2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

2021年7月31日 (土)

オマーン沖タンカー攻撃~犯人は本当にイラン?

ええ~、7月も今日で終わり・・・月にせめて一本くらい書かないと。

世間はオリンピックとコロナの話題で持ち切りですが、危険地帯では相変わらずのようですね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ccf732f8d508a5c19a6fce1cc665f085dec5e99

イスラエル外相、イランを名指し非難 オマーン沖タンカー攻撃で

7/31(土) 16:09配信

中東オマーン沖でイスラエル人経営の会社が運航するタンカーが攻撃され2人が死亡した事件で、イスラエルの外相はイランを名指しして非難しました。

イスラエルのラピード外相は31日、オマーン沖で起きたタンカー攻撃についてイランの仕業だと断定、強い対応が必要だと強調しました。
その上で「イランはイスラエルだけの問題ではない」「世界はイランのテロを黙ってみていてはならない」と主張しました。
攻撃されたタンカー「マーサー・ストリート」はイスラエルの富豪が経営する会社が運航していて、船自体は日本の会社が所有しているということです。

イギリスメディアによれば、攻撃は自爆ドローンによって行われたとみられていて、死亡した2人のうちイギリス人はセキュリティ会社の社員だったということです。
イランはまだ公式に反応はしていません。(31日15:30)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これはちょっと要注意だと感じ、取り上げてみました。イスラエルは本気で、イラン本土までUAEの空軍基地あたりから、核ミサイル搭載の戦闘機を飛ばすんでしょうかね?こればかりはわかりませんが。

F・ディモーラ師のサイトによると、「ロシアは、今までのようにシリア領空において、イスラエルの自由にはさせない」との情報もありましたし・・・

NATO軍連合は黒海で大規模軍事演習をやったばかりで、米中もジャブの打ち合いをしてますが、やはり一番のキーとなるのは、今のところ大人しいふりをしているロシアでしょう。

エゼキエル書には詳しく書いてませんが、タルシシの商人(イギリス)と若い獅子(アメリカ、カナダ、オーストラリア、NZ)が❝抗議する❞だけで終わるとはどうしても思えない。

もちろん私の考え過ぎで、単なる局地戦で終わることもあるでしょうが(素直に読めば)、今の世界情勢・・・そんなに単純なのだろうか?

聖書はすべてを具体的に語っているわけじゃありませんしね。特にここのところは一筋縄ではいかない。

とりあえず、脳の片隅には置いておこう。

2021年6月29日 (火)

要注意地域;黒海(クリミア)とイラン、イスラエル

さて、たま~にしか書かなくなったブログ、ちょっと気になる情報を。

数日前に黒海で、イギリスの駆逐艦がロシアの警告を無視して警告射撃を受けました。クリミアが絡んでいます。ロシアも激怒、「次はない」と強い調子で。

これを単なるイギリスというか英米の挑発と取るか?

はたまた、内海聡ドクターのように「既に第三次世界大戦は始まっている」と取るか?

参考~https://www.youtube.com/watch?v=XcjeGLlr2ws:NATO軍と自衛隊がロシア軍と戦闘開始。第三次世界大戦開戦。

今日から黒海で、NATO他多国籍軍の未だかつてない大規模な合同軍事演習が、7月10日まで実施される模様。

日本の自衛隊まで参加なんて、前代未聞ですわね。

ちょっと私では内海ドクターのように断定的なもの言いをする勇気は・・・ないですが。

次です。

イランがウラン濃縮60%やっちゃいましたね。核爆弾まで残り20%で、イランが核を持つまでは時間の問題だと・・・そして選挙で勝った次期大統領は、ハメネイ師の後継者と目される反米保守のライシ氏と来ました。

イスラエルも政権交代して、ベネット氏が首相ですが、こちらもネタニヤフ氏以上の極右らしい。これまた危ない。イスラエルは単独でのイラン核施設攻撃も辞さないと言ってますが、単なるハッタリとも思えない。

米英、ロシア、イラン、イスラエルと、もう10年以上前からマークしてきた国々です。その背後には中国も控えてますね。

こうしてみると、明らかにエゼキエル38章の大預言が近い事がわかりますが、その時を定めるのは神であるので、季節を知るのが精一杯と言ったところでしょうか?

