2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

2017年1月21日 (土)

プテ=リビア続報~ロシアと同盟か?

さて、アメリカ大統領就任式は無事?終了したようですね。

一部暴徒化して、マックやスターバックスコーヒーの店舗などが一部で被害にあったようですが。

もうトランプに決まってしまったのだから今さら文句言っても仕方がないと思うのですが、これからも反対勢力はあきらめずにマイダン運動をやるとか?どうぞご勝手にと。アメリカに戒厳令が発動されたり、内戦にならないことを。ヒラリーよりは「まだマシ」なのは、ネガティブ危険因子を抱えながらも事実だし。

で、本日提供する命題は別のところ。

リビアでハフタル将軍率いる国連の承認を受けてない政府が東部の重要拠点であるベンガジをほぼ、掌握したとか。

今年は年初から動きが早く、今月は更新頻度が高い。

中東TODAYから~

NO4395 1月20日 『リビア・ハフタル将軍善戦ベンガジ支配へ』 [2017年01月20日(Fri)]
http://blog.canpan.info/jig/archive/6102

リビアの東政府の実力者である、ハフタル将軍の部隊が、リビアの東の首都ベンガジ市を、ほぼ支配したようだ。そうは言っても、戦闘はいまだ続いており、戦闘は相当激しいものであり、ハフタル将軍側にも、15人以上の戦死者が、出ている模様だ。

 

ベンガジ市はカダフィ大佐の革命で打倒された、イドリス国王の時代には、東の首都とされていた場所であり、地中海に面したきれいな街だった。もちろん現状はがれきの山と、なっているだろう。このベンガジ市のカフンダ地区が、激戦のポイントのようだ。ハフタル軍側は航空機を使い、激しい爆弾投下作戦を行った。

 

結果的に、カフンダ地区はイスラミスト(アルカーイダと関連のある組織)の手から、ほぼ解放されたのだが、内部に市民3家族が、残っていることから、彼らの同地からの安全な、脱出を実現させるべく、停戦状態にある。

 

今まで、ハフタル将軍の部隊に、あまり動きが無かったのだが、ここに来て、急きょ激しくなったという事は、ハフタル将軍の訪ロが、成功したからであろう。国連の制裁があり、ロシアは思うようにハフタル将軍側に、武器を送れないだろう。しかし、ロシアの艦艇がリビア東部に入ったことだけで、大きな励ましとなろう。

 

ロシアはどういう判断から、東のハフタル将軍を支援するのであろうか。トリポリを首都とする、セラジ首相率いる国連の作った、統一リビア政府ではなく。

 

それはセラジ首相には、具体的な武力集団が彼のバックには、存在しないことに、あるのかも入しれない。また、ハフタル将軍側は東部、南部の主要部族をまとめ、味方につけ、油田地帯のほぼ全域を、掌握しているからかもしれない。

 

ハフタル将軍はこのことに加え、石油の積出港も支配下に置いているのだ。そうなれば西側のセラジ政府との交渉で、力で有利な合意を取り付けることができよう。そうなるとハフタル将軍は、リビアの石油収入を牛耳れる、ということになるのだ。それがロシアにはわかっているのであろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

統一リビア政府に対しては、欧米諸国が軍事介入してテロリストグループの攻撃に対処しているという情報もありますが、アメリカ大統領も変わったし、リビアは聖書の預言通りに行くと、ロシアが手に入れると見ていいのかと・・・

着々と配備が整いつつあるように感じます。

2017年1月19日 (木)

NY5番街のジャレッド=クシュナー所有の666のビル

昨日の続編です。ちょこっと、探りを入れてみました。
ま、666のサインは今の時代、至る所にあるので特別扱いする必要はないのですけど・・・

どこが“正統派”ユダヤ教徒やねん、嘘はあかんわ、嘘わ。モーセの十戒に反するで~ ♪

父親の顔を別の動画で見ましたけど、ひと目見てわかる典型的なカザール=ユダヤ顔。
ヒラリーかトランプか?・・・選択肢がないのは日本もそうだけど、トランプをまるで希望の星かのように、必要以上に持ち上げるアメリカの福音派クリスチャンの神経を私は疑う・・・
イスラエル・マンセー!なら誰でもいい?アホか?
どちらがまだ「マシ」か?の選択肢しかなかったわけだが、結果どちらもヤバかったわけで。
そんなの自明の理なのに選挙放棄者を裁く クリスチャンまでいるのには呆れた。
トランプの背景をもっと良く調べなさいって・・・

どちらも2分ほどなので字幕なしでも必見!



2017年1月18日 (水)

トランプの娘婿ジャレッド=クシュナーなる人物~まさかね?

