2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

2017年4月22日 (土)

西のシリアと東の北朝鮮~戦争と戦争の噂

今年の行方を予測するに当たりバイタル・キーとなる今現在のこの2ヶ国。

しばらくブログの更新も止まっていました。
情報は追っていましたけど。
というのは、この手の軍事情報(特に北朝鮮関連)はまず、権謀術数、駆け引き、錬金術の宝庫であり、狐と狸の化かし合い、鵜呑みには出来ないからです。
特にアメリカ空母カール・ヴィンソンの公開位置情報を見てもわかるように・・・まるでアテにならず、こういうものです。

よって、何も書けずにいたわけです(調子悪かったせいもありますけど)。

とにかくこの先、北朝鮮に関しては来週から五月中旬ごろまでが山場でしょう。
マスコミ報道、マイク=ペンス副大統領(あのディック=チェイニーでさえ、あそこまで発言したことはなかった)の言動も、どこまでが本音でハッタリなのかわかったものじゃない・・・本来なら大統領であるトランプの言うべきことでしょう?何やってんだ?あのペテン師は?

神が選んだ大統領だって?本気で信じてるの?おいおい、おめでたいジョークもいいかげんにしたほうがいい。
もっとも、終末のスピードがアップした気がするという点では同意しますがね。

VPペンスが、キリスト教右派、エバンジェリカル=カトリックを自称するところも、私的には気に入らない。
良く知らないが、マイク=ペンスってそんなにカリスマ性のある人物だろうか?軍服着て、北朝鮮を恫喝する姿・・・ありゃ、この世と契合したキリストの仮面を被った狼の姿ではないだろうか?古今東西、「まともな人間」なら政治家などになりたいなど思わないですよ。

政治の薄汚さを知っていながら、羊飼いが政治の世界に首を突っ込み、羊を誤道するリスクが存在する点において、私は警鐘をここで鳴らしておきたい。
そもそもサイコパスに何を言っても無駄、外典エノク書に出て来る悪名高き堕天使、シェムハザに福音を宣べ伝えるようなものです。
選択肢がなければ「公約」を基準に投票せよだって?「おめでたい」としか言いようがない。公約など守る連中だろうか?トランプの公約?どうなってるのよ??嘘と寝返り、裏切りの連続ではないですか!

政治に関心を持つべきでないとは言いませんけど、期待などすべきではない。

要するに、我々に選択肢などないのです、これが冷酷無比な現実なのですよ、だから「本物の」メシヤ=救世主が必要なわけなのです。政治によってなど何も変わらないですよ。誰の配下なのよ?駄天使の長でしょう?

2017年4月12日 (水)

ダマスカスが化学兵器の標的に?

シリアと北朝鮮がきな臭いです。
以下は夕べ、速報で入ってきたニュースとアップデイトされた記事を貼り付けておきます。

プーチン大統領 ロシア連邦は信頼できる消息筋から、化学兵器を使った煽動がダマスカス周辺をはじめとするシリアの別の領域で準備されているという情報を得ている

https://jp.sputniknews.com/politics/201704113526687/

政治
2017年04月11日 21:51(アップデート 2017年04月11日 22:26)

プーチン大統領 ロシア連邦は信頼できる消息筋から、化学兵器を使った煽動がダマスカス周辺をはじめとするシリアの別の領域で準備されているという情報を得ている

米国はシリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復として、同国西部にある軍事基地を攻撃した。

米国政権の発表によれば、地中海の軍艦からホムス県の空軍基地に向けて、およそ59発のトマホークミサイルが発射された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プーチン大統領が警告 シリアで化学兵器を使用した煽動が準備中

2017年04月11日 21:51(アップデート 2017年04月12日 00:19)

プーチン大統領は、ロシアは化学兵器を使った煽動がダマスカス周辺などシリアの別の領域で準備されているという情報を得ていることを明らかにした。

スプートニク日本

「複数の消息筋から類似した煽動が、これはもう煽動以外呼びようがないのだが、そうしたものがシリアのほかの地域でも準備されているという情報を得ている。その中にはダマスカスの南の郊外も入れられており、また何らかの物質をばらまき、それをシリア公式政権の仕業として非難しようとされている。」プーチン大統領は記者団からの質問にこう答えている。

プーチン大統領はこのほかに、イドリブでの化学兵器攻撃の入念な捜査を呼びかけた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

偽旗作戦だ、いやシリア軍が使用したのは間違いない、はたまた反政府軍が使ったと、様々な見解がありますが、私には何とも --;

いずれにせよ、「ダマスカス」という具体的な都市名が出て来た事には注意を払うべきかと。

それと北朝鮮情勢・・・何となくリンクしていると感じますが、米露中、韓半島、そして日本と。

キューバ危機の時のようなパターンなのか?それともイザヤ書17章の成就が近いのか?