しかしながら、東京オリンピック、コロナ関連ニュースしかマスコミは報道しませんが、裏では非常に際どい駆け引きが行われているのは確かですね。

 

2021年6月12日 (土)

永遠なる命なるもの・・・

「みんな有難う。天国で待ってるね。さよならバイバイ。」
 これは先日7年間のがんとの闘病の末48歳の若さで天に召された佐藤由美子姉妹の最後の言葉です。彼女らしい明るく信仰に満ちた言葉ではありませんか。
 私たちは神の癒しを信じ祈りますが、主の御心によって召される時は召されるのです。パウロ先生は召されることの方が“はるかに望ましい”といっています。


わたしは、これら二つのものの間に板ばさみになっている。わたしの願いを言えば、この世を去ってキリストと共にいることであり、実は、その方がはるかに望ましい。ピリピ1:23


 クリスチャンにとって死は希望であり、喜びであるはずです。それがなんだか癒やされて生き続ける方が正しいかのような風潮があることを不思議に思います。
 最近では死人をよみがえらせることまでエスカレートしてアフリカから人を招いて珍しいことを見たいと興業をしています。私は死人のよみがえりも信じますが、せっかく主の下に安らいでいる魂をまたこの汚濁の世界に呼び戻すことの正当性を疑います。よほど何か事情があれば別ですが。
 私たちは死ぬと新しい体が与えられると聖書は言っています。


わたしたちの住んでいる地上の幕屋がこわれると、神からいただく建物、すなわち天にある、人の手によらない永遠の家が備えてあることを、わたしたちは知っている。Ⅱコリント5:1


 その体は地上の体が幕屋(テント)であるのに対して建物と言われるしっかりした体です。死も無く悲しみも叫びも痛みも無いのです。


「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。黙示録21:3~4


 その体はどんな風に与えられるのでしょうか。一瞬にしてです。


ここで、あなたがたに奥義を告げよう。わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。Ⅰコリント15:51


 この箇所は終わりの時のよみがえりを指しているようですが、私は私たち一人ひとりの死と天の新しい命も何らかのつながりがあると思うのです。


そして、天から賜わるそのすみかを、上に着ようと切に望みながら、この幕屋の中で苦しみもだえている。それを着たなら、裸のままではいないことになろう。この幕屋の中にいるわたしたちは、重荷を負って苦しみもだえている。それを脱ごうと願うからではなく、その上に着ようと願うからであり、それによって、死ぬべきものがいのちにのまれてしまうためである。 Ⅱコリント5:2~4


 新しい命は古い命の上に着るのです。それによって古い命が呑み込まれてしまうのです。ああ、それは何とすばらしい瞬間でしょうか。
 ところで私は前から不思議に思っていたことがあります。それは最善のクリスチャンでも死ぬ前には病などに苦しみ痛むことです。何の苦しみも無くぽっくりと死ぬ人も居るでしょうが、ほとんどの場合長く苦しい闘病生活を送ります。私が考えて得た結論の一つは次のようなものです。
 この世は苦しみと悩みに満ちています。カール・ヒルテイは「だからこそ天を慕い求めるのだ」と言っていますが苦難の人生の集大成として死ぬ前に痛み苦しむのではないでしょうか。そして天において感謝と喜びに満ちるのでしょう。
 もし昼間しかない国があったら、そこの住民は朝日の輝きや昼の太陽の恵みを感謝するでしょうか。夜と闇があるからこそ、光とぬくもりをありがたいと思うのです。なんだか神様がわざとそうされるような言い方になってしまいますが、結局、この世に歴史が始まってから罪が入ってきたのも人間が闇と苦悩を知るためであったのだと思うのです。そうでなければ神の恵や愛が理解できないでしょう。闇を知らなければ光の価値は分からず、苦悩や痛みが無ければ平安は無意味です。
 いずれにせよ、みんな死にます。そうしたら天国で会いましょう。

https://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/2012msg/120122.html

**********************************************************

上記のメッセージは2012年1月22日の故小石泉牧師の「いつまでも死なないーⅡ」からのものです。

何とも言えず魂に響き、プリントアウトして、事務室の壁に画鋲で留めています。

私ごときが言うのもなんですが、キリスト信仰のすべてとは言いませんが、核心を突いていると感じたのです。

これぞ、究極の希望ではありませんか!

