスト教徒ゆえ、イランを葬り去る事をあきらめたとは思えない・・・

ましてや今現在、イスラエルではクネセト総選挙の真っ最中、右派、中道左派ともに接戦、ネタニヤフ首相が続投か?はたまた収賄容疑で逮捕か?という際どい状況でもあります。

かなり際どい駆け引き、政治判断が求められることでしょう。というか、NWO陣営のコマとして、何としてもイラン攻撃の世論を醸成し、やりたいところだと私は見ますね。

しかしながら、アメリカ側としてもリスク・テイクはあることでしょう。もし、振り上げた拳を振り下ろすなら、湾岸同盟諸国には米軍基地があり、選挙期間の真っ最中のドサクサ紛れでイランがイスラエル攻撃に出る可能性もあり得るでしょう。

連立工作その他で、イスラエルの新政権が出来るのは11月の頃らしく、それまで、あのイスラエルが指をくわえて黙っているはずがない。

イランはイラク、シリアのようなわけにはいかないのも事実・・・ローカルな地域紛争どころか、第三次世界大戦に発展するリスクもかなり高い。それに加えて、トランプ大統領がイスラエル選挙後、発表すると言う「世紀のディール」も控えている。

詩篇83篇(一連の中東戦争で成就したのか、それともまだ未完なのか?私は結論を保留してますが)、イザヤ17章のダマスカスの完全崩壊、そして真打ちのエゼキエル38,39章と、今の状況が聖書預言の成就に繋がるのか否か?結論を出すにはまだ早いですが、かなり緊張の度合いは高い事でしょう。

慎重に事態の成り行きをワッチする必要ありでしょう。

22:20これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。
22:21主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。

黙示 22:20~21

 

2019年9月13日 (金)

核戦争の誘発リスク

スプートニク日本に興味深いコラムが掲載されてました。

https://jp.sputniknews.com/world/201909136668042/

核戦争のはじまりを誘発するのはなにか  研究者らの見解

2019年09月13日 09:20

ロシア外務省セルゲイ・リャブコフ副大臣は12日、当事者がそれを望まないとしても、核戦争が発生するリスクが昨年明らかに高まったと語った。また、世界経済国際関係研究所(IMEMO)の研究者アレクセイ・アルバトフ氏は、核戦争が誘発されるおそれがあると述べた。

誰も攻撃をしない

アルバトフ氏によれば、勝利のために核戦争をはじめる国などどこにもなく、それは核兵器による勝利など許されないことを双方が理解しているためだという。そのため、核紛争は意図しないものとなる可能性がもっとも高い。

技術的な間違い

アルバトフ氏は、核戦争がはじまる第1の原因として技術的な間違いを指摘する。
同氏によれば、ミサイル攻撃警告システムは時々誤報を発する。危険な状況のもとで一方の当事者が過敏に反応した場合、核戦争が発生するおそれがある。アルバトフ氏は、単純な技術的誤作動と核テロリストの行動の両方から誤った警報が発生するおそれがあると強調した。

紛争のエスカレーション

可能性がある第2のシナリオは、ローカルな紛争からグローバルな紛争への発展だ。
アルバトフ氏によれば、将来的にロシアと米国の間でローカルな武力紛争が発生するおそれがあるという。それを止めるために、敗戦する国が核兵器の限定的な使用を決定する可能性があり、それに対応してもう一方の国も核兵器を使用するといったようにエスカレートする。はじめアプリケーションは戦術レベルで、次に中距離、そして戦略レベルとなる。

INF条約の廃止はリスクを高める

アルバトフ氏によると、現在、INF条約の廃止と中距離システム配備の見通しからリスクは拡大しているという。また、アルバトフ氏は、ロシアにとって、欧州とアジアでの米国の中距離システムは戦略的であり、それらのアプリケーションのいずれかに応じて、ロシア政府は鏡面的にだけでなく、戦略的レベルで米国への対応が必要となると説明した。

~以上引用~

ちょっと、このコラム記事は無視出来ないと感じました。

煽り記事となることを意図して書いているのではありませんが、こんなことをするほど人類は愚かではないとも思えない。それは人類の本質、歴史を考えればわかることですので。その事は、古くはバベルの塔のニムロデの時代から何も変わってはいないと私は理解しているからです。

あり得るとすれば、やはりその発端の舞台は中東となる事でしょう。

24:6また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。
24:7民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。
24:8しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。

マタイ 24:6~8

産みの苦しみは始まったばかり、エゼキエルの時、アメリカはイスラエルを援護しない、否、出来ない?

それが国内の内戦なのか、大災害なのか?はたまたこの記事にあるように、米露間の戦争なのか・・・シリアのユーフラテス川東部に米軍が陣取っていて、撤退しようとしないことがどうも引っかかるのです。そこはシリアの油田地帯でもあります。もちろん、イラクからも撤退しない。

とりあえず、あり得るシナリオとして、アタマの片隅に置いておいて無駄にはならない事でしょう。反キリスト登場の舞台としても申し分ない状況であるでしょうし。

2019年9月10日 (火)

地震、台風の大型化~「産みの苦しみ」が始まっている

21:25また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、
21:26人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。

ルカ 21:25~26

関東直撃の台風15号、私は何とか被害から免れましたが、テレビでの被害状況、特に千葉県・・・福島もそうでしたが隣県だけに、何ともやるせないし、言葉が見つかりません。折れた電柱、倒れた鉄塔、ゴルフ練習場のポールごと網の倒壊、家屋直撃・・・

停電、断水、この暑い中・・・何という悲劇でしょう。2011年3月の記憶が、脳裏をかすめたのは言うまでもありません。

このような時、人間って、本当に無力ですね。力になってあげる事も出来ない。

このような現象は日本だけに限らず、カリブ海、米イーストコースト南部を襲ったハリケーン・ドリアン(カテゴリー5で最強らしい)も凄まじい。

私も今回は難を逃れましたが、これからが台風シーズンの本番、他人事じゃない、「明日はわが身」かもしれない、「時代は明らかに変わった」という認識を持つべきでしょう。

 

 

これまた言葉がない・・・何という悲惨な光景か。

これから先、神の助けなしで生き抜いて行くのはかなり厳しいのではないでしょうか・・・祈りが必要とされます。

しかし悪い事ばかりじゃない。希望もある、確かに・・・

21:27そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。
21:28これらの事が起りはじめたら、身を起し頭をもたげなさい。あなたがたの救が近づいているのだから」。

ルカ 21:27~28

 

«秋に向けて波高し?