煽るつもりはありません。しかし、今回は極東も巻き込んでいるだけに、対岸の火事で関係ないとは言えないでしょう。

ティラーソン国務長官とラブロフ外相の対談がどうなるのか?プーチンはティラーソンとは会わないと言っているようですが・・・

追記:

参考までに高原剛一郎師によると、今現在のシリア軍は25万人いたところ、13万人だという。
そのうちシリア人の軍人はなんと!3000人・・・将校が多く見積もって300人ほどだそうで。

ではこのシリア軍の軍服を着てシリア軍を動かしているのは誰か?となると、イラン革命防衛隊の「影の」司令官であると言われる、ガーゼル=ソレイマーニーという人物だそうで、アフガン、ヒズボラ、イラク、イラン本国あたりからリクルートし、仮面をつけたシリア軍を結成しているという。シーア派ということになりますわね。

ということは?・・・アサドは飼い殺し状態であって、表向きはシリア政府軍であっても、何をしでかすかわからない・・・

もっと率直に言えば、自国民に対しても平気で銃口を向けることも躊躇しないことだろう・・・

2017年4月 6日 (木)

置換神学は「補助的に」がいいと思うのだが?

>置換神学

置換神学(ちかんしんがく、Supersessionism、replacement theology、fulfillment theology)とは、新約聖書解釈の一つで、選民としてのユダヤ人の使命が終わり、新しいイスラエルが教会になったとする説である。

その根拠とされる聖句は、ガラテヤ3:6-9、3:29、ローマ2:28、29、4:13、マタイ21:43である。

聖書の語句で「イスラエル」と出てくる箇所を「ユダヤ人」と見なさずに霊的にのみ解釈する(キリスト教、教会を「真のイスラエル」とする)。

~ウィキより~

私としては100%否定するつもりはないし、場合によっては、この手法を使った方がわかりやすくフィットする箇所もあります。よって、私もまったく使わないわけじゃありません。

解釈にも、いわゆる「文字通り」の解釈と「たとえとして」の解釈があるように。聖書の二重性(デュアリティー)も否定しません。
とは言え、イスラエル(ユダヤ人)と教会は双方揃って両輪をなしていますよね?

要するに、バランス感覚のない常軌を逸した極端な置換神学は御法度ということでしょうか。頓珍漢な聖書解釈をしたくなければ。

それからこれ大事!終末預言の書に関しては、これはやめた方がいい。
最近の世界情勢、特に中東情勢を見ているとつくづく感じる。

自称?聖書片手に中東ウォッチャーをやっていて、ここ1~2年でフッと感じたことですけど、ユダヤ人とイスラエル国家、エルサレムを無視してはおかしな解釈になってしまうのですよ。
なぜなら、聖書に書いてある文字通りのことが成就しようとしているから。

特にダニエル書、ゼカリヤ書などは、終末における、ユダヤ人の救い為の書と言えるのではなかろうか?
ダニエル書を読んで気づくことは、黙示録と比べかなり、ユダヤ色が濃いことです。

それと参考までに:

”聖書預言には賞味期限がある(いわゆる政治経済、登場人物、軍事面を含めた舞台設定)

~Pastor JD Farag

”聖書に出て来る戦争の記述はすべてイスラエルが関係している。だからあれほどの歴史的大惨事にもかわらず、二度の世界大戦は聖書には書いてない。なぜか?あの時代にはイスラエルが国家としてまだ、なかったから。”

~Amir Tsarfati 氏

* 全部調べたわけじゃありませんけど、説得力がある。そしてハルマゲドンの最終攻撃のターゲットとなる本丸は・・・イスラエルであり、その時には世界首都であろうエルサレム。

2017年3月30日 (木)

いいねえ~♪若かりし頃を思い出す・・・


なんかこの動画を見ているとホッとする。

私の世代はスノボーではなくて、スキーの時代・・・板の長さ=身長+10~15cm、よって私は185cmの板を使ってました。

ところが今はどうよ?身長ー○○cmのカービング・スキーが主流やないかい!
私がスキーから撤退する頃登場したから、私はどんなものだかわからない(涙;)

聞いたところによると、パラレル・ターンが面白いほど綺麗に出来ると従兄弟が言ってた。
「面白いくらいに良くターン出来る」と・・・

あのな~!こちとらロング・スキー板で、緩斜面でのみ!やっとこさ、ウェーデルンもどきをマスターしたと言うのに(涙;)