牧師先生が天に召されてから7年が過ぎ去りました、早いものです・・・

御霊も花嫁も言う。

主よ、来たりませ。マラナタ・・・

 

2021年5月30日 (日)

中東で何かが進行中?

さてさて、またまた久々の更新です。

ちょっと気になる情報を入手したものですので。

本日のポール=ベグレー師のユーチューーブ動画(日本語字幕なし)から。

なんでもダマスカス北東部の武器弾薬庫で大規模な爆発があった模様。

この弾薬庫はヒズボラの管理下にあるそうな。

あとは、イランで4日間のうち化学工場で3度の爆発事故が発生した模様。アミール氏によると、ここは化学工場ではなくドローン製造が関係しているそうです・・・

何かが水面下で進んでいるだろうし、それにもかかわらずメインストリート・メディアでの報道にはお目にかかって・・・いない ーー;

ダマスカスがキーワードとなるでしょうが、ベグレー師はイザヤ17:1、エレミヤ49章から引用してました。

これは無視できないでしょう、イランは活発にシリア国内で動いているし、シリア大統領選挙では、アサド氏で決まりそうですし。

ロシアにしても中距離爆撃機その他、シリア国内において軍備を増強しているらしいです・・・

ハマスもとりあえずは停戦してますが、どうせまたミサイル発射するんでしょうね。

やはり、イスラエルを中心とした中東情勢には要注意のようですね。

2021年5月 7日 (金)

目下の三大懸念事項

たまにしか書かなくなってしまったブログ、久々の登場です ーー; 

早速行きましょう。

 クラウス=シュワブ率いる世界経済フォーラム(WEF)~いわゆる経済のグレート・リセット、ふざけろ!輪転機フル稼働いや、コンピュウータ上に数字を打ち込むだけですか。バブルを膨らますだけ膨らまして、申し合わせたように高値売り抜けでバブルを弾けさせ、ぼろもうけしてトンズラ・・・やってられませんわね。キャッシュレス社会へとまっしぐらです。腐った連中です。リーマン危機は、未だに終わっていないのですよ・・・

 イランとイスラエル間の宣戦布告無き戦争~シリアからイスラエルの原発30KM地点にミサイルないしはロケット弾が着弾しましたね。発射した側の国籍は不明らしい。おそらくロシアかもしれない。そしてイスラエル自慢のアイアン・ドームはジャミングされたか何かで迎撃出来なかったのでしょう。ロシアとて、いつまでもイスラエルのやりたい放題させるわけでもないでしょう。イスラエルからEU諸国に地中海経由でガスを売られたのではロシアとしてもたまったものじゃない。この先私の言いたいことは・・・長年このブログを読んでいる方であればお分かりかと・・・

Ⅲ コロナ&コロナワクチン~連日世界中でお騒がせのコロナ。なんでもインドでは過去24時間で41万人が感染とか!そしてヘーゲルの弁証法よろしく待ってましたとばかりのコロナ・毒チン。なんでもモデルナ、アストロゼネカ、ファイザーの順に危険だとか。特にモデルナはかなりヤバいらしい。

3社ともユダヤ・カバール系のサタニック企業ですわね。私は人工ウィルスを超えた、生物化学兵器ではないか?と思ってます。

私にも医療従事関係者の知り合い、親近者もいて、強制接種した方々がおります。医療機関を第一ターゲットにするなんて、悪魔的というか、想定外でした。ただただ、やむを得ず接種した方々の安全、憐れみ、神の解毒作用を祈るばかりです。

16:17信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、
16:18へびをつかむであろう。また、毒を飲んでも、決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる」。

マルコ 16:17~18

 主イエスの血潮は全知全能、すべての罪を覆い、死をも超越させて下さるのです・・・

«Truth Seeker さんに共感