2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

2016年12月 3日 (土)

イスラエル抹殺指令??

最近、イスラエルに対する風当たりが強くなってます。
12月1日でしたか?国連投票で賛成票100超、反対票はわずか、US、カナダを入れて7票。

それは何かというと

エルサレムの東西分割案及びイスラエルのゴラン高原占領区域からの撤退。

いよいよNWOグローバリスト陣営は最後の総仕上げの準備に取り掛かろうとしているのでしょうか?
いわゆる「ユダヤ国際金融財閥」と言われる、ユダヤ系大富豪のサタニスト連中の中心的大物は欧米に拠点を構え、イスラエルに移住などしておりません。
目的の為には手段を選ばず、同胞ですら血も涙もなく、平気で裏切る連中です。その際たるものがホロコーストであったわけです。犠牲者の数字は眉唾ものですけど。

中東におけるイスラエルの利用価値が薄れたのか、孤立させて暴発、起爆剤とするつもりなのか?・・・スケープ・ゴートとして使うつもりなのか?

それは反キリスト登場の舞台設定としても価値あるアジェンダでしょう。

その当事者たるイスラエル、「はい、そうですか。では仰せの通りに。」などとは、間違っても言うはずがないと考えます。

ローマをして一番統治しにくかった民族と言わしめ、マサダ砦のエピソードからしても、
座して死を待つほど大人しい民族じゃありません。
最後の一人になるまで徹底抗戦する覚悟があろうし、イザとなったら核を使うことすら躊躇しないことでしょう。

結論として、イスラエルが国家崩壊、消滅することはないだろうし、エルサレムが分割されることも聖書的に言ってないでしょう。軍事的要衝たるゴラン高原からも撤退しないでしょう。

ただ一方で、今や中東はロシアが主導権を握り、イラン、トルコ、そしてリビアの接近と・・・
更に重要なのが、シリア情勢から目を離せないという事。
近いうちにアレッポをシリア政府軍はロシア、イラン、ヒズボラの援助を得て奪還するだろうし、そうなったら次は本命、ダマスカスの完全奪回と事態は進むかもしれません・・・こうなったら、どうなるか?非常に危険、まさしくレッド・アラート点灯でしょう。

イスラエルにしても自国防衛のためには少しでも不穏な動きを察したら、先制攻撃を辞さずが国是でありますゆえ。

今後のイスラエルの動き、メインストリーム・メディアはイスラエルに関して、重要事項をほとんど報道しませんから要注意です。
繰り返しますが、特に対シリア、対イランに対しては世界の命運がかかっていると言っても過言ではありません。なぜなら、今や中東を仕切っているのはアメリカではなくロシアなので。




例によって日本語字幕なし --;・・・興味がある方はご覧になってください。

最後に興味深い聖書箇所を。

13:7万軍の主は言われる、
「つるぎよ、立ち上がってわが牧者を攻めよ。
わたしの次に立つ人を攻めよ。
牧者を撃て、その羊は散る。
わたしは手をかえして、小さい者どもを攻める。
13:8主は言われる、全地の人の三分の二は断たれて死に、
三分の一は生き残る。
13:9わたしはこの三分の一を火の中に入れ、
銀をふき分けるように、これをふき分け、
金を精錬するように、これを精錬する。
彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。
わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」。

ゼカリア 13:7~9

J・コーソン師によると、イスラエルが反キリストをメシヤだと認め一旦は受け入れるが、騙されたと気づき、最終的にはキリスト(ヤシュア=ハ=マシヤ)こそ本物のメシヤであったと受け入れる時、「大艱難期の7年を通して生き残るのは3人に1人であろう」と、この箇所から解釈してます。

ではユダヤ人以外では??

2016年12月 1日 (木)

プテ=リビアが動く

http://blog.canpan.info/jig/archive/6050

NO4343 『リビアのハフタル将軍ロシア訪問』 [2016年11月30日(Wed)]

リビア東部政府の軍のトップ、ハフタル将軍がロシアを訪問した。そのことには、大きな意味がありそうだ。それは、ハフタル将軍がロシアに対して、武器の提供を要請したのと交換に、リビア東部政府が支配している地域に、ロシア軍の基地を開設することを、提案したからだ。

リビアは持てる石油資源や、アフリカ難問のヨーロッパへの、移動拠点として重要な意味を持っている。石油については、単なる石油ではなく、ロー・サルファ、ロー・パラフィンの良質なものであることから、カーボン繊維の生産には、うってつけだと言われている。

リビアがアフリカ難民のヨーロッパへの、移動拠点であるということは、リビアがこれを取り締まれば、ヨーロッパはアフリカ難民の問題を、軽減することが出来るという事であり、トルコと同じような意味合いを、持っているのだ。

従って、アメリカを始めフランスやイギリスは、リビア問題に介入し、何とか自由にコントロール出来る状態を、創り出そうとしている。ISをリビアに送り込んだのは、アメリカとイギリスの策謀であろうし、その後のアメリカやフランス、イギリス軍による、シルテへの空爆も、その流れであろう。

チュニジアで結成された、統一リビア政府なるものと、その代表であるセラジ首相も、あくまでも国連という名を冠した、欧米の傀儡であろう。リビア国民の誰も、この人物を信用していないし、トリポリに拠点を置きはしたが、実験は握っていないようだ。彼の名が欧米のマスコミに出てくるのは、小さな存在を大きく見せよう、という策謀であろう。

そうした状況にあるリビアに、今回のハフタル将軍の訪ロで、ロシアが本格的に進出することになれば、アメリカ、イギリス、フランスの計算は完全に失敗に、終わる可能性がある。

ハフタル将軍の訪ロは、公式なものと評価されている。ロシア軍のトップであるロシア国家安全議会議長ニコライ・バトロワシフ、セルゲイ・ショイコフ国防大臣、そして、ラフロフ外相があっているからだ。

ロシアのイズベスチア紙は、名前は明かさないが、相当高位の人物も、ハフタル将軍と会っている、と報じたが、それはプーチン大統領を、指しているものと、思われる。


今回のハフタル将軍の訪ロを機に、ロシア軍がリビア国内に、軍事基地を持つことになれば、欧米の策謀は失敗し、アメリカのアフリカへの進出にも、ブレーキがかかることになろう。

アメリカのトランプ氏が、大統領に就任するのは、来年の1月だが、現在オバマ大統領は、実権を有していない状態にあり、まさに、空白の2か月が目の前に、控えているということだ。この空白期間中に、東リビア政府とロシアとの間で、基地開設の合意が出来れば、アフリカ全体の様相が、変わるという事であろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中東TODAYからの重要なるニュース。
いよいよリビアがロシアとタイアップするのか・・・陣営が整いつつあります。
あのトルコの問題児、エルドアンが「アサドを抹殺する」と駄々をこねて、プーチンの逆鱗に触れたりして、不確定要素も存在はしますけど。

また、ゴラン高原もきな臭くなってきましたね。
イスラエル軍がISISのテロリストを4人抹殺したばかりでしたが、本日、ダマスカス郊外の国境付近をミサイル二発、空爆した模様。
ヒズボラが絡んでいる兵器庫?のようです。

まず、このような情報はメインストリームメディアでは報道しません。ISIS関連の報道はありましたが。

ゴラン高原、ダマスカスとこちらも要注意。

2016年11月30日 (水)

イザヤ書より

35:3あなたがたは弱った手を強くし、
よろめくひざを健やかにせよ。
35:4心おののく者に言え、
「強くあれ、恐れてはならない。
見よ、あなたがたの神は報復をもって臨み、
神の報いをもってこられる。
神は来て、あなたがたを救われる」と。
35:5その時、目しいの目は開かれ、
耳しいの耳はあけられる。
35:6その時、足なえは、しかのように飛び走り、
おしの舌は喜び歌う。
それは荒野に水がわきいで、
さばくに川が流れるからである。

40:28あなたは知らなかったか、
あなたは聞かなかったか。
主はとこしえの神、地の果の創造者であって、
弱ることなく、また疲れることなく、
その知恵ははかりがたい。
40:29弱った者には力を与え、
勢いのない者には強さを増し加えられる。
40:30年若い者も弱り、かつ疲れ、
壮年の者も疲れはてて倒れる。
40:31しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、
わしのように翼をはって、のぼることができる。
走っても疲れることなく、
歩いても弱ることはない。

42:1わたしの支持するわがしもべ、
わたしの喜ぶわが選び人を見よ。
わたしはわが霊を彼に与えた。
彼はもろもろの国びとに道をしめす。
42:2彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、
その声をちまたに聞えさせず、
42:3また傷ついた葦を折ることなく、
ほのぐらい灯心を消すことなく、
真実をもって道をしめす。
42:4彼は衰えず、落胆せず、
ついに道を地に確立する。

46:3「ヤコブの家よ、
イスラエルの家の残ったすべての者よ、
生れ出た時から、わたしに負われ、
胎を出た時から、わたしに持ち運ばれた者よ、
わたしに聞け。
46:4わたしはあなたがたの年老いるまで変らず、
白髪となるまで、あなたがたを持ち運ぶ。
わたしは造ったゆえ、必ず負い、
持ち運び、かつ救う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、イザヤ書よりピックアップさせていただきました。

本当に人間とは弱い者、アタマではわかっていても心がついていかない・・・どうしても苛立つ自分をもう一人の自分が冷静に見つめる・・・

月末を迎え、毎度のこと、俗世に属する限り逃げることの出来ないわが宿命?とでも言おうか?

もはやこれまで・・・と思いつつも、まだ行けるのか?己ごときにわかろうはずもなし・・・
今回で何度目であろうか。
「自分で考え行動へ移す時代」と言われても、凡人に何の発想が浮かぼうか。
すべてを主に「明け渡し、委ねるしかないところまで時代は押し詰まっている」との認識はあれど、そうコトは単純なものではない。

泣き言を言うつもりはないが、否、言ってはいけないのはわかっていても・・・「答えをいただきたい・・・もう疲れました」と。

「わが主、わが神」・・・どうかこの役立たずの者を憐れみたまえ。
御国を来たらせ給え、マラナタ。

2016年11月26日 (土)

ダニエル書の十本の角~3本が抜け落ちると?

7:7その後わたしが夜の幻のうちに見た第四の獣は、恐ろしい、ものすごい、非常に強いもので、大きな鉄の歯があり、食らい、かつ、かみ砕いて、その残りを足で踏みつけた。これは、その前に出たすべての獣と違って、十の角を持っていた。
7:8わたしが、その角を注意して見ていると、その中に、また一つの小さい角が出てきたが、この小さい角のために、さきの角のうち三つがその根から抜け落ちた。見よ、この小さい角には、人の目のような目があり、また大きな事を語る口があった。

ダニエル書 7:7~8

十本の角から三本が抜け落ちる・・・これをどう解釈すべきか?
私はまだ確信を得ていません・・・が、あながち「的外れのミスリードであるとは言えない」ある一つの解釈。

ちょっと、アミール氏の講演会からの資料を拝借、これは以前、SDAのロス・パターソン氏の語っていた解釈と一致します、私の記憶違いでなければですがね。

10horn

要するに476年に西ローマ帝国が崩壊し、ヨーロッパの基礎が出来上がったわけですが、3つは消え去り、7つが残っているというもの。

それによると

スペイン
イギリス
フランス
ドイツ
スイス
イタリア
ポルトガル

となるようです。

確かにスペイン、ポルトガルは大航海時代の先駆けとして、イタリアはローマ帝国のルーツだし、バチカンがある。
そして英独仏はかつては世界の覇権を巡り争い、現在でも欧州の中心。イギリスのEU離脱がちと、引っかかりますが。もっとも、エゼキエル38章の記述からは、ひょっとしたら?預言の成就の可能性も無きにしも非ずですが。いずれその真偽は明らかになることでしょう。
そしてスイスはタックス・ヘイブンの終着駅で、金融において実力的には世界最強かもしれません。
それはスイス・フランの強さを見ればわかるし、そして何よりCERNを抱えている・・・

しかしながら、個人的にはオランダを無視できないし、EU本部のあるベルギーはブリュッセルも無視できない。タクシーの語源となったタクシス家のホームもベルギーですわね。

ついでながら、ドイツ(フランクフルト)はロスチャイルド家の出身地、イギリス(ポンド及び米ドル)、フランス(ドイツとともにユーロ)、スイス(スイス・フラン)と、その実力は「金融ユダヤのシンボル」でもあるでしょう。

まあこの論点に関し、今の段階で結論付ける必要もないでしょうし、いずれわかる時が来ることでしょう。

問題は8節の

>わたしが、その角を注意して見ていると、その中に、また一つの小さい角が出てきたが、この小さい角のために、さきの角のうち三つがその根から抜け落ちた。見よ、この小さい角には、人の目のような目があり、また大きな事を語る口があった。

の一つの小さい角・・・これがいわゆる反キリストと呼ばれる人物でしょう。果たしてこの7ヶ国の中から登場するのか?他国から登場するのか?答えは・・・わからないとしか言えません・・・

そしておそらくは、世界統一宗教の推進マシーンの最強組織であるバチカン、言い換えると、ミステリー=バビロン・・・

今EUはユーロ、頼りない指導層、中東、北アフリカからの移民問題と問題山積ですが、だからこそ、カリスマ的なヒーローが希求されると言う面もある。あのヒトラーがそうであったように。

おそらくヨーロッパから反キリストは登場するのでしょう。

アメリカも水面下で何か不穏な動きがあるようで、トランプが大統領に正式に就任するまでは油断できないし、はっきり言って予測不能。
シリア、東欧を巡るロシア、イスラエル、イラン、トルコの動きもあろうし、あまりにも不確定要素が多過ぎます。

しかしながら、聖書の屋台骨から察するに、ヒトラー、スターリン、毛沢東をしのぐ、最悪最凶の世界的なカリスマ指導者はEUから。そしてもう一方の東の雄となるであろう、中国を無視できませんね。

紆余曲折を経て、EUと中国が終末の最終的なキー・プレーヤーとなるのだろうか。

最後に付け加えるならば、アメリカとシリアの動向次第でエゼキエル38章の解釈もより鮮明になるかもしれませんし、米英の運命すら見えてくるかも?しれません。
今回の記事の論点は、その先に見えるビジョンとなることでしょう。

とにかくロシアがシリア沖に空母を派遣したという既成事実。あのイスラエルが、ロシアの顔色をうかがわないと、今までのように好き勝手に軍事行動が出来なくなったらしく、このことはゴラン高原における軍事的戦略にも大いなる影響を及ぼすことでしょう。

あとは、12月19日の大統領選挙人による最終投票及び、来年1月20日のアメリカ大統領就任式まで、何事も無く辿り着くのか?はたまた想定外のサプライズが起こるか?
ウィスコンシン州で不正の疑いがあるから集計のし直しなどとヤフー・ニュースにあるくらいですから・・・「何を今さら」ですが、今回の大統領選は今までとは違う変な胸騒ぎがしなくも・・・ない。

サタンに魂を売り渡したサイコパス連中の執念と悪あがきは、自称?常識人には予測不可能です・・・

2016年11月20日 (日)

黙示録タイムライン及び12章再び

まず初めに、黙示録の簡略化した流れを見ていきましょう。もちろんこれで完璧!とは個人的には思えないのですけど~・・・そんな単純なものなら何の苦労もない。しかしながら、参考になるし、わかり易い図式で私が理解できる範囲ではこれでいいのかもしれないとも?

ちなみにこれは、ジョン・コーソン師、スコッティー・クラークともほぼ同じ解釈です。

Photo

まずは簡単に概略を。

黙示録1章~導入、プロローグ
黙示録2章~3章~教会史
黙示録4章~5章~掲挙、天での様子
黙示録6章~18章~ダニエルの70週目=7年間の大艱難時代(17,18は大淫婦バビロンの裁き)
黙示録19章~20章~ハルマゲドン、千年王国、最後の審判
黙示録21~22章~新天新地、新しいエルサレムの出現、永遠の神の国

まあ、難しい書物を簡略化し、わかり易いと言っちゃ、わかり易いし土台というか基礎にするはもってこいです。

このことを前提に本日、聖書預言マニアは知ってますが、スコッティー・クラークがまたまた黙示録12章の天のしるしに関して解説 --;・・・

ちょっとロシュ=ハシャナー(私の資料では9/21なのですが?、ラッパの祭り、ユダヤ歴新年)にこだわり過ぎてはいないか?
2017年9月23日がその日だ、ラプチャーの可能性が高く、終末の7年入りの可能性も高いような話しぶりですが、期日指定をするとろくことがないし、なかなか鋭くかつ、有能な方なので、黙示録12章のしるしだけで、早急なる判断は避けて欲しいところですが、無視できないし、万が一の可能性も視野に入れて吟味してみたいと思います。

断っておきますが、日本語翻字幕なし・・・1時間近くと長いです(涙;)、時間がある人、英語堪能な方はどうぞ。

このユーチューブ・ビデオがその情報源であることを明らかにしましょう。

ちなみに私は鵜呑みにはしておりません。だが、無視は出来ない、可能性がゼロとは言わないというスタンス。

艱難期後半からであろう、ユダヤ人のレムナントの救いに関しても、12章は大事だし、私的にここでは、セオリーから言うと、艱難期中掲挙説の方が解釈的にはすっきりするのではないか?と考えますが、まだ反キリストは現れてないし、ソロモンの第三神殿も出来てない。どう考えても、来年9月が大艱難期の折り返し地点とは思えない。今はまだマタイ24章の「生みの苦しみの始まり」の時期、序章であって、これからだと理解しています。

このシリーズ(このブログでも紹介しました)一連の動画は見てきたのですが、今回その疑問に答えてました。それは何か?

動画を見ていただくとわかりますが、黙示録11章、及び12章は6章と同期する。いわゆる導入的、後付説明である。
あくまでも掲挙は艱難期前、2017年秋の12章の天のしるしは、艱難期入りからの記述であると、あくまでもこだわりが強い!!まあ、そう言われて読んでみると、そう読めなくもないのですがね・・・でも艱難期中の記述の可能性の方が高くないかな?しかしそうなると、矛盾点が誰の目にも明らかになってしまうというジレンマが存在するしで。

とりあえず、ブログ記事にする価値はあると思いますし、ムキになって反論するほどのものでもない。いずれその時が来ればわかるくらいに。

というわけで、この命題に対して慌てて結論を出すつもりはありません、このような無視できない話もあるというくらいで。あまりにも難易度が高すぎますゆえ。

でもホントは、本音を言わせてもえば・・・もう後がない、なぜ神はこのような狂気に満ちた世界をいつまで忍耐するおつもりか?

サタン(ここではルシファー=ヘレル)を頭とする堕天使連中による異次元世界からの介入及びそれに組するNWOグローバリスト連中、CERN、AI、宇宙兵器スター・ウォー、EMP、中東で人を殺して狂喜乱舞するサイコパス連中による大量殺戮、もう何年よ?もうたくさん!

胃をぶっ壊し、精神に支障を来たしながらもドーピングしながら寿命を縮めながらも(これはこれでこの世に未練などないので結構だが)、家族を養っていくには死に体に鞭打ってでも働かねばならない異常社会。

出来れば早く来ていただきたい。
主よ、来たりませ、マラナタ。

追記~

これ大事なんで書いておこうかと。
黙示録、特に6~18章までは、お行儀良く順番どおりに並んでいるとは限らない気がします。
その点ではダニエル書のほうが分かり易い。
ヨハネが見たビジョンを別角度から記した、もしくは時間軸(期間の長さを含め)を考慮しなければならないような気がします。

«打ちひしがれた時の祈り

最近のトラックバック


gogo.gs
無料ブログはココログ