少しウォーミング・アップすれば身体は覚えているから、カービング・スキーを使えば、ワタクシでも急斜面をウェーデルンもどきで滑って降りることが可能だろうか?コブコブの30度超える急斜面に行くと・・・ラレル・ターンがいいところだった。

とおしゃべりが過ぎました。

で何が言いたいの?と言われますと、とりあえずこのブログはハード・ボイルド路線が原則。
この Eden Media  のサイトはいわゆる、キリスト教系陰謀論ユーチューブサイト。
珍しい、らしくない動画の投稿です。

でもなんか・・・わかる気がする・・・永遠の時間軸から見て、この世の時間は短いもの。
みんな、もがき苦しみながら自戒し、従順に努めようとしているけど、その一方で楽しいこと、心の奥底から笑いが込み上げてくる心地よいものをも求めているのだと思う。これは生きていく上で必要だし、決して悪いことではなく否定するべきものでもない。

我々は「十字架の贖い」によって、罪、律法から解放され自由の身になったのだから。
もちろん、だからと言って、何やっても赦されるというものではないので誤解なく。

そもそもPastor JD にあやかるなら

「救いのABC」と言って

Admit~ 自分が罪人であることを認識する、認める。

Believe ~主イエスこそ唯一のメシヤであると信じる。

Confess~イエスこそ救い主であると告白する。

10:9すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
10:10なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

ローマ書 10:9~10

動画の表題にもあるように「平和と感謝」・・・

さあ~♪賛美しよう~♪救~い主、イエスに~♪ なのである。

今は違うけど、かつては私も「平和と感謝」を実感できる時期があったからわかる。

しかし時代は変わってしまった・・・いわゆる "The point of no return" のところまで来てしまったのではないか。

今は表面上、小康状態で " Watchman on the wall" を自称する私としては???これと言ったニュースもない。

しかし、これだけは真理ではなかろうか。「もう元には戻らない」・・・と・・・

時代はそこまで進んでしまったのですね・・・


ある愛の詩~ライアン=オニール、若かったねえ。
と、私的にはそれはどうでも良く、このSnow Frolic という映画内の挿入歌。

映画音楽界の双璧と言えば私は迷わず、このフランシス=レイ(他に「さらば夏の日」、「個人教授」)と、「太陽がいっぱい」、「ゴッド=ファーザー」、「ロミオとジュリエット」のニーノ=ロータを挙げますね。

2017年3月20日 (月)

シリアがイスラエルに楯突いたことの意義

ブレイキング・ニュースを二つほど。

シリアの戦闘地域の最前線はアレッポ、ホムス、ラッカ等、北部地域ですが、ここに来てダマスカス奇襲と来ましたか・・・ダマスカスは都市の2/3は廃墟と化しているそうですが、ダマスカスをターゲットにして来たとなるとこれは危険。

なんでもイスラエルのインテリジェンス系(モサドとか)の情報によると、ダマスカスの地下には大量の生物・化学兵器が貯蔵されているらしいのです・・・

パスターJDとアミール・サルファティ(これが正しい発音らしい --;?)氏によると、常にゴラン高原からダマスカスを監視しているとの事。

シリア政府軍と反政府勢力、首都ダマスカス近郊で激しく戦闘

BBC News 3/20(月) 11:50配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-39324337-bbc-int

>反政府勢力はダマスカスの東にあるジョバル地区で奇襲をかけ、迫撃砲やロケット砲が市の中心部にも到達した。

次、行きましょう。

こちらの方がヤバそうな事件ですね。今までIAF(イスラエル・エア・フォース=イスラエル空軍)に何度となく領空侵犯され、先制空爆されては泣き寝入りしていたシリア軍が初めて!イスラエルのF-15戦闘機に対し、地対空ミサイルで反撃した!

配備されていたのが地対空迎撃ミサイルシステムS-300、S-400に性能的に劣る償却兵器のS-200だったようでして、シリア側は1機撃墜し、1機損傷させたとアナウンス。一方、イスラエルの方は無事に全機、任務を完了し帰還したとの報道。
真偽のほどは???