ジャレッド=クシュナー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%83%BC

Jared_kushner_cropped_2

~引用~

不動産開発企業クシュナー・カンパニーズの創業者チャールズ・クシュナーの長男として、ニュージャージー州エセックス郡リビングストンに生まれる。クシュナー家は1949年に祖父母がポーランドから米国へ移民したユダヤ人で、ホロコーストからの生還者である[1]。正統派ユダヤ教の戒律に従った食事をとり、安息日を守り、ニューヨークのアッパーイーストサイドにある上流階級向けのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)に通う[2]。父親は民主党への大口献金者であり[2]、息子たちの入学直前にハーバード大学、ニューヨーク大学へ大口寄付をしたことでも知られる[3][4][5]。

2003年にハーバード大学を優等(cum laude)で卒業、社会学士号(B.A. in sociology)を得た。2007年にニューヨーク大学ビジネス・スクール・ロー・スクールのジョイント・プログラムでMBA・法務博士(J.D.)号を取得した。

2004年に父親が脱税、証人買収、選挙資金の違法献金など計18件の訴因で2年間の実刑判決を受け、ジャレッドが事業を引き継いだ[2]。

2006年、ニューヨーク・オブザーバーを1000万ドルで買収した[6]。同年、単一のビル購入としては米国史上で最高額となるマンハッタン5番街の41階建て高層ビルを41億ドルで購入する案件を手がけて話題となる[2]。

2009年にドナルド・トランプの娘イヴァンカと結婚。イヴァンカは結婚前にユダヤ教に改宗した[2]。

2015年5月にワン・タイムズスクエアの株式の50.1%を買収する[7]。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙に立候補した岳父のドナルド・トランプの選挙顧問[8]を務めて選対本部長も度々選任させては解任させる[9][10][11]など一貫してほぼ全ての選挙活動に関与して「トランプを大統領にした男」[11]と評されており、政権移行チームの編成を任されたり[12]、刷新された政権移行チームではその一員となっており[13]、日本の安倍晋三との非公式会談でも同席するなど妻のイヴァンカとともにその絶大な影響力から「政治を私物化している」[14]という批判もされている。かつて検事時代に父チャールズを訴追したクリス・クリスティを副大統領候補から外してマイク・ペンスを選ばせたとされ[15]、政権移行チームの責任者だったクリスティとその側近が降格・解任された際も黒幕と目された[16][17][18]。

トランプ政権においてどのような役割を果たすかが注目されていたが、2017年1月9日に名目上は通商・中東政策担当[19]として事実上全ての政策や人事に関与[20]できる大統領上級顧問に就任すると発表された[21]。大統領の親族の政府要職への登用は異例とされる[22]。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、このクシュナー氏に関して面白い情報が入ってきました。
このクシュナーが「中東和平協議」を終結すべく水面下で動いているらしい。トランプがこの人物に白羽の矢を立てたようだ。

誰一人として出来なかったこの難題中の難題を。
とりあえず、これからの動きを無視せず、注目していくだけの価値はあるかも?しれない。

まだ海のものとも山のものともいえない状況ゆえ簡単に情報だけを書いておこう。

日本語字幕があればいいのですが --;


2017/01/17 に公開
Trump says Jared Kushner who owns 666 building will work on the peace to the middle east deal

2017年1月16日 (月)

パリ中東和平会議続報

なんか今のところ、トランプ次期大統領による、「アメリカ大使館のエルサレム移転をやめるようアナウンスした」くらいしか情報がありませんね・・・

複数(4~5)の情報源(海外を含め)を元にしたつもりが(どれも情報源の糸を辿っていくと同じところへ行き着いたりして --;?)
プロパガンダのガセネタを掴まされた可能性あり --;・・・
イスラエルとエルサレム分割協議案がどうなったか?などまったく聞こえて・・・こない。

この分だと17日の国連安保理特別会議の最終決定情報もガセネタか?
それともオバマ、ケリー最後の陰謀は失敗に終わった??

となると、次なる焦点は20日のトランプ大統領就任式へとなるのか?

まだ結論を出すには早いかもしれませんが、とりあえずそのような状況のようです。
引き続きウォッチしていこう。

相変わらずの狼オヤジぶりで情けなくなってしまう・・・とほほ。

2017年1月14日 (土)

トランプ政権本当に大丈夫?

ちょっと気になる記事を目にしたので貼っておきます。
国防長官候補マティス氏はアメリカ大使館のエルサレム移転に異議申し立て。
元エクソン・モービル会長で国務長官候補のティラーソン氏もプーチンと仲が良いと言われていますけど「ロシアの脅威」を口にしているしで。
また、中国の南シナ海人工埋め立て基地に対してはかなり強硬な発言。

外交政策食い違い=トランプ氏と閣僚候補―対ロシアやイラン核、壁建設・次期米政権

時事通信 1/14(土) 1:26配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000004-jij-n_ame

【ワシントン時事】トランプ次期米政権で外交・安全保障を担当する閣僚の承認に関する上院公聴会で、ロシアに対する強硬姿勢やイラン核合意への支持など、トランプ氏の主張と異なる発言が相次いだ。

 露呈した次期政権内の調整不足を解消し、統一された「トランプ外交」を打ち出すことができるかどうか。トランプ氏の政権運営能力が問われることになりそうだ。

 トランプ氏が関係改善を目指すロシアについて、国防長官に指名されたマティス元中央軍司令官は12日の公聴会で「プーチン大統領は北大西洋条約機構(NATO)を壊そうとしている」と述べ、ロシアと対抗する必要性を強調した。国務長官に指名されたティラーソン前エクソンモービル会長も「NATOがロシアを警戒するのは正しい」と述べた。

 中東政策では、トランプ氏が撤回を示唆したイラン核合意について、マティス氏は「約束したことは守る必要がある」と支持。在イスラエル大使館のエルサレム移転問題でも、マティス氏は「イスラエルの首都はテルアビブだ」と明言し、事実上反対した。

 また、国土安全保障長官に指名されたケリー前南方軍司令官は10日、「不法移民阻止のためにメキシコ国境に壁を造る」というトランプ氏の公約について、「物理的な障壁それ自体は役に立たない」と断じた。

 ティラーソン氏は、トランプ氏が否定的な地球温暖化に関しても「気候変動のリスクは存在する」と指摘。温暖化対策の新枠組み「パリ協定」からの脱退を望まない姿勢を示した。

 一連の「閣内不一致」について、米紙ワシントン・ポストは「閣僚が説得し、トランプ氏の選挙戦中の過激な主張を抑える」可能性を指摘する一方で、「(閣僚候補やトランプ氏が)意見の違いについて全く議論していないようだ」とも指摘。これに対しトランプ氏は13日、ツイッターで「彼ら(閣僚候補)にはありのままでいてほしいし、彼ら自身の考えを述べてほしい。私のではなく!」と述べ、意見の違いを正当化した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、これも話には聞いていましたがどうやらやりそうです。それは何か?

トランプ大統領就任式の妨害活動・・・・まだ反トランプ・キャンペーンは健在だったようです。

反トランプ勢力 大統領宣誓式を台無しにするため大衆抗議活動を準備

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/us/201701133236411/

1月20日ワシントンには、米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏の宣誓式を失敗させるために、何千人もの人々が集まる見込みだ。ロイター通信が、抗議集会主催者の言葉を引用して伝えた。

抗議デモを組織しているのは、グループDisruptJ20(1月20日をぶち壊せ!)という名の団体で、首都ワシントンの⒓の保安チェックポイントを封鎖する計画だ。また彼らは、ワシントンのメインストリートの一つを4キロにわたりパレードし、首都の未明の通りをマニ状態にする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反トランプの活動家連中がトランプ大統領就任式典に向けて妨害工作を画策し、本気で動き出しているとの情報あり。さて誰がスポンサーで資金出しているのだろう?

何を考えている?NWOの十八番、双頭戦術か?それとも仲間割れ?ここまで来ると4次元の霊的世界(堕天使連中の暗躍)まで考慮しないとわからない?

アメリカ分断の内戦、アメリカ革命(オバマが三選目指して、これを狙っているなどという噂すらありますからね)なんかになったら・・・日本を含め、世界はただじゃすまないのは明らか。これも以前から言われていたことですが。ロシアにとっては好都合か??

とにかく、今の時期、正直言って、まったく予想がつかない・・・

おまけに明日のパリで行われる中東和平会議、日本との時差を考えると夜でしょうか。
こうなって来ると、ロシア、シリアだけじゃなく、アメリカ、イスラエルまでフォーカスの対象は拡大しますね・・・

最後になりますが、これは喜ばしいニュース。
今中東圏内でイスラム教からキリスト教への改宗、リバイバルが盛んに起こっていると、フランク・ディ・モーラ師のサイト "End Time Research Ministry" にありました。

日本に後の雨が降り、リバイバルが起こるのはいつの日か?連中にたぶらかされて背教へと向かわねばいいのですが。

おそらく終末にはこの双方が起こると聖書からは読み取れると私は解釈してます。

«ポーランド、バルト三国及びシリアから~ロシアからも目を離すな!

最近のトラックバック


gogo.gs
無料ブログはココログ