さっそく在ロシア・イスラエル大使がクレムリンから呼び出しがかかった模様。
先週、プーチンとネタニヤフが会談しているだけに・・・

イスラエル国防相、「シリア防空システムの破壊」を警告

CNN.co.jp 3/20(月) 9:37配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-35098353-cnn-int

エルサレム(CNN) イスラエル軍によるシリア空爆にシリア軍が地対空ミサイルなどで応じたことに対し、イスラエルのリーベルマン国防相は19日、次回同じ動きがあればただちに報復すると警告した。

 

リーベルマン氏は同日午前にイスラエルの公共ラジオを通し、「シリアがまた我が国の航空機に対して防空システムを使ったら、次はためらうことなくシステム全体を破壊する」と述べた。

 

イスラエル軍は16日夜から17日朝にかけて、シリアの首都ダマスカスや遺跡都市パルミラ周辺を空爆した。イスラエルと敵対するレバノンのシーア派組織「ヒズボラ」への武器流出を阻止するのが目的だったとしている。

 

これに対してシリア軍は複数のミサイルを発射し、イスラエル軍機1機を撃墜、もう1機を損壊させたと主張。イスラエル軍はこれを「全くのうそ」だと否定していた。

 

リーベルマン氏は「我々の問題の中心は何よりもまず、シリアからレバノンへ高度な武器が流出していることだ」と語り、「流出の現場を見つけるたびに、その阻止を図る。この点については一切妥協しない」と強調した。

 

同氏は昨年の就任以降、こうした強硬発言を繰り返している。

 

シリアのアサド政権を支援するロシアは、空爆から24時間以内にイスラエルの駐ロシア大使を呼び出すという異例の反応を示した。イスラエルのネタニヤフ首相は先週、ロシアのプーチン大統領と会談し、シリアでの軍事行動を互いに調整して偶発的事故を防ぐとの方針を確認していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、シリアにイスラエルが本格的に介入して来るとなると・・・

果たして中東だけの問題ですむだろうか?

エゼキエル38章には、タルシシの商人(スペインではなくイギリス説がここでは有力のようだ)及び若い獅子たち(米、加、豪、NZ)に対する記述がある。

ここは英語訳のKJVのほうが、はっきりと書かれていてわかり易い。

今現在、中東の大家さんはアメリカではなくロシアだが、NWOグローバリスト連中がロシアにやりたい放題させ、知らぬ、存ぜぬと、いけしゃあしゃあ~とすると言うのだろうか?

少なくともトランプは、アメリカ大使館のエルサレム移転をあきらめてはなさそうだし、娘婿のクシュナーも自称?ユダヤ人で、娘のイヴァンカも表向き?ユダヤ教に改宗している。

これからの動きには、注意が必要だ。特にダマスカス、ゴラン高原付近のシリア、イスラエル国境に。

追記:

イスラエル国防相がシリアを攻撃した自国の戦闘機を攻撃したシリア軍を非難する倒錯した世界
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703190000/
2017.03.20 05:45:52 櫻井ジャーナル

* これなんかも客観的に見れば、ごもっともな記事ですね。
欧米諸国同様、イスラエル国家の中枢もNWOグローバリストの巣窟なのだから。
シオニスト=クリスチャンに警告しておきます。
何でもかんでもイスラエルのやることは許されるなどという、おめでたい考えは捨てたほうがいいです。神は決して侮られるような方ではない。

旧約聖書はメシヤとしてのイエスを予表、預言等を通じて証している(もっとも、聖書自体がそうですけども)とともに、人間の罪の記録、医学的に言うところの診断書です。そのためのメシヤの初臨=世の罪を取り除く神の子羊なるキリストが、医学的に言うところの処方箋=新約聖書という見方も出来る。この方以外に救いはない。

ユダヤ人は確かに神が選んだ選民ですが、しょせん罪人、人類の縮図であって、その歴史は決して褒められたものではない。ましてや現代においては混血が進み、定義もユダヤ教徒である事とか、母方が血統的にユダヤ人だとか、ざっくり言うと、切り口によっては曖昧もいいところ。
何を特別媚びへつらう必要があろうか?

これまた参考までに、レムナントのユダヤ人・・・J・コーソン師、アミール氏とも、おそらく悔い改め真の意味で、神に立ち返り救われるユダヤ人は3人に1人ではなかろうか?と。

その根拠となる聖書箇所を記して終わります。

13:7万軍の主は言われる、
「つるぎよ、立ち上がってわが牧者を攻めよ。
わたしの次に立つ人を攻めよ。
牧者を撃て、その羊は散る。
わたしは手をかえして、小さい者どもを攻める。
13:8主は言われる、全地の人の三分の二は断たれて死に、
三分の一は生き残る。
13:9わたしはこの三分の一を火の中に入れ、
銀をふき分けるように、これをふき分け、
金を精錬するように、これを精錬する。
彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。
わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」。

ゼカリヤ 13:7~9 

«ロシアがリビアに本格